2017年02月21日

船堀「岩珠旨」でトラフグのフルコースをたらふく


IMG_7201.JPG


恒例となったOGT(オヤジぐるめ隊)の定例会で・・・

季節ものを堪能しようということで、
やってきたのは江戸川区船堀にあるフグの名店。

完全予約制の「岩珠旨(いわずし)」さんです。

このお店の名前通り、以前はお鮨屋さんだったのですが、
現在はフグとすっぽんと薬膳メニューのお店。

外観は一見、フランス料理店かと思わせる佇まいですが・・・


IMG_7202-a7899.JPG


店頭の看板を見て、
目指すお店と確認してから、

いざ入店。

本日は、ふぐのフルコースを予約してあります。

ちなみに、下関では「ふぐ」とは言わずに、
「ふく」と呼ぶようなので、

福を招くようにと縁起をかついで、
以下「ふく」と書くことにしましょう。


IMG_7206-29b82.JPG


二階へ案内されましたが・・・

ここでもフレンチのお店かな、という雰囲気。

予約席は私たち4人のみの貸し切り状態だったので
ゆったりと落ち着くことができました。

さて、なにはともあれ飲み物をオーダー。


IMG_7212.JPG


ふくなら、やっぱり「ひれ酒」でしょう!

ということで・・・

マッチの火で適度にアルコール分を飛ばしてから、

乾杯!


IMG_7213.JPG


お通しは、牡蠣のコンフィ。

牡蠣の旨みが舌の上で広がると同時に、
ピンクペッパーが、いいアクセントになっています。

胃袋はすでに準備万端です。


IMG_7214.JPG


来ました!

まずは、ふく刺し。

薄造りされた刺身のこりっとした食感と、
湯引きされた皮の食感がいい感じに食欲をそそります。

紅葉おろしもピリリと聞いています。


IMG_7215-17ec9.JPG


つづいて、ふくの皮せんべい。

こちらも、パリッ、カリッという食感がいいですね。


IMG_7216.JPG


こちらは、ふくの唐揚げ。

骨についた身がほろりと崩れ、

旨みだけを残して消えていきます。

刺身のさっぱり感と、唐揚げのしっとり感。

どちらも、ふくの美味しさを際立たせています。


IMG_7218.JPG


そして、ついにやってきました、ふくちり鍋のお時間。

骨回りでしっかり出汁をとり、

さらにぶつ切りや皮、くちばし、うぐいすなど。

ちなみに、くちばしの部分を「うぐいす」とも呼びますが、
しりびれ基部の血合い筋を「うぐいす」と呼ぶのが正しいそうです。

もちろん、白菜、椎茸、春菊など、野菜もたっぷり。

ふくはしゃぶしゃぶ程度でいただきます。

うーん、まさに至福の時。

そして、極め付きは、こちら。


IMG_7223.JPG


ふく雑炊!

ある意味では、この雑炊を食べるために
ちり鍋があったと思わせるくらい。

「口福」の極みは、ふく雑炊といっても
けっして過言ではありません。

熱々を、お代わりしちゃいました。


IMG_7225.JPG


そして、デザートは・・・

冷製白きくらげのトマト煮。

鍋と雑炊で火照った舌と体を、
まあまあ・・・と静めてくれる美味しさです。

これでお腹も満杯、気持ちも満たされて、
一同、ふくの美味しさにナットク!

女将さんに見送られてお店を後にしました。


と・・・ここで終わらないのが、
我がOGTのメンメン。

なんと、意外な展開がこのあとに待っていたのです!



IMG_7205-a5203.JPG

岩珠旨ふぐ / 船堀駅

夜総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

「水たき玄海 新宿高島屋店」で誕生日のディナーに水たきのコース 

玄海・1.JPG


奥さんの誕生日のディナーにリクエストがあって・・・

出かけたのは、こちら。

「水たき玄海 新宿高島屋店」です。

デパートの店内ですが、なかなか雰囲気のある店構え。

本店もいいですが、こちらもいい感じです。


玄海・2.JPG


本日のメニューは、こちら。

水たきの鍋会席をお願いしました。

誕生日のお祝い・・・と予約の時にお伝えしたら、

掘りごたつ席の個室を用意してくださいました。

素敵なサービスです。


玄海・3.JPG


まずは、前菜。

「男爵芋のビシソワーズ」と「レバーパテ」。

スープはキリッと冷えていて、
パテは春巻きの皮のようなものでサンドしてあります。

面白い取り合わせです。


玄海・4.JPG


冷菜は、左から「砂肝の塩辛」、「野菜のゼリー寄せ」、
「ふきのとうの薄衣揚げ」、「生湯葉」。

いずれも日本酒の肴として、よく合いますね。


玄海・5.JPG

玄海・6.JPG


水たき用の季節の野菜は三種を選ぶことができるというので、

選んだのが、こちら。

椎茸、芽キャベツ、春キャベツ、
青梗菜、エリンギ、スナップえんどう。

いずれも契約農家から届けられた新鮮野菜です。


玄海・7.JPG


とろりとした水たきの鍋が登場。

こちら使われている伊達鶏は、
みちのく阿武隈の大地で放し飼いにし、
日光浴や運動に十分な時間をかけて育てたもの。

大釜で5時間以上炊き上げて調理されたスープには、
コラーゲンをはじめ、良質な脂肪や、
バランスの良い栄養素が豊富に含まれているとか。

滋養たっぷりのスープです。


玄海・8.JPG

玄海・10.JPG

玄海・9.JPG


そのスープの旨みをじっくり味わいながら、

鶏と野菜を特製のポン酢でいただきます。

鶏がほっくり、旨みがじんわり。

鶏本来の爽やかで腰のある味わいが、
舌の上で踊ります。

スープの表面には、コラーゲンの膜が張っています。


玄海・11.JPG


水たきのあとの温菜は、

伊達鶏岩塩焼き。

煮こんだものとは食感も味わいも異なる伊達鶏で
鶏の美味しさを満喫しました。


玄海・12.JPG


締めの食事は・・・

土鍋雑炊。

水たきのの旨みを最後の最後まで味わいつくそうという
渾身のメニュー構成です。

雑炊の中に落とした卵も絶品。

これは箸が進みます!


玄海・13.JPG


デザートは・・・、

左上が、りんごのコンポート。左下が、アーモンドの砂糖がけ。

右上は、胡麻油のガナッシュ。右下が、苺のババロア。

そして、意外な美味しさに驚いたのは、

右に置かれた緑茶。

これが「宮崎県産無農薬釜炒り緑茶」で、
香りといい、爽やかな渋味といい、ほのかな甘みといい、

玉露を思わせるような深みのある味わい。

小菓子と組み合わせも絶品でした。

ちなみに、奥さんのプレートには、
「Happy Birthday!」の文字。


これで今年も私のお役目が果たせました!



玄海・14.JPG


水たき玄海 新宿高島屋店水炊き / 新宿駅代々木駅新宿三丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7





ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

虎の門「個室会席 北大路 虎ノ門茶寮」でA5ランクの仙台牛すき焼き会席

北大路・1.JPG



食いしん坊仲間の素敵なお誘いがあって、

仙台牛のすき焼き会席を食べようということになり、

虎の門にあるこちらのお店へ。

「個室会席 北大路 虎ノ門茶寮」です。

地下鉄「神谷町」駅から徒歩2分、
桜田通りに面したエントランスは和の雰囲気があふれています。

京都のような趣きを感じます。


北大路・2.JPG


ということで、本日のお品書きが、こちら。

全7品で、メインが仙台牛のすき焼きです。

ちなみに・・・、
仙台牛は全国で唯一、肉質等級が最高のA5ランクでなければ、
「仙台牛」とは呼べないブランド牛肉。

宮城県の特別表示認証食品に認証されている
最高級の牛肉なんですね。

胃袋がキュンとして、食欲がそそられます。


北大路・3.JPG


テーブルに設えられた前菜の重箱。

お店は全室個室なので、友人や家族、会社の仲間など、
他人を気にせず、ゆったりと寛げるのがいいですね。

落ち着いた雰囲気の中で、
まずは、ビールやスパークリングワインで乾杯!

いざ、会席のスタートです。


北大路・4.JPG


蓋を取ると、目にも美味しそうな前菜です。

中央に姫サザエ利休焼きがあり、
あとは、右上から時計回りに、山東菜お浸し、鮑寿司、姫筍粉節和え、
白魚黄身揚げ、天豆塩茹で、黒胡麻豆腐、ズワイ蟹出汁巻き、蛍烏賊酢味噌。 

季節を先取りしたものや、名残りのもの、旬のものの盛合わせ。

それぞれ、彩りが豊かです。


北大路・5.JPG


つづいては、お造り。

左手から、鯛松皮、桜鱒、鮪、鳥貝、筍刺身、紋甲烏賊。

とくに桜鱒のねっとりとした食感や旨みが
桜鱒という名前どおり、春を感じさせてくれました。

ここで、お酒をチェンジ。


北大路・6.JPG


私がメニューの中から選んだのは、

楯野川 清流 純米大吟醸(山形県)。

華やかな香りと、口の中でふくらむ味わいが絶妙。

さらに次なる料理への期待が高まります。


北大路・7.JPG


ここで、本日のメイン登場。

仙台牛のすき焼きです。

中には、椎茸、焼き豆腐、白滝、筍、長葱、生麩など。

さらに、サプライズ食材として「蕗」が使われていました。

この蕗が、すき焼きにアクセントと驚きをプラス。

春を感じさせる蕗の爽やかな香りが、
一味違ったすき焼きの趣向を演出してくれました。


北大路・8.JPG

北大路・9.JPG


こだわりの卵は新鮮そのもの。

箸でつまんでも、黄身がくずれず、
白身の質感もしっかりしています。

この卵を溶いて仙台牛をくぐらせると・・・

もちろん、文句なしのA5ランクの味。

舌の上でとろける美味しさです。


北大路・10.JPG


仙台牛をたっぷり味わった後は、
炊き合わせ。

身欠ニシン、新牛蒡、茄子、里芋。

蓋を取った瞬間に、木の芽の香りが漂います。

身欠ニシンは、丁寧に時間をかけて煮上げたもの。

ほろりとくずれる美味しさと、ニシンの旨みが引き立っています。


北大路・11.JPG


つづいては、揚げ物。

桜海老と三つ葉のかき揚げです。

カリリと揚がっていて、
桜海老の香りが、春風のように口の中を駆け抜けます。

ビジュアル的には、かき揚げの形に
もう少し美しさや工夫があってもよかったかな?


北大路・12.JPG


このあたりで、「お食事」へ。

この日は、鯛と筍の炊き込みご飯、止椀は浅利のお味噌汁。

鯛の旨みを炊きこんだご飯で、
ほっと一息という感じ。

お味噌汁も上品な味でした。


北大路・13.JPG


そしてデザートは、

抹茶のクレームブリュレと、
桜最中アイスクリーム。

そこにキウイとミントが添えられています。

ほんのり桜が香るアイスクリームと、
抹茶が香るクレームブリュレという香りのデュエット。

とくにブリュレの部分のカリッとした食感と、
抹茶風味のクレームのとろり感がいいですね。

もうちょっと食べたくなったほど。

このあとほうじ茶を出していただいて、
会席コース終了。

希望があればコーヒーもお願いできるとか。

お腹いっぱいの、春の宴。


日本料理の素晴らしさを堪能しました!



北大路・14.JPG


個室会席 北大路 虎ノ門茶寮懐石・会席料理 / 虎ノ門駅神谷町駅

夜総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】



posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

リーズナブルな割烹料理を「俺の割烹・銀座本店」で満喫

俺の割烹・1.JPG



何かと話題になっている「俺の…」シリーズ・・・

5時前にもかかわらず、すでに行列が。

近くにある「俺のフレンチ」にも、
長い行列ができています。

わたしはちょっとした裏技を使って
「俺の割烹」の銀座本店に予約を入れ、

奥さんとと二人、
立ち食いではなくテーブル席に着きました。

さて、どんな料理がでてくるか、楽しみです。
(ちなみに、ジャズのミニライブ付きです)


俺の割烹・2.JPG


表の黒板メニューを確認すると、

全品500円の特選メニューがずらり。

ふむふむ、なかなか魅力的なメニューです。


俺の割烹・3.JPG


予約時間どおりに席に案内され、

まずは、一杯。

「獺祭・純米大吟醸50発泡にごり酒」です。

180ml瓶 1200円。

獺祭らしい、香りがよくシャンパンのようなお酒です。


俺の割烹・4.JPG


で、最初の一皿は・・・

ウニ伊勢海老ゼリーがけ。780円。

出汁の旨みがひろがるゼリーのプルルン感と
雲丹の風味、小さいけれど伊勢海老の美味しさ。

割烹料理として、780円は、たしかにリーズナブル。

他の料理にも期待が高まります。


俺の割烹・5.JPG


とうもろこしのすり流し。680円。

こちらにも、雲丹や海老があしらわれていますね。

とうもろこしの味も絶品です。


俺の割烹・6.JPG


いちじく胡麻クリーム。480円。

いちじく好きのわたしの奥さんは、にっこり。

最近のいちじくは温室育ちのせいか
昔のような芳醇な香りがなくなりましたが、

ここれは、これで美味しい。


俺の割烹・7.JPG


中トロ刺し。980円。

中トロとはネーミングされていますが、

見ると、上質な赤身、中トロ、大トロの盛合わせです。

これが、さすが割烹料理とうなる絶品。

口に入れただけで蕩ける旨みが広がります。

あまりの美味しさ、お得感に、

思わずお代わりをお願いしちゃいました!


俺の割烹・8.JPG


こちらは、鯛刺し。500円。

これも脂がしっかりのった鯛です。

歯ごたえも楽しめて、美味しい。


俺の割烹・9.JPG


うちの奥さんといっしょに、思わず歓声を上げた

鱧じゅん菜鍋。1280円。

冬瓜、じゅん菜、鱧。これで美味しくないわけがありません。

お出汁も薄味ですが、しっかり旨みを閉じこめています。


俺の割烹・10.JPG


どーんと登場。

隣のテーブルの人が食べていたので、つられて注文。

えこめ牛赤身焼き。1780円。

骨の舟に乗せられてやってきました!

熊本県・菊池市産の、えこめ牛(ぎゅう)とは、
環境にやさしいというエコと、米を合わせた造語。

産地の飼料米を粉砕して食べさせているため、
うまみ成分である不飽和脂肪酸含有量が高まって、
美味しくなるとか。

飼料米を食べさせて肉牛を飼育するというのは、
全国でも珍しい飼育方法なんだそうです。

ふむ、赤身のしっかりした旨みが、
噛みしめるごとにあふれますね。

しかも、ボリューム満点です。


俺の割烹・11.JPG


本日の500円メニューから、

和牛すきやき。

大ぶりの和牛が2枚、鍋を覆いつくしています。

これも美味い。

しかも、安い!


俺の割烹・12.JPG


肉類がつづいたので、こちら。

海老天婦羅。1280円。

海老の頭もカリカリと香ばしく食べられます。


俺の割烹・13.JPG


雲丹フカヒレ茶わん蒸し。880円。

小さめとはいえ、フカヒレの姿煮や雲丹が。

うーん、これでこのお値段でいいんですか・・・


俺の割烹・14.JPG


かなりお腹がいっぱいになったのですが、

いちおう締めに何か取ろうということで・・・

からすみそば。780円。

お店のスペシャリテのようですが、
蕎麦にからすみが、どっさり。

大盤振る舞いも、いいとこですね。

これを食べ終わったら、さすがに胃袋はパンパン。

ほうじ茶プリン280円も食べてみたかったけれど、

さすがに、デザートまで手が伸ばせませんでした。


これはもう、再訪するっきゃないでしょ!


ごちそうさまでした!




俺の割烹・15.JPG


俺の割烹 銀座本店 ( 新橋 / 割烹 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

モダン・カジュアルな会席料理のランチを渋谷「金田中 草」で

1・外観.JPG



義母が80・20達成者として表彰されたので・・・

その元気な歯と食欲のお祝いとして
出かけたのが、こちら。

渋谷セルリアンタワーにある

「金田中 草」です。


2・前菜.JPG


わたしが選んだのは、「三元豚蒸篭蒸し膳」2970円。

前菜として供されたのは・・・、

平筒竹が三つ葉のお浸し。
水無月胡麻豆腐。
卵焼きと瓜(長芋とゆかりの鋳込み)

さすがに、いずれも上品なお味です。


3・フォアグラ茶碗蒸し.JPG


つづいては、

フォアグラ玉地蒸し・温ぽん酢。

フォアグラの茶わん蒸し・・・という感じかな。

全体を混ぜ合わせてお食べください、と。

でも、その前にスプーンですくって、
一口分はシンプルな食べ方で。

ふむ。

ちょっと、ぽん酢が濃い目かな?


4・豚しゃぶ.JPG


メインが、こちら。

鍋が三元豚の出汁しゃぶ。


5・豚しゃぶアップ.JPG


中にキャベツ、茗荷、シメジなど。

これを胡麻ぽん酢でいただきます。

キャベツのシャキシャキ感がいいですね。


6・煮物アップ.JPG


陶箱のほうは・・・

冬瓜鶏出汁煮、湯葉、六方里芋、
冬子椎茸、海老そぼろ餡、小松菜。

こちらも上品なお味ですが・・・

一緒に盛り合わせる意味があったかというと・・・

ちょっと疑問。

それぞれ別に味わいたかったですね。

たとえば・・・、
冬瓜鶏出汁煮に海老そぼろ餡で一品。

湯葉と小松菜。

椎茸に里芋。

それぞれ独立した小鉢のほうが映えるのでは?


7・炊き立てご飯.JPG


炊き上げご飯。

こちらでは特製のお釜で注文ごとに炊き上げるとか。

固形燃料を使って25分で炊き上がり。

いい感じです。


8・ご飯と赤だし.JPG


お米はつやつや、ふっくら、アルデンテ。

時間できっちり炊くので、オコゲはなし。

ついお代わりしたほど、美味しいご飯でした。

でも、オコゲも欲しかったかな?


9・漬物.JPG


香の物。

瓜と茄子。

優しい塩味に仕上がっています。


10・牛乳プリン.JPG


甘味は、牛乳プリンの嶺岡豆腐仕立て。

上に蓬ソースがかかっています。

こちらも品のいい牛乳プリン。

蓬ソースの香りもいいのですが・・・

緑あざやか・・・というわけでは、なかったですね。

蓬好きのわたしとしては、ちょっと残念。

超一流の料亭だけに、こちらの要求するハードルが
ついつい高くなってしまいましたが・・・


次回に期待したいと思えるお味とサービスでした!



11・店名.JPG


金田中 草 ( 渋谷 / 会席料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

妻の誕生日のお祝い和食コースを広尾「幸せ三昧」で

幸せ三昧・1.JPG



ずいぶん長い間、記事のアップができませんでした。
<(_ _)>

ま・・・いろいろありまして。

という言い訳は、ともあれ。

先日、妻の誕生祝いをしようということになり、
かねてからリストアップしてあった、こちらのお店へ。

広尾「幸せ三昧」です。

こちらのお店は、あの「賛否両論」の
一番弟子の方が独立して開店したお店。

さて、どんな料理がでてくるか。楽しみです!


幸せ三昧・2.JPG


まずは、栃木のお酒「鳳凰美田」で乾杯。

こちらは、半合からお願いできます。

桜の花びらを散らしたような御猪口も
何種類かの中から選べます。

錫の片口も、いい感じですね。


幸せ三昧・3.JPG


独活入りの茶わん蒸しに桜海老のすり流し。

熱々、うまうまのスタートです。

桜海老の風味と色合いが、春を感じさせます。


幸せ三昧・4.JPG


飯蛸とウルイの味噌だれ。

飯蛸のこりこり感と
ウルイのヌルッと感のハーモニー。

味噌味が濃いような気がしたので、

白味噌のほうがよかったかな?


幸せ三昧・5.JPG


菜の花と筍と蛤のジュレがけ。

菜の花はしゃっきり。
筍も独特の香りが立っていて、

蛤との相性をジュレがまとめている。

これまた、春を印象づける料理です。


幸せ三昧・6.JPG


若芽の真薯と桜鯛のお椀。

添えられた柚子が全体を引き締めています。

朧昆布をまとった鯛も美味しい。


幸せ三昧・7.JPG


白魚、こごみ、金針菜、芽キャベツの天ぷら。

塩とカレー塩でいただきます。

白魚のほうは、レモンを絞っただけでも美味しい。


幸せ三昧・8.JPG


お刺身盛り合わせ。

左から時計回りに、北寄貝、鮪、
鮃、細魚。

醤油と胡麻醤油の二種でいただきます。

ツマの茗荷の香りがアクセント。


幸せ三昧・9.JPG


桜鱒の山椒焼き。

付け合せは、右が大根おろしと長芋。
左は独活の金平。

桜鱒は脂の乗りもよく、ふっくら。

個人的には、独活の金平にしびれました。


幸せ三昧・10.JPG


蕎麦饅頭。

中味には蟹肉がぎっしり。

餡の味わいもちょうどよく、

意外性もあって贅沢気分が味わえました。


幸せ三昧・11.JPG


締めのご飯は、鶏と牛蒡の炊き込みご飯。

炊き立てが供され、お代わりもOK。

妻はお代わりを所望してましたが、
私は糖質制限中につき、自粛。

とはいえ・・・


幸せ三昧・12.JPG


デザートは別腹。

フローズンヨーグルトとオレンジとゼリー。

甘みと酸味のバランスが絶妙のデザート。

「もっと召し上がりますか?」
と言っていただいたので、デザートを追加。

追加メニューから選んだのが、こちら。


幸せ三昧・13.JPG


抹茶と小豆のブランマンジェ。

抹茶のほろ苦さと小豆のほの甘さ。

ペロッといっちゃいました!

さすが、「賛否両論」の一番弟子のお店。

師匠の味を継承しつつ、
新たな挑戦にも力を注いでいるように感じました。

次回出かけるときは、


初夏を感じる料理に出会いたいですね。



幸せ三昧・14.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

和食の粋と歴史的建造物の情緒を「ヒカリヤ ヒガシ」で味わう


ヒガシ・1.JPG


さてさて、かくも長き不在とブログ休止をお詫びいたします。

理由はいろいろあるのですが、それはさておいて、

ニシといえば、ヒガシ・・・ということで、


松本食べ歩きのつづきは、「ヒカリヤヒガシ」です。


ヒガシ・2.JPG


店名でもお分かりのように、
こちらは前回ご紹介した「ヒカリヤニシ」のお隣。

築120年の歴史的建造物の名門商家をリノベーションした
懐石・会席料理のお店になっています。

ニシと同様、予約の取りにくいお店ですね。


ヒガシ・3


中庭の見えるお座敷席。

畳の部屋に合わせて背が低めのテーブルと椅子。

和のテイストにモダンな洋の感覚を採り入れています。


ヒガシ・4.JPG


丸箱膳(安曇野無農薬米+味噌汁)付き 1,500円.

ヒカリヤヒガシ定番の丸三段重弁当ですね。

では、さっそく、中味を拝見。


ヒガシ・5.JPG


上段が、こちら。

海老と帆立のお造りを大葉で和えたものと
ほうれん草の胡麻和え。

見た目にも美しい。


ヒガシ・6.JPG


こちらは、中段

上から左回りに、もずく酢、出汁巻き卵。
枝豆、昆布巻、海老、栗、蒲鉾、笹巻き麩饅頭、お浸し。

けっこう、充実しています。


ヒガシ・7.JPG


そして、下段

天ぷら、豚の角煮、お新香。

なかなかのボリュームです。


ヒガシ・8.JPG


こうして俯瞰して見ると、壮観です!

これで、1500円は、かなりリーズナブルですね。


ヒガシ・A


で・・・デザート替わりの麩饅頭

笹の緑も美しく、ゆったり落ち着いた気分。

こうして歴史的な建物の中で和食を味わうと、
日本人としての遺伝子が目覚めるような・・・

心まで満たされる気分です。


一月も中旬になってしまいましたが・・・


本年もよろしくお願いいたします!



ヒガシ・10.JPG

ヒカリヤ ヒガシ ( 松本 / 懐石料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

皐月の風情を盛りこんだ季節感を銀座「懐石 川端」で味わう

川端・1.jpg




娘夫婦と一緒に食事をすることになって・・・

我が奥さんが予約をしてくれたお店が、
こちら、懐石料理の「川端」。

銀座スワロフスキーのお向かいのビルの2階。


川端・2.jpg


ビルとはいえ、入り口はこんな佇まい

銀座の中央通り沿いにありますが・・・、

数寄屋造りの店内で本格懐石料理をいただける、

別世界のような空間です。


川端・3.jpg


皐月のコースから、まずは、先付

新キャベツ寄せと蟹と新じゅんさい

振り柚子の風味と出汁の旨みが
いいスタートを切りました。

それぞれの素材の味を、滋味豊かにまとめあげています。
 

川端・4.jpg


前八寸は・・・

皐月の季節にちなんで、菖蒲の葉が飾られ、

粽小鯛寿し、天豆チーズ
ほたるイカ田楽、こしあぶら田楽。
床節ゼリー寄せ。

そして、矢羽に見立てた海老キャビアと、
的は、フォアグラパン

ドライアイスのスモークがお盆に流れる演出があって、
つかみはOKという感じですね。

それぞれが、しっかり仕事のしてあるお味です。


川端・5.jpg


お椀は、アイナメの揚げ物に筍

長めに切って添えられた緑と橙と白の野菜は、
鯉のぼりの吹き流しに見立てられています。

こういうところが、日本料理の細やかさですね。


川端・6.jpg


お造りは、氷逆富士仕立て
鮪と鯛

で、食べ終わったあとのお皿を見ると・・・


川端・7.jpg


「五月晴れ 湖畔のすその 逆さ富士」

この句で詠まれたとおり、
氷でつくった富士が逆さ富士で映っています。

芸が細かい!

 (でも、なんでこの画像だけ横向き? 直し方分からず、すみません)


川端・8.jpg


焼物は、鱸の柏焼き

酢取り茗荷花豆が彩りで。

この柏の葉を開いてみると・・・


川端・9.jpg


薄いお餅に鱸と卵のあんかけ風が隠れていました。

うーん、皐月の風情が薫ります。


川端・10.jpg


焚合せは、水晶茄子と豚角煮
茗荷あんに生姜と葱が添えられています。

お出汁も上品でほかの食材を活かしています。


川端・11.jpg


揚げ物は、馬鈴薯餅、青唐、海老かすみ揚
左下は、お蕎麦を筏に組んで揚げたもの。

手が込んでいます。


川端・12.jpg


ここで、ちょっと傍らに目をやると・・・

骨董と思しき置時計

高さは20〜25センチほどのものですが、
ちゃんと三十分おきに鐘を鳴らします。

女将さんのお話によると、
ペリー来航の頃のものだとか。

ほとんど手直しをせずに、女将さん自らネジを巻き、

ちゃんと現役で時を刻んでいるそうです。


川端・13.jpg


さて、コースが終わりに近づいて、

お食事は、トマト御飯と青のりと豆腐の味噌汁

写真では色は出ていませんが、
トマトご飯はうっすらトマト色

これも意外な美味しさで、トマトの風味

ふんわりと薫ってきました。


川端・14.jpg


水菓子と甘味は、バナナ、苺、ムース
ねり切り、クッキー。

それぞれの食感の違いも楽しみました。


川端・15.jpg


締めの、お抹茶

これぞ懐石の心意気というお料理の数々を

じっくり堪能しました。

舌で味わうだけでなく、
目でも楽しめる演出と心配り

娘夫婦とともに過ごした極上の時間


ここは、私たちのとっておきのお店になりそうです。



川端・16.jpg


懐石 川端 ( 新橋 / 懐石料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

娘が手づくりの料理で父の日をもてなしてくれました

父の日・花.jpg


いまごろ?という声もあるでしょうが……

我が家の父の日は、私の都合で

一週間遅れでした。


というわけで、


江戸切子のグラスをそろえて……


父の日・酒.jpg


まずは、新潟のお酒、
越の誉もろはく」で乾杯!

新潟県柏崎市・原酒造
純米大吟醸・秘蔵酒(7年)です。

極寒の季節に低温発酵で手造りし、
7年間という長期にわたって

常温でゆっくり熟成させた純米大吟醸古酒です。

旨み香りのバランスが最高。


で、本日のメイン料理は、

ジェイジェイが大好きなものをと……

料理教室で、魚の三枚下ろしを習い、

必死に格闘して完成した……


父の日・鯵.jpg


鯵フライ!


ふむ、からりと揚がっていて

鯵の身もふんわり。

初めてにしては、

なかなかの出来です。


……って、やはり親バカ?


父の日・鰹.jpg


で、目には青葉の季節とあって、

鰹のタタキ

香味野菜もたっぷり。


さらに……


父の日・野菜.jpg


グリーンサラダ

緑の季節にふさわしい食卓となりました。


となると……、

デザートとして欲しくなるのは、

やっぱり、この季節のベスト・フルーツ。

山形のさくらんぼ


父の日って、毎月あってもいいですね!


父の日・桜桃.jpg


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

露天風呂と懐石料理を「くつろぎの宿・塩山荘」にてパート2

塩山・庭園.jpg


錦鯉が悠々と泳ぐ日本庭園のある保養所で……

露天風呂からあがって懐石料理の夕べ


昨日のつづきは、前菜のお皿から。


塩山・前菜.jpg


ひょうたん型をしたのは酒盗羹

その他、川海老の艶煮、蛍烏賊酢味噌掛け、
サザエの田楽焼き、蕨の白和え。

こちらも丁寧な仕事が施されています。


このへんで、お酒を追加して、

冷し鉢が供されました。


塩山・冷し鉢.jpg


冷し琥珀煮。(ジュレ掛けに振り柚子)。

烏賊、車海老、煮貝、南瓜、茄子、椎茸、ミニオクラ。

ひんやりしたジュレが素材の味を引き立てています。


つづいては、焼き物


塩山・焼き物.jpg


こちらは鰆の二彩焼き

鰆の菜種焼き白酒焼きの二種です。

それぞれが個性ある味付けで楽しめます。


ここで酢の物の登場。


塩山・酢の物.jpg


貝寄せ風・梅ドレッシング和え

海松貝、帆立貝、とり貝、青柳などに
うるい、こごみなどの山菜が添えられ、

下には春キャベツが敷かれています。


酢の物とはいっても、
さっぱりした梅ドレッシングが決め手ですね。


ここでようやく食事に辿り着いたようで……


塩山・食事.jpg


筍ご飯の焼きおにぎり茶漬け

そこに、ぶぶあられ、三つ葉、山葵、海苔が
あしらわれて、香の物とともに一気に胃袋に。

すっかり満足しきったあとに、


やってきました、甘味のデザートです。


塩山・甘味.jpg


芋きんとんパイ包み焼き

さつま芋のきんとんをパイ皮で包んで焼いたものを、
抹茶餡のソースでいただきます。

フレッシュな苺と小さな人参カステラが添えられて
最後まで手の込んだ仕事がされています。


宿の方のお話だと、蛍の季節には

近くの川辺で光の群舞が観られるとか……


ちなみに、このお食事がついて一泊二食は、

会員価格で5500円(税込み) 同伴者でも6800円!


これは再訪するっきゃありません!


塩山・池の鯉.jpg


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする