2009年09月09日

新宿クリスピー・クリーム・ドーナツは行列ができるドーナツ屋さん

クリスピードーナツ.jpg


先日盗まれてしまった私の自転車が、
見つかったという連絡がきました。

それも、新宿で盗まれたのが
練馬駅近くに乗り捨てられ放置されているのが
発見されたそうで、
盗んだ本人も大変だったんじゃないかと思う。


……というわけで、個人的にひっそりと
祝杯!ならぬ、祝甘味!ということに。


出かけて行ったのは、
行列ができるドーナツ屋さんと評判の
新宿・クリスピー・クリーム・ドーナツ


並ぶことを覚悟して行ったら
ちょうど行列が途絶えるタイミングだったらしく
スムースに入店。
(やった!)


まずはコーヒーからということで、選んだのは
クリスピー・クリームコーヒー・リッチ

アフリカ産と中南米産の豆を中心にブレンド。
深めのフルシティロースト焙煎のドリップコーヒー。


ドーナツは、迷ったすえ、
シナモンアップルをチョイス。

これは、イーストドーナツ
アップルのフィリングを詰めて、
シナモンシュガーでコーティングしたもの。


シナモンアップル.jpg


もう一個ぐらい頼んでもいいかな?
いいとも! と自問自答していたら……

店員さんが、にこやかに、
「これ、お試しにおつけします」
と、オリジナル・グレーズドをサービスしてくれた。
(ラッキー!)

このオリジナル・グレーズドは、
1937年から続く、お店秘伝のレシピ

イースト ドーナツを、
真っ白いグレーズ(シュガー)でコーティングしたもの。
クリスピー・クリーム・ドーナツの原点といえる。


オリジナル・グレーズド.jpg


シナモン アップルは、お店のキャッチコピーによれば
ママの作ったアップルパイの味を思いだす……
という感じ。
(うちはママじゃなくて、母ちゃんだったけど)

オリジナル・グレーズドは、
ドーナツって、こんなふわふわで柔らかいの?
という新鮮な驚き


そんなわけで、思いがけず一個分得した気分で
午後のコーヒーブレイク
幸せな気分で過ごしたのでした。


日記にも書いておかなくっちゃ!


トレイ.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ティータイムは「チャプチーノ」のカップケーキ

チャプチーノ.jpg


仕事が一段落したお茶の時間には、
やっぱり甘いもんがほしくなる。
(一段落しなくても、ほしくなるけど)

で、娘が渋谷でのデート帰りに
チャプチーノのカップケーキを
お土産に持って帰ってくれた。

このチャプチーノは、
大ブレークしたカップケーキ・ブーム
火付け役としても知られていて、
フランチャイズ店も増えている。

お店の情報によれば……、
チャプチーノの社長さんが
16歳のころにアメリカで食べた
家庭のパンケーキやカップケーキ
感激したことから始まっているとか。

それが、07年にある雑誌の特集で
「チャプチーノ」のカップケーキが
大々的にとりあげられたのがきっかけで
若い女性を中心に人気商品に。

カップケーキは10種類以上あって
娘が選んだのは、
カマンベール、塩バターキャラメル、
竹本油脂ごま油、チョコミントの4種。

ジェイジェイには特別許可が下りて
「好きなのを2つ許してつかわす」
ということなので、ははーっと畏まって

しばし熟慮した結果、
チョコミントとカマンベール
選んじゃいました。


チョコミント.jpg


チョコミント
ふんわり、とろり、さわやか。

カマンベール
ふんわり、とろり、しっとり。

そんなわけで、2倍もリッチ
ティータイムになりましたとさ。

めでたし、めでたし!


cupcakes.jpg
(HPより)



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ペコちゃんのパフケーキ&モンテールの塩バニラ

塩バニラ.jpg


衆議院選挙のお願いコールが鳴りつづく中、
気分転換もかねて、少しは自分を甘やかしてやろうと
(って、いつものことじゃん!)
コンビニスイーツを買いこんできた。

ひとつは、「塩バニラ」というネーミングにひかれて、
もうひとつは、やっぱりペコちゃんだよね!

このふたつのスイーツ合戦を、
というのが狙いなんだけど……

塩バニラのほうは、生どら
ドイツアルプスの岩塩使用
とある。


生どら.jpg


うん、たしかにしょっぱい
これって、お汁粉に塩を少々……
という感じに似てる。

で、もうひとつがミルキーのパフケーキ
自分はパフケーキ派なのか生どら派なのか、
食べてみた感じでもよくわからないんだけど、
ま、パフケーキです。


ミルキー.jpg


不二家のキャラクターは、
おなじみペコちゃん
したがって、中はミルキー風の練乳クリーム

ふたつとも、ふんわり柔らかくて
とろりと包みこんでくれて、
ほっと癒されるような味わい。


パフケーキ.jpg


ふむふむ、美味しいじゃん!

でも、ここで問題発生


こうしたスイーツに飢えているのは
心理分析的にいうと、
癒されたいという深層心理があるから?


うーん、私はそれほどまでに
過酷な日々を送っているのか?

それとも、たんなる食いしん坊の
スイーツ好きにすぎないのか?



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

テレビでも紹介された八天堂のとろけるくりーむパン

くりーむパン.jpg


とろける……
という言葉に弱いようだ。

もしかしたら、最近のスイーツ
人を引き寄せるキーワードのひとつかも。

で、八天堂の「とろけるくりーむパン」である。
パンフによれば、広島みはら港町が本店で
創業が昭和8年だという。

この、とろけるくりーむパンは、
テレビの「はなまるマーケット」
おめざのコーナーで放送されたようだ。


カスタード.jpg


野次馬根性なら天下一品、
ミーハー精神てんこもりの
ジェイジェイとしては
素通りするわけにはいかない。


ふかふかの生地に口どけのいい
スイーツ感覚のカスタードくりーむパン

同じくふかふかの生地
たっぷりの抹茶くりーむ入り。

北海道産生クリームをベースに
十勝産小豆で炊いた小倉

北海道産生クリームをベースに
カスタードを混ぜた贅沢な生クリームカスタード
この4種類をゲット!


パンの中身.jpg


なるほど!

テイクアウトして時間が経ったせいか
ふかふか度はちょっと減点ぎみだけど
とろける度はバッチリ。


お店のキャッチコピーは
スイーツのような、
とろけるくりーむパン!


この「とろける」って言葉が、

なぜだか気になっちゃうよね!


看板.jpg



人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

ちょっと一休みwithドイツ土産のチョコ

ドイツ土産.jpg


疲れたときは、甘いものがほしくなる

とはいうものの、
疲れたときだけじゃなくて
食事のあとにはデザートが欲しくなってしまう。

というわけで、
娘がドイツ出張に出かけたときの
お土産が上の写真

なんだ猫のぬいぐるみじゃない?
というのは、ちょっと待って。

じつは、これは単なる蓋飾り
パッケージの中は、
トリュフチョコ風になった
シャンパンチョコ

口に入れるとほろりと溶けて
シャンパンの香りが広がる。

猫大好き一家としては
甘いものと猫の一挙両得、一石二鳥。

ちょっと一休みという雰囲気に浸り、

ニャンともいえないひとときを過ごしたのでした。
(冷夏だというのに、これ以上寒くしてどうする!)


シャンパンチョコ.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

凹カステラが評判の麻布十番ハレノヒ

凹カステラ.jpg


けっして失敗作ではない。
テイクアウト途中でつぶれたわけでもない。

ぐしゃりと凹んだカタチが、いま評判の
麻布十番ハレノヒの「凹カステラ」である。

この凹カステラは、16世紀末の室町時代、
ポルトガルの宣教師によって種子島に伝えられた
パンデローをヒントにしているとか。

当時、卵と砂糖はポルトガルでも貴重品で、
パンデローは上層階級しか口にすることの出来ないもの。

現在でもその名残として、「ハレノヒ」に食べる
縁起のいいお菓子なんだそうだ。


凹カステラ・1.jpg


ナイフを入れると、切り口から
卵のクリームがとろりと流れ出る。
ひとくち食べると、卵の香りが広がるのだ。

そのねっとり感としっとり感は
これまでに体験したことのない味だ。

ふむふむ。
美味しい!
未体験ゾーンに突入。

凹だけど、凸(突出)した味が超おススメ!


カステラ・2.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

浅虫名産の「久慈良餅」を、あおもり北彩館にて

青森館.jpg


なぜか気になっていたものを
ついに発見!

仕事でJR飯田橋駅近くを歩いていたら
青森県の物産と観光の店
という看板が目に飛びこんできた。

急いで店内に入ってみると、
ありました、ありました!
青森県・浅虫名産の「久慈良餅」が。


くじら餅.jpg


人気商品、という表示がある。
流行りものに弱いジェイジェイとしては
ふむふむ…と、ほくそ笑みながら
財布のヒモを緩めずにはいられない。

で、何かほかに美味しそうなものはないかと
ただの食いしん坊になって店内の商品を物色しつつ
徘徊すること十数分。

これまた人気商品と書かれてあった
鰊の切込み」をはじめとして、
豚足の醤油煮込み
本鴨のハンバーグ
をゲット!


鰊.jpg

090729_171212.jpg

鴨ハンバーグ.jpg


このお店は青森県物産協会が運営する
アンテナショップのひとつで、
あおもり北彩館」東京店。

店内には青森の特産品
ところ狭しと陳列されている。
お店の方のお話によると、
隔週で青森から業者の方が訪れて、
旬の特産品を店頭販売しているそうだ。

むむ、要チェック!

さて、「久慈良餅」をゲットしたからには
何をおいても、おかなくても、
味見をしてみなくっちゃ。

というわけで、
商品説明に書いてあるとおり
「夏場には三十分位冷やしてから召し上がって」
という指示を忠犬ハチ公のように従順に守り、
「召し上がっ」ちゃいました!

うん。
これって、名古屋名物の「ういろう」と
胡桃餅を足したような感じ。
お餅の中に胡桃が入っている。

お茶請けには、絶品。
ういろう好きのジェイジェイとしては

新たに美味いもんリストが増えたのでした!


くじら餅・1.jpg



人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

日本でここだけ、不二家・飯田橋店のペコちゃん焼き

ペコちゃん焼き.jpg


またまた行列のできるお店
JR飯田橋駅近くにある不二家・飯田橋店

おなじみ、あのペコちゃん
人形焼きふうに変身しているのだ。

しかも、不二家のお店は数多けれど
このペコちゃん焼きが売られているのは
日本でここだけ。

だから行列ができてしまうのだが
ペコちゃんフアンとしては
やはり素通りはできない。

ペコ行列.jpg


中に入っているのは
小倉、カスタード、チョコ、チーズ
といった定番の4種類にくわえて、

3か月ごとの季節替わりの限定が、
ずんだあん
(すり潰した枝豆の食感と風味の生きた餡)

7月の月替りメニューが、
黒ごまあん

常時、この6種類を焼き立てで
買うことができる。

じつは、2006年にはポコちゃんも登場。
ペコちゃんに寄り添ってそっと入っているんだけど、
でも会えるかどうかは、運次第。
会えたらラッキー!

ペコ製造中.jpg


どれも美味しいのだけれど
ひとつだけ困ったことが……

食べるとき、どうすればいい?

可愛らしいペコちゃん
頭から食べちゃうのか、
それとも、ほっぺからいくのか?

これって、鯛焼きからいくか
尻尾からいくかという悩みより
もっと深刻だよね。

食べ方しだいで、その人の隠された心理
潜在意識があらわにされてしまうような……


さて、あなたならどうする?


090722_171243.jpg


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

とろけるクレープ自由が丘店

バナナチョコ生クリーム.jpg


久しぶりに行列に並んだ。
自由が丘にある
とろけるクレープのお店である。

ここは、テレビで紹介されて以来、
若い女性を中心として
ちっとも若くない中年男性にも
超人気という行列店になった。

クレープ店.jpg


MOMI&TOY'S(モミ アンド トイズ)のクレープは、
フワフワした口当たりと
ネーミングどおりの
とろけるやわらかさ」が特長。

ふんわりサクサク、
一口食べればとろけるクレープ生地
最後までしっかり
フレッシュな生クリームが入っている。

人気ベストスリーの中から
ナンバー1の「いちご生クリーム」と
ナンバー2の「バナナチョコ生クリーム
を選んでみた。

クレープ看板.jpg


ふつうのクレープは小麦粉を使うけれど
ここのクレープは、小麦粉を最小限にして、
かわりにアーモンド粉を使い
ふんわりサクサク、とろける食感に!

しかも、生クリームには
フランス産リキュールをブレンドし、
ついでに、海洋性コラーゲンも配合。
お肌ツルツルの魔法の生クリームなんだって。

お土産用にはクレープが潰れないように
特製のエアラップをしてくれる。

娘のために買ってきた「いちご生クリーム」を
ちょいと一口食べさせてもらったら

その侵略面積が大きすぎたようで
積極的なダメ出しを……。
(す、すみません、つい……)

たしかに……

とろけました〜!


いちご生クリーム.jpg



人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

とろけるブリオッシュのとろけかたとは?

ブリオッシュ.jpg


パン好きにはわかると思うけど
ふんわり、ほかほか……

美味しそうなパンの匂いをかいだり
メロンパンみたいな
きれいな焼き目が見えたりしたら

もう、たまらない。
衝動的にお財布を開きたくなっちゃう。

で、地下鉄駅の構内でみかけた
パンの移動販売のお店。

「とろけるブリオッシュ」
と書かれた文字が、そこのけそこのけ!
という勢いで迫ってくる。

これはもう、買わずにはいられないではないか。

「とろける……」
という宣伝文句にも
惹かれたけれど、
どう「とろける」のか?
という妄想が異常に膨らんでしまった。

さてさて、お店の人と雑談をしつつ
「駅売りは体力勝負ですよ」
という本音とも愚痴とも思える声を聞き、
ブリオッシュをお買い上げ。

とろけるブリオッシュ.jpg


チラシに書いてあるとおり
ブリオッシュをお皿にのせ、
ラップをせずに10〜15秒ほど
レンジで加熱。

これで、焼きたてのような
ふわふわの食感がよみがえる、
というのだけれど……

ふむ。
ブリオッシュである。たしかに。
でも、とろける、はどこ?
私は誰?

パン好きの人間を惑わせるような
「とろけるブリオッシュ」
というキャッチコピーが効いている。

ブリオッシュそのものよりも
キャッチコピーの勝利。

いい仕事してますねえ!


販売店.jpg


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。