2017年05月03日

野方「旅の食堂 ととら亭」で世界のギョーザ食べ歩き・パート2

IMG_8254.JPG



野方にある旅の食堂「ととら亭」を訪問して・・

世界のギョーザの食べ歩きの旅のパート2を味わってきました。

さてさて、今夜はどんなギョーザと出会えるのか、

ワクワクしちゃいますね!


IMG_8258.JPG


まずは、店主の久保えーじさん、おススメの白ワイン、

ポルトガルの「バスコ・ダ・ガマ」で乾杯です!

そして、この白ワインに合わせて供されたのが、

本日のギョーザのトップバッター。


IMG_8262.JPG

IMG_8263.JPG


スロバキアの「ブラチスラバ風ピロヒー」です。

これは、卵入りの小麦粉生地でポテトとチーズを包み、
茹で上げたもの。

久保さんのお話によれば・・・

ロシアのペリメニがポーランドに伝わってピエロギとなり、
それがスロバキアに伝播して「ピロヒー」になったのではないか。

という推理でした。

バターソース、ヨーグルト、ベーコンのクルトンが添えらえています。


IMG_8264.JPG

IMG_8265.JPG


さて、つづいては・・・
韓国の「ソウル風マンドゥクク」。

韓国ではギョーザを「マンドゥ」と呼んでいて、
主流は蒸したタイプの「ジンマンドゥ」ですが、

その他に、焼いたり茹でたりするタイプもありますが、
共通点は具に豚肉が入り、キムチや豆腐、モヤシが入っていること。

こちらは、あっさりスープタイプの「マンドゥクク」。

錦糸卵風の卵や、韓国のりがトッピング。

キムチのピリ辛が効いています。


IMG_8271.JPG


ここで、白ワインから赤ワインへ。

ワインの原点に戻って、
ジョージアの「タマダ」。

コーカサス地方の固有種「サペラヴィ」の赤ワインです。

さて、このワインに合わせるのは・・・


IMG_8267.JPG

IMG_8270.JPG


アゼルバイジャンの「バクー風ギューザ」。

なんと、ここではギョーザにいちばん近い発音で、
「ギューザ(GYURZA)」!

どこから、どんな形で伝わったのかは不明ですが、
じつは似ているのは発音のみ。

包み方も、ウイグル地方やチベット、サルデーニャなどで
見られるような「ねずみ包み」とか「木の葉包み」と呼ばれる形です。

もちもちの皮にラム肉を詰めて茹で上げたあと、

バターソースと、スマックという中東でポピュラーな
干し梅風のスパイスが振りかけられています。

このスマックは、味も香りも、
まさに日本の「ゆかり」にそっくり。

日本人の味覚と共通点があるのかも。


日本の「ギョーザ」でも試してみたいと思います!



IMG_8255.JPG

ととら亭洋食 / 野方駅都立家政駅

夜総合点★★★★ 4.0







世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!















http://tabelog.com/btb/1eb9b1eed0cad0b0ddf2ae35e0093439/

http://pingoo.jp/ping/

posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

野方「旅の食堂 ととら亭」で世界のギョーザを食べ歩き

IMG_7728.JPG



ヤキソバの達人・塩崎さんと、餃子の巨匠・塚田さんのお誘いで、

世界のギョーザの食べ歩きの旅に出かけました。

・・・といっても、海外取材ではありません。

野方にある旅の食堂「ととら亭」さんです。

このお店は、これまで50カ国以上もの世界の国々を
旅してきた久保さんご夫婦が営むお店。

先日、ご主人の久保えーじさんが世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)
という本を出版されたのを記念して、

「世界のギョーザ特集」という特別メニューを提供。

その餃子を食べ歩きしようという企画です。


IMG_7738.JPG


この日のメニューは・・・

カザフスタンの「アルマティ風チュチュバラ」。

ドイツの「フランクフルト風マウルタッシェン」。

トルコの「カッパドキア風マントゥ」の三種。

さてさて、いったいどんな餃子が登場するのか、
興味津々です。


IMG_7743.JPG


まずは、ご主人の久保さんおススメの、

アゼルバイジャンの白ワインで乾杯!

わたしは知りませんでしたが・・・、

アゼルバイジャンはワインの有名な産地で、
コーカサス有数の上質なワインで知られているそうです。

ふむ、なかなか美味しい。


IMG_7746.JPG


まずは前菜として、
自家製のスモークサーモン。

白ワインによく合う一品です。

次のお皿への期待が高まります。


IMG_7747.JPG

IMG_7748.JPG


来ました。

カザフスタンの「アルマティ風チュチュバラ」。

チュチュバラはウズベキスタンやキルギス、
タジキスタンなどで食べられている小ぶりなギョーザのこと。

ディルやコリアンダーが香るスッキリとした味わいの
ヨーグルト入りスープに入っています。

餡の中身は合い挽き肉。

確かにスープ餃子のような味わいです。


IMG_7749.JPG

IMG_7751.JPG


つづいては、

ドイツの「フランクフルト風マウルタッシェン」。

久保さんのお話では、
イタリア版ギョーザともいえるラビオリから
マウルタッシェンが生まれたとか。

卵入りの記事で、合い挽き肉、ソーセージ、
ほうれん草などを包んだもの。

茹でてからチーズをのせて、こんがり焼きます。

付け合わせは、紫キャベツを赤ワインで炒めたもの。
ほんのり甘酸っぱい感じがします。


IMG_7753.JPG

IMG_7754.JPG


さて、三種目は、


トルコの「カッパドキア風マントゥ」。

ラムのひき肉を包んだものですが、
日本の水餃子をグーンと小ぶりにしたもの。

ベースになるのは、ミントを散りばめた
ガーリック風味のヨーグルト。

これにパプリカバターのソースを添えて食すのが
トルコ風。

ヨーグルト味がいい感じです。


IMG_7755.JPG


ここで、ワインを白から赤へ。

同じくアゼルバイジャンの赤、「サペラヴィ」。

コーカサス地方の固有種「サペラヴィ」100%で
造られる赤ワイン。

肉じゃがなどの和食にも合うそうです。


IMG_7757.JPG


ここで、ととら亭さんの本日のおすすめ料理、

旅のアンコールメニューから、
ポルトガル・エヴォラの「カルネ・デ・ポルコ・アレンテジャーナ」。

アレンテージョ地方の郷土料理で、
柔らかなポークを赤ピーマンのペーストとワインでマリネ。

それをアサリやポテトとともにソテーし、
コリアンダーの葉とレモンの香りをつけた料理。

赤ワインによく合います。


というわけで・・・


世界のギョーザと未知なる国の料理を満喫。

ご主人との餃子話もはずんで、楽しい一夜となりました。

今後、定期的にギョーザのメニューを変えて、

世界各地のギョーザを食べ歩けるような企画が控えているとか。

さて、次回はどんな世界のギョーザと出会えるか。


いまから楽しみです!



IMG_7734.JPG

ととら亭洋食 / 野方駅都立家政駅

夜総合点★★★★ 4.0






世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!
















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

新橋「美の(よしの)」で如月の絶品コースを美酒とともに

IMG_7399.JPG


美味しい料理と日本酒が楽しめるという情報をいただいて・・・

さっそく、予約の電話。

空いているのが2月の末日というので、

如月のコースの最終日に伺うことになりました。

この日は、予約が満杯で、本店ではなく、
すぐ近くにある、「はなれ」のほうへ。


IMG_7401.JPG


カウンターに案内されて、

まずは日本酒選び。

お料理に合わせようと、

お店の方と相談しながら選んだのが、こちら。


IMG_7402.JPG


「作」のプロトタイプH。

限定品で、無濾過、槽場直汲み、
極微発泡、瓶火入れ。

微かな発泡感と旨みと香り。

スタートから、いい感じです。


IMG_7404.JPG


こちらのお店は、基本がコース仕立て。

黙って座れば、月替わりのコース料理が供されます。

一品目は、にがりを使わない自家製豆腐。

まるでチーズのようなコクと旨みが広がります。

出汁をふくんだ葛餡がハーモニーを奏でます。


IMG_7405.JPG


つづいては、すっぽん雑炊。

胃に優しく溶けこんでいく味わいです。

すっぽんのエキスがじんわり。


IMG_7409.JPG

IMG_7410.JPG

IMG_7411.JPG


そして、お造りの三種盛り。

皮目を軽く炙ったシマアジ。

ひらめ。

水だこ。

とくに驚いたのは、透き通るようなシマアジの美しさと、
皮目だけをさっと炙るという仕事。

シマアジが輝いて見えました。


IMG_7412.JPG


こちらは、ハマチの塩焼き

美しく焼きあがった焼き目もいい感じ。

軽くレモンを絞っていただきます。

舌にのせると、ほろりと身が溶けていきます。

この辺で、お酒をチェンジ。

次に選んだのは、こちら。


IMG_7415.JPG


播州山田錦の純米吟醸「寫楽」。

こちらも、華やかな香りが広がります。

そして、つづいて供されたのは・・・


IMG_7417.JPG


さといものポタージュ。

とろりとした食感と口中をリセットする味わい。

コースの流れとしては、絶妙な一品です。


IMG_7418.JPG


こちらは、揚げたてのコロッケ。

中味はなにかというと・・・

蕗の薹とじゃが芋。

春を味わう一皿で、うっすらとピンクの塩でいただきます。

ここで、さらにお酒を追加。

選んだのは、こちら。


IMG_7419.JPG


佐賀の純米吟醸「鍋島」の隠し酒。

裏ラベルの「鍋島」です。

うーむ、こんなお酒をそろえているところが、

このお店の奥深さですね。


IMG_7422.JPG


つづいては、筍の寄せ揚げ。

旬を先取りした一品で、

出汁とともに味わうと、

ふんわりと季節が香ります。


IMG_7425.JPG


そして、コースの締めが、こちら。

シラスの炊き込み土鍋ご飯。

しかもそれぞれ人数分ずつ、
土鍋で炊き上げてくれるという心配り。

うーむ、ただモノではない。


IMG_7427.JPG


とろろ昆布の入ったみそ汁に、
取り分けていただいたシラスご飯。

ご飯の炊きあがり具合も完璧。

お腹はしっかり満腹ですが・・・

やはり、気になるのはデザート。

これはコースには含まれないオプションですが、

行っちゃいました!


IMG_7433.JPG


自家製のチーズケーキと、自家製の黒胡麻アイス。

この日は二人での訪問でしたので、

お互いシェアしながら、しっかりデザートタイム。

日本酒と美味しい料理、甘味も絶品。

かけがえのない時間とともに
如月のコースを味わうことができました。

御馳走さま。


さ、また弥生のコースを予約しなくっちゃ!



IMG_7400.JPG

美の懐石・会席料理 / 汐留駅新橋駅御成門駅

夜総合点★★★★ 4.5




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!
















ラベル:新橋 美の
posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「藤井屋 船堀店」で食べ歩きの締めくくりをマッコリと餃子に溺れて


IMG_7240.JPG



さて、「岩珠旨」でふくのコースを満喫して・・・

我らOGT(オヤジぐるめ隊)が向かった先は、
東京の夜景が一望できるという船堀タワーの展望台。

思いがけない美しさに感動しつつ、
ふくの美味しさを語り合い、

さて、次なる企画の打ち合わせに・・・
と入ったのが、「ミスタードーナツ」。

ここで、コーヒーでも飲みながら、
と軽く考えていたにもかかわらず、

レジから帰ってきた自分の手元には、
アイスコーヒーに加えて、

エンゼルクリームとオールドファッション・シナモンという
2個のドーナツ!

ま、いいか。
デザートの追加コースということで。

で・・・無事に打ち合わせを終了し、
お店を出て、改札へと向かう途中で見つけてしまったのが、

なんと、餃子のお店「藤井屋 船堀店」。


IMG_7239.JPG


むむっ。

餃子愛好家としては、黙って見過ごせません!

ちょっとだけ覗いてみようか・・・
とメンバーを引き連れて、お店に。

で・・・気がついたら、店内に座っていたのです!


IMG_7243.JPG


で・・・次に気がついたら、

マッコリがグラスに注がれていました。

これはもう、行くっきゃないでしょ!

というわけで、注文したのは、


IMG_7248.JPG


人気ナンバーワンだという「元祖餃子」。


IMG_7251.JPG

IMG_7252.JPG


カリッと色めよく焼かれています。

餡は野菜多めのジューシータイプ。


IMG_7250.JPG


餃子専用のタレは、八角や数種の香辛料がブレッドされて

これが、さらに食欲を刺激してくれます。

「元祖餃子」につづいてやってきたのが、

こちら。


IMG_7249.JPG


「バリバリ餃子」です。


IMG_7253.JPG

IMG_7254.JPG


細身に包まれた棒餃子で、

皮のパリパリ感、カリカリ感が絶妙です。

行けるじゃありませんか!

そして、もう一種。


IMG_7247.JPG


「エビニラ餃子」です。


IMG_7255.JPG

IMG_7256.JPG


ニラとエビの風味が広がります。

これに、特製の餃子のタレがからむと、

さらに味わいが高角度で急上昇しますね。

さらに、つづいてやってきたのが・・・


IMG_7245.JPG


「チーズ餃子」です。

羽根を広げて滑空するムササビのような姿!


IMG_7257.JPG

IMG_7267.JPG


この羽根の部分がカリリと焼かれたチーズで、

もちろん餡の中にもチーズが隠れんぼしています。

ふむ、美味しい!

わたし的にはこのチーズ餃子がいちばん気に入りました。

チーズの風味を味わうために、タレなしでも大丈夫。

というわけで・・・

ふくを食べて、ドーナツとコーヒーで締めるつもりが、

いつの間にか餃子屋さんに迷い込んでいたという、
意外や意外の展開に!

食いしん坊が集まった我がOGT(オヤジぐるめ隊)は、


永遠に不滅です!



IMG_7241.JPG

藤井屋 船堀店ラーメン / 船堀駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!
















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

船堀「岩珠旨」でトラフグのフルコースをたらふく


IMG_7201.JPG


恒例となったOGT(オヤジぐるめ隊)の定例会で・・・

季節ものを堪能しようということで、
やってきたのは江戸川区船堀にあるフグの名店。

完全予約制の「岩珠旨(いわずし)」さんです。

このお店の名前通り、以前はお鮨屋さんだったのですが、
現在はフグとすっぽんと薬膳メニューのお店。

外観は一見、フランス料理店かと思わせる佇まいですが・・・


IMG_7202-a7899.JPG


店頭の看板を見て、
目指すお店と確認してから、

いざ入店。

本日は、ふぐのフルコースを予約してあります。

ちなみに、下関では「ふぐ」とは言わずに、
「ふく」と呼ぶようなので、

福を招くようにと縁起をかついで、
以下「ふく」と書くことにしましょう。


IMG_7206-29b82.JPG


二階へ案内されましたが・・・

ここでもフレンチのお店かな、という雰囲気。

予約席は私たち4人のみの貸し切り状態だったので
ゆったりと落ち着くことができました。

さて、なにはともあれ飲み物をオーダー。


IMG_7212.JPG


ふくなら、やっぱり「ひれ酒」でしょう!

ということで・・・

マッチの火で適度にアルコール分を飛ばしてから、

乾杯!


IMG_7213.JPG


お通しは、牡蠣のコンフィ。

牡蠣の旨みが舌の上で広がると同時に、
ピンクペッパーが、いいアクセントになっています。

胃袋はすでに準備万端です。


IMG_7214.JPG


来ました!

まずは、ふく刺し。

薄造りされた刺身のこりっとした食感と、
湯引きされた皮の食感がいい感じに食欲をそそります。

紅葉おろしもピリリと聞いています。


IMG_7215-17ec9.JPG


つづいて、ふくの皮せんべい。

こちらも、パリッ、カリッという食感がいいですね。


IMG_7216.JPG


こちらは、ふくの唐揚げ。

骨についた身がほろりと崩れ、

旨みだけを残して消えていきます。

刺身のさっぱり感と、唐揚げのしっとり感。

どちらも、ふくの美味しさを際立たせています。


IMG_7218.JPG


そして、ついにやってきました、ふくちり鍋のお時間。

骨回りでしっかり出汁をとり、

さらにぶつ切りや皮、くちばし、うぐいすなど。

ちなみに、くちばしの部分を「うぐいす」とも呼びますが、
しりびれ基部の血合い筋を「うぐいす」と呼ぶのが正しいそうです。

もちろん、白菜、椎茸、春菊など、野菜もたっぷり。

ふくはしゃぶしゃぶ程度でいただきます。

うーん、まさに至福の時。

そして、極め付きは、こちら。


IMG_7223.JPG


ふく雑炊!

ある意味では、この雑炊を食べるために
ちり鍋があったと思わせるくらい。

「口福」の極みは、ふく雑炊といっても
けっして過言ではありません。

熱々を、お代わりしちゃいました。


IMG_7225.JPG


そして、デザートは・・・

冷製白きくらげのトマト煮。

鍋と雑炊で火照った舌と体を、
まあまあ・・・と静めてくれる美味しさです。

これでお腹も満杯、気持ちも満たされて、
一同、ふくの美味しさにナットク!

女将さんに見送られてお店を後にしました。


と・・・ここで終わらないのが、
我がOGTのメンメン。

なんと、意外な展開がこのあとに待っていたのです!



IMG_7205-a5203.JPG

岩珠旨ふぐ / 船堀駅

夜総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

渋谷「ハノイのホイさん」で牛肉のフォーのセットランチ

        IMG_7185.JPG


またまた渋谷にお出かけ。

ということで、昨日は以前から気になっていた、
ヴェトナム料理のお店「ハノイのホイさん」へ。

桜丘の坂の途中にあるお店です。

ランチメニューは、こちら。


IMG_7186.JPG


しばし迷って、
王道の牛肉のフォーのセットランチを選びました。

毎週木曜日は、トッピング一品が無料ということで、
わたしはパクチーを追加してもらいました。

13時過ぎでしたが、
店内は満席に近く、人気の店なのでしょう。

ふむ、期待出来そうです。


IMG_7188.JPG


あまり待たずに、
牛肉のフォーのセットランチ登場。

サイドメニューに、
エビの生春巻き。

プチデザートとして、蓮茶ゼリーが添えられています。


IMG_7193.JPG

IMG_7192.JPG


まずは、スープを一口。

牛骨からとった出汁が効いています。

化学調味料不使用とのことなので、
あと味もすっきり。

牛肉も、噛みしめると、
味わいが広がります。

トッピング追加のパクチーがいい感じです!


IMG_7190.JPG

IMG_7194.JPG


サイドメニューの生春巻きは、
お店の自家製調味料「ヌクチャム」で。

この調味料も、辛味が効いて、
食欲をそそりますね。

以前、わたしが訪れたのは、ハノイではなく、
南のホーチミン市でしたが……

ヴェトナムの想い出が蘇ってくるような、

そんなランチタイムでした!

(^.^)


IMG_7191.JPG

ハノイのホイさんベトナム料理 / 渋谷駅神泉駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする