2017年08月17日

山梨県甲斐市「小作 双葉バイパス店」で山梨の郷土料理ほうとう三昧


IMG_9728.JPG



「オヤジぐるめ隊」、今回の山梨日帰りツアーのラストは・・・

七賢蔵元直営のカフェ「中屋珈琲店」」のあと、

サントリー白州蒸溜所でウィスキーの試飲、

シャトレーゼ 白州工場の見学とアイスの食べ放題など、

寄り道を楽しんだあと・・・

やっぱり、締めはこちらでしょう!

ということで、
郷土料理ほうとのお店「小作 双葉バイパス店」へ。


IMG_9732.JPG


こちらのお店のメインは「ほうとう」ですが、

ふとメニューをみると、
「冷やしほうとう」なるものを発見。

いつもは隊員それぞれのメニューを注文し、
少しずつシェアして味わわせてもらうので、

わたしは、これをお願いすることにしました。


IMG_9745.JPG


こちら、定番の「かぼちゃほうとう」1150円。

具は大きめカットのかぼちゃ、サトイモ、じゃがいも、にんじん、
ねぎ、さやえんどう、わらびetc。

さらに、ごぼうの千切りがトッピング。

驚いたのが、かぼちゃの大きさ。

ビッグサイズにカットされたものが、
2個ほど、ごろりと存在感を主張しています。

かなりのボリューム。

味噌とカボチャの甘味が特徴的で、

麺は独特の太さとコシがありますね。


IMG_9743.JPG


こちらが、「豚肉ほうとう」\1400。

大盛りトッピングの下に、
豚肉や大き目カットの野菜が潜んでいます。

同じく、かなりのボリューム。

ううむ、これでホントに一人前?


IMG_9744.JPG


こちらは、「豚肉辛口ほうとう」\1600。

基本は「豚肉ほうとう」ですが、
キムチ系の辛みスープになっています。

こちらも同じく、かぼちゃなどの野菜がごっそり。

熱々のお鍋で、
さらに身体も胃袋もヒートアップします。


IMG_9739.JPG


わたしが選んだのが、こちら。
冷やしほうとう「天ぷらおざら」1300円。

「おざら」というのは、
別名「おだら」とも呼ばれ、ほうとうと同じく郷土料理の一つ。

ほうとうと冷や麦の間ぐらいの太さの冷やした麺を、

温かいつゆにつけて食べるというスタイルです。


IMG_9740.JPG

IMG_9742.JPG

IMG_9741.JPG


麺は、ほうとうより細めで、かつ薄め。

つけ麺のように、つるりと食べられます。

かつて、お米が貴重だった時代に、

夏の暑い時のごちそうとして作られたそうです。

ふう、お腹は満杯。
すでにレッドゾーンに突入しています。


というわけで・・・

今回の山梨ツアーはフィナーレに。


幹事の美味B級さん、


企画&ドライバー役、ほうとう?に、ありがとうございました!


IMG_9730.JPG


小作 双葉バイパス店ほうとう / 塩崎駅竜王駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

甲斐大泉「仙人小屋」で熊鹿猪&夢わらびのマタギ料理を満喫!!

IMG_9627.JPG



少し前のことですが・・・
定例の「オヤジぐるめ隊」は、山梨に出撃。


かなり早起きして、
今回の幹事役・美味B級さんの車に同乗し、

熊鹿猪の肉、川魚、山菜、きのこ、マアギ料理の店、
甲斐大泉の「仙人小屋」を目指します。

走りに走って、
予約ノート の出る午前8時30分の
なんと7分前に到着。

いの1番に予約ノートに記名成功しました。


IMG_9633.JPG


森の熊さんがお出迎えです。

ただし、開店は11時。

それまで、近くにある森の湧き水と
泉温泉の朝風呂でゆったり。

胃袋の準備万端でお店に戻ります。

午前11時、お店の人に1番にコールされて、店内へ。

こちらでは、入店後、目の前にあるメニュー表を見て、
オーダーをしてから席に着くというシステム。


IMG_9645.JPG


ぐるめ隊員4人のオーダーは、

熊&鹿 焼肉定食、4500円!

新子(川魚)天プラ定食1800円。

夢わらび定食3000円

山菜天プラ定食2000円

猪の顔面 燻製800円

ハチの子のアボカド和え800円
以上、厳選した6品。


さてさて、いったいどんな料理が出てくるか?


IMG_9652.JPG


まずは、熊&鹿 焼肉定食の登場。

真中の熊肉は赤身と脂身が、
紅白にはっきりと分かれているもの。

鹿の方は肉に微妙にサシが入っている感じ。

とりあえず、焼いてみましょう!


IMG_9658.JPG


うむ、熊は歯ごたえがあるというか、
噛みちぎるのに苦労するほど。

野生の味というか、ワイルドな味ですね。

反対に鹿肉のほうは、クセもなく柔らかく、
食べやすい。

熊肉に関しては、猟を仕立ての新鮮なものは
柔らかく美味しいという人もいるので、

肉の保存と処理の違いで、差が出てくるのかも。

一度は体験してみたいというチャレンジャーには
おススメです!


IMG_9660.JPG


つづいては、新子の天ぷら定食。

本日は虹鱒の稚魚。

がぶりと頭から食べられるほど。

川魚特有の苦みと香りがあるけれど、

それが美味しい。


IMG_9656.JPG


そして、こちらは、
山菜の天プラ定食。

山盛りの山菜の種類はというと・・・

うど、いら草、くず、はんごん草、にわとこ、わらび、
たらのめ、よもぎ、あざみ、かんぞう花、ぜんまいetc。

お店の人が山菜のメモを渡してくれましたが、

実際のところ、衣がついているので、
どれがどれなのか、見分けがつきません!

かろうじて分かったのが、
たらのめ、ぜんまい、わらび、といったところ。

あとは、しっかり味わって違いを見つけようとしましたが・・

残念!

リポーター失格です!


IMG_9664.JPG


さて、つづいて登場したのが、
剣山に活けられた「夢わらび定食」!

わらびが、花のように踊っています。

じつは、このわらび、
生で食べられるとのこと。

これを、わさび、味噌、酢味噌、梅肉、マヨネーズ、など、
数種のディップをつけていただきます。


IMG_9665.JPG


カリポリッという独特の歯ごたえと、とろみ感、
ほんのわずかな苦み。

小鉢は、わらびのお浸し、煮物、胡麻和え、酢味噌和えなど、
わらび尽くしの数々。

鮮烈な山菜の存在感。

いずれも絶品でした。


IMG_9657.JPG


さて、定食以外のアラカルトから選んだのは、

猪の顔面 の燻製。

顔面・・・というネーミングが強烈ですが、
ベーコンに似た感じで、それほど違和感はありません。

ビールや酒の肴にもってこいですね。


IMG_9661.JPG


お次は、ハチの子のアボカド和え。

わたしは信州生まれなので、蜂の子はむしろ日常食。

こちらも違和感はないのですが、
アボカドであえてあるせいか、蜂の子の存在感が薄い!

初めての人には食べやすいかもしれないけれど、
蜂の子好きにとっては、ちょっと不満。

これも、つくだ煮風のものを日本酒の肴にすると
絶品なんです!


IMG_9666.JPG


ところで・・・

定食についてくるのが、
いろいろな種類の茸たっぷりの、きのこ汁。

これが、かなりの美味!

茸の風味が、お椀一杯にあふれる逸品。

おそらく秋のシーズンには、
さらにグレードアップしたきのこ汁が味わえるはずです。


甲斐大泉の山奥にひっそりとある「仙人小屋」。

でも、関東近県から訪れるお客さんで、
いつも満員。

超早起きして、一番で駆けつけた甲斐がありました!



IMG_9630.JPG


仙人小屋自然食 / 甲斐大泉駅甲斐小泉駅

昼総合点★★★★ 4.5




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

信州限定・野沢菜味じゃがりこ&プリッツ

信州みそプリン.jpg


昨日(12日)、朝7時28分東京発
長野新幹線「あさま505号」に乗って
久しぶりに長野に帰省。

伯父と伯母の一周忌に出席し、
北アルプスを望む場所で眠る
両親のお墓に手を合わせてきた。

法事が一段落して会食になり、
親戚同士でおしゃべりをしたり、
情報交換があったり、
親戚なのに初めて会う人もいたり……
( ま、こういう機会がなければ会えないし、
 他所で会っても親戚だとはわからないよね )

とんぼがえりで東京に戻ろうとして
駅で見つけたのが、
上の写真「信州みそプリン」。

ふと見ると、
近くには、野沢菜味の「じゃがりこ」
野沢菜の「プリッツ」も並んでいる。


野沢菜味じゃがりこ.jpg


いずれも、信州限定の商品。
どんな味なのか気になったけど、
なぜか周りに「危険な雰囲気」が……。

この日はジャニーズ系のグループ
コンサートかイベントがあったらしく
駅構内はその手のおっかけギャルで超満員。

このあと最終まで指定席は売り切れだというし
自由席で座って帰京するためには、
発車時刻前にホームで並ぶしかない!

むむ、時間が……!

後ろ髪を引かれる思いで
店先を離れることに……。

あれって、どんな味だったんだろ?


野沢菜プリッツ.jpg


ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

島根名物「がいな丼」の食べ方とは?

がいな飯.jpg


「主水(もんど)」に行った。

といっても、「ムコどの!」でおなじみの
必殺仕事人の中村主水(もんど)じゃない。

四谷にある島根料理のお店「主水」である。

ランチタイムに間に合ったので
ちょんぼしシリーズの定食をオーダー。

ちょんぼし、というのは、島根の方言
ちょっとだけよー
という意味らしい。

つまり、人気メニューの中から
ちょっとずつ選んで
好きな組み合わせができるというわけ。

そこで、あれこれ迷ったあげく
魚に飢えているジェイジェイとしては
「ちょんぼし、がいな丼」から「穴子がいな丼」を
「ちょんぼし、一品料理」から「さばの塩焼」をチョイス。

ちなみに、「がいな」とは、
これまた山陰・島根の方言で
「大きい」「たくさん」
という意味らしい。

じつは、この「がいな丼」には
美味しい食べ方というのがあるそうで……

@まずは一膳目。
タレのあるものはタレを入れ、
桶の中の具と御飯をよく混ぜ合わせ、
茶碗に入れて、召し上がれ。

A二膳目。
薬味があるものは薬味を入れ、
さらに混ぜ合わせて香りを楽しみながら
もう一杯。

B三膳目。
茶碗に盛ったご飯の上から
熱々の特製出汁をかけて
お茶漬け風にして、どうぞ。

これって、名古屋名物の「ひつまぶし」の
食べ方とおんなじだね。

このほか、メニューをちらちら見ていたら
夜のメニューの中には
隠岐の島直送 岩がき
ひおうぎ貝、白いか

なんてのが注文できるらしい。

ほかにも、水揚げされたばかりの
島根の鯖が直送され、
特製の醤油出汁でしゃぶしゃぶにする

「さばしゃぶ」
というのもあるらしい。

むむっ、これは……

もういちど来るっきゃない!


(カウンターに置かれた醤油三種)
醤油三種.jpg

人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

なぜか気になる地方限定のスナック&ラーメン

じゃがりこ・1.jpg


なぜか口さみしいとき
ついつい手が出てしまうのが
スナック菓子、おせんべ、クッキー
といった種類の誘惑の魔手

で、いちど手が出てしまうと
次から次へと手が伸びて
なかなか止まらない、やめられない

それも、この時間に食べると
体に悪いし、太るよな……
というときに限って食べたくなる。
まさに「悪魔の誘い」。

昨夜も、出張土産でいただいたという
「じゃがりこ・ねぎ焼き味」
というスナック菓子
娘が持って帰ってきた。

見ると、商品名の右肩に
「関西限定」
とプリントしてある。

限定ってのに弱いんだよな。
しばらくパッケージと睨めっこしてたけど
「ええい、今夜は特別」と勝手な理屈をつけて、パッケージ、オープン!

ふむ、なるほど。
まさに、ねぎ焼き味のじゃがりこ。

限定といえば、
ポッキーにも、信州限定のリンゴ味があったような?
ラーメンにも地方限定の商品があったと思う。

それぞれ地方独自の郷土色を活かした
商品開発をしているんだろうけど、
東京限定ってのは、見かけないね。

でも、東京限定を珍しがるのは
東京以外の人なんだろうな、やっぱり。


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

初めての味「きりんさい」って何?

きりんさい.jpg


「きりんさい」だそうだ。
麒麟」と「」ではない。
きり」と「んさい」でもない。

麹町にある宮崎郷土料理の店「椎葉」で見つけた。
上記写真もじっと見つめても、わからない。
ひとくち食べる。

ん?

寒天やグミ、わらび餅のような食感。
味があるような、ないような……?

じつは、「きりんさい」は、テングサの一種の
ムカデノリ」という海藻を煮詰めて固め、
それを味噌漬けにしたものとか。
宮崎の郷土料理だそうだ。

で、次に気になったのが「ガネ」
ガネって、知らないがね
(っていってる場合じゃない!)


ガネ.jpg


ガネ」というのは、
宮崎・都城地方の代表的な郷土料理

ようするに、サツマイモや玉ねぎ、
ごぼう、にんじんなどが入った「かき揚げ」のこと。
サツマイモをつかうところが、「ガネ」なんだがね
(しつこい!)

なぜ「ガネ」かというと・・・
かに」に形が似ていることから、
かに」がなまって「がね」になったとか。

蟹のような甲羅の感じや、
のギザギザ感を活かして揚がれば大成功というわけ。

うーん。
宮崎料理って、知らないものがいっぱい。

郷土料理は奥が深い、とあらためて実感。
美味探究の旅への情熱

いやが上にも高まった一夜でした。


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村













posted by ジェイジェイ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

出島の味くらべ「わからん料理」って何?

出島.jpg


わからん料理のランチをいただいた。
何が「わからん」って?

じつはこれ、長崎の卓袱料理の別名でもある。
御存じのように、長崎は出島をつうじて中国や阿蘭陀などから
さまざまな文化が入ってきた。

和食、中華、阿蘭陀の料理が入り交じっていることから、
和華蘭(わからん)料理とも呼ばれている。

出かけたのは東京・四谷の駅近くにある「出島厨房」。
店名のとおり、長崎料理をメインにしたレストラン。

卓袱料理をメインに、6種類のおかずを1プレートにした
出島セットのランチをお願いした。

言いわけをするわけじゃないけど、
仕事の打ち合わせを兼ねたパワーランチ
美味しいものを食べながら、仕事もいいペースで。


和華蘭(わからん)料理の意味も

しっかり、わかりました!


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

「明石焼き」と「お好み焼き」の壮絶バトル!

画像-0376.jpg


明日はイタリアンがいいな」と思ってたのに、
なぜか、たこ焼き

じつは、これ、たこ焼きじゃなくて、
明石焼き

関西系の人はすぐに分かってもらえると思うけど
たこ焼きはソースで、明石焼きは出汁で食べる。
(神戸の人は、明石焼きを、卵焼きともいう)

両方とも明石の名物「タコ」は入ってるんだけど、
明石焼きのほうは、卵と小麦粉と出汁を合わせて焼く
シンプルさが売り物。

ジェイジェイの家族は、神戸・三宮駅近くの
たちばな」の明石焼きのファン。

この店の味の記憶をもとに、ホットプレートの
専用たこ焼き器で焼いてみた。
(なぜか明石焼き器、とはいわない)

家族がそれぞれ、
「出汁のみりんが多すぎる!」
「焼きすぎて硬焼き卵になっちゃった!」
「熱い!」「美味い!」「タコがない!」
などなど、勝手なことを言いながら完食

つづいて、粉もん文化の真打ち登場!
秘伝のお好み焼きになった。

我が家のお好み焼きは、関西生まれの女房の味
キャベツ多め、小麦粉少なめ、つなぎは山芋。
これに、海老と豚肉が定番。

またまた家族が、それぞれ勝手に感想を言いあい、
ハフ、ハフしながら、
こちらも完食
うーん、粉もんはダイエットには大敵なんだけど……。

それにしても、家族だんらんはいいけど、

イタリアンが、どうして明石焼きお好み焼きになっちゃったの?


画像-0379.jpg

ブログ順位はどうなってる?
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

人気Webランキングは?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする