2009年11月23日

創作イタリアン・ピザットリア「Bocca(ボッカ)」新宿西口店で乾杯

ボッカ店内.jpg


ニューヨークから友人が来たので、

リクエストに応えて、
ホテル近くのイタリアンをブッキング。


新宿西口の飲食街にある
ピザットリア「Bocca(ボッカ)」です。


まずは、再会を祝して
赤ワインで乾杯。


前菜がわりのお通しは、
ブロッコリーとチーズのムース


前菜・ブロッコリーとチーズのムース.jpg


薄いピッツァ生地を揚げたものに
意外とさっぱりしたムースが合っています。


サラダは友人のオーダーで
ルッコラとクリスプサラミのサラダにしました。
(700円)


ルッコラのサラダ.jpg


ルッコラの香りがきいています。
サラミの食感もGood。


おつぎは、フレンチかと思われるような
お菓子仕立てにしたお皿が登場。


この日のおススメとしてボードに書かれた、

温泉卵と小海老とアボカドのお菓子風仕立て
バルサミコソース (800円)


お菓子仕立て.jpg



温泉卵を割ると、

こんな感じに……


ポーチドエッグ.jpg


うん、美味しそうです。


さらに、海鮮風なものをということで、

カツオのタタキ風カルパッチョ、
茸のゼリーマリネソース 
(850円)


カツオのたたき風カルパッチョ.jpg


もどりカツオが美味しい時期だったので
秋の茸の香りが引き立てています。


で、さらに茸の追い打ちをかけようと、
イタリアの茸をチョイス。


ポテトとベーコン、ポルチーニ茸のクリームグラタン。
イタリア産のポルチーニ茸たっぷりの熱々チーズ焼きです。
(700円)


ポテトとポルチーニのグラタン.jpg



北の国からは雪の便りが届いているけれど
東京はまだまだ秋の雰囲気


外苑あたりの銀杏並木
ようやく色づいた頃なので、


たっぷり秋の味を愉しみました。


で、イタリアンな宴はまだまだ前半戦
このあとの後半戦は、


また明日です!



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

新宿御苑前「カフェ・ラ・ボエム」で絶望という名のパスタを

ラ・ボエム.jpg



久しぶりにでかけてみた。

新宿御苑前の「カフェ・ラ・ボエム」です。


しばらくぶりにメニューを広げてみると
ランチのシステムが変わっていて、

メインの一皿にプラスして、
スープ+トースト+サラダのセットが、プラス200円。

ワインとドリンクバーが、プラス150円。


で、メインのパスタ(750円)を選び、
両方のサービスをプラスしてみた。


メイン以外はセルフサービスなので
ちょっと欲張って赤と白のワインを……。


ランチセット.jpg



サラダ以外はお代わり自由

スープは、白菜とベーコンのクリームスープです。


クレムスープ.jpg


パスタは、7種の野菜とアンチョビ、

ケッパーのトマトソース。


絶望パスタ.jpg


このパスタ、なぜかDesperato、
つまり「絶望」という名前が付いています。


なぜ、絶望?


調べたところによると、

これは料理人泣かせのメニューで、
とにかく仕込みが大変。


野菜のみじん切りが果てしなくつづき、
もうやめてくれ、というほど切り刻み……


かつ、じっくりじっくりと弱火で炒める
料理人がため息をついて「絶望」するほど……

というところから名づけられたとか。


なるほど……

たしかに、細かくみじん切りされています。


料理人の「絶望」楽天的に味わいつつ、


ドリンクバーから、コーヒーと、
ローズヒップティーをチョイス。


カフェ.jpg

ローズヒップ.jpg


さらに、このお店のサービスとして、


帰りにお好みのドリンクを一杯
紙カップで持ち帰ることができるんですね。
(なんという太っ腹!)


で、本日のランチのお勘定の合計は、
1100円!(税込み、テイクアウトドリンク付き)


こんな格安ランチって、料理人は「絶望」でも


われわれ庶民には、「希望」の星です!



外看板.jpg


カフェ ラ ボエム 新宿御苑店 ( 新宿御苑前 / カフェ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキング ブログセンター












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

「ヒロ プリモ」東京駅構内の八重洲北口店でランチ

ヒロ プリモ.jpg


じつは、まだ行ってなかったので……

仕事のついでに行ってきました。


新装開店した東京駅構内の
キッチンストリートです。


お昼は軽めに……
という意味も込めて、


イタリアンの名店「リストランテ・ヒロ」の姉妹店、
「ヒロ プリモ HiRo Primo」へ。


前菜もパスタも美味しそうだったので
パスタセットを注文。(1580円)


前菜は、契約農家の旬野菜をバーニャカウダで
自家製フォカッチャ付きです。 


バーニャカウダ.jpg


ディップが美味しくて、野菜を食べた残りを
フォカッチャですくって食べちゃいました。


前菜につづいては、

フレッシュトマトとバジリコ、
とろ〜りモッツアレラチーズのスパゲッティー。



モッツァレラ.jpg


しっかりアルデンテに仕上がっていて

トマトとモッツアレラチーズ、バジリコの
相性がバツグン。


食べ終わりまで、熱々が持続していました。


で、満足しつつ、
食後のコーヒー


コーヒー・A.jpg


でも……

このお値段だったら、
小さくてもいいからドルチェが欲しかったな


ところで、

コーヒーを飲むとき、ジェイジェイ流
「珈琲作法」がありまして……
(ちなみにお砂糖もクリームも入れる派です)


それは、

お砂糖を入れずに一口飲んで
お砂糖を入れ、
コーヒーを途中まで飲んでから、


おもむろに、クリームを入れる。


このとき、絶対にかき回さないで
コーヒーの上に浮かせるのがコツ。


そのまま、コーヒーとクリームの
両方の存在感を味わいつつ飲む……。

飲み終わる頃にも、下の写真のように
クリームはまだ浮いたままです。


つまり、コーヒーを3倍美味しく
味わっちゃおうというわけ。


御用とお急ぎでない方は、

いちど、お試しあれ!



コーヒー・B.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキング ブログセンター












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

ときめくパスタランチを新宿御苑前「オステリア イル バッティクオーレ」で

店内.jpg


パスタづいてしまったようで、
またまた、パスタ


新宿御苑前に今年4月にオープンした
「オステリア イル バッティクオーレ」へ。


店名のバッティクオーレとは、

イタリア語で「胸が高鳴る」、
胸がときめく」という意味。


ワクワクするような料理やワインを……
というのがお店のコンセプトだとか。

ランチタイムメニューの中から、
パスタランチ、1260円をチョイス。


前菜には鶏レバーのブルスケッタ
サラダが選べるようになっていて、

パスタも4種類の中から、選べる。

というわけで、秋の香りを感じたくて、
サラダを選び、パスタには、
「秋のキノコのアーリオオーリオ・ペペロンチーノ」。


サラダ・1.jpg


パスタ・1.jpg


サラダもたっぷり感があるし、
パスタは、しこしこと切れがいい。

キノコはシイタケとシメジだけど、
あっさり、さっぱりのパスタ

きょうの体調にはちょうどいい感じかな。


で、デザートは定番の、
自家製ティラミス


ドルチェ.jpg


ほろ苦さと甘さがちょうどいい
ハーモニー。

コーヒーとデザートで締めくくると
なぜか、ホッとした気分になれるから、

不思議……。


これで、隣りに絶世の美女がいたら……


店名のとおり、

「胸がときめく」ランチになるかもね!



コーヒー・1.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

「銀座パスフェ」で、もちもちの生パスタを味わう

銀座パスフェ.jpg


こだわりの生パスタが評判と聞いて

ちょっと好奇心をくすぐられました。


新橋駅近くにある「銀座パスフェ」。


国際グルメフェア・コンクールで金賞を受賞した、
岸野光義シェフによる本格、生パスタ専門店とか。


店内のメニューです。


店内メニュー.jpg


お店では、遺伝子組換えをしていない
カナダ産のデュラムセモリナ粉を使用。


ミネラルたっぷりの国内産天然塩
室戸沖海洋深層水の硬水のみを使用することで、

こしのあるが出来上がるという。


ここの生パスタ麺は、日本に3台しかない
イタリア製の押出し式のパスタ・マシンで作られる。



で、人気ナンバーワンという

半熟玉子のカルボナーラ(炭焼き職人風・880円)

をお願いしました。


カルボナーラ.jpg


半熟卵を割ると、

中からとろりと黄身が流れだします。


カルボ・アップ.jpg

卵アップ.jpg


厚切りベーコンと粉チーズたっぷり!


生パスタもっちもち感がたまらない、

コクのあるカルボナーラです。


うどんのような「こし」を大切に、

独自のこだわり製法で、こだわりの手作り。


あくまでも生パスタにこだわるという姿勢が

このお店のオリジナリティーになっている。


次回は、メニューの中で気になった


「昔ながらのナポリタン」


というのを食べてみようかな?



外看板.jpg



人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

とろりとしたカルボナーラのカフェ・ラ・ボエム

ラ・ボエーム.jpg


徹夜明けの体に鞭打ちながら……
やっぱり歳には勝てないなー
と、あらためて実感!
(気づくのが遅いって?)

で、疲れた体と心
プッチーニのオペラのように
癒してもらおうと、
カフェ・ラ・ボエム新宿御苑へ。

ここは系列店がいくつかあるのだけれど
内装やメニューの基本は統一されているようだ。

とくに内装に関しては、
オペラに登場するボヘミアンのように、
因習にとらわれない自由な生き方をしよう
という意味が込められていて、
中世のヨーロッパを模したインテリアが再現されている。


party_1.jpg
(これはお店のHPより)


本日のランチに選んだのは
自家製のベーコンとフレッシュクリーム、
卵のソースという定番のカルボナーラ

これに、本日のスープ(ミネストローネ)
サラダのセット、ドリンクバーをつけました。
トータル、1150円なり。


スープ.jpg

カルボナーラ.jpg


ソースがとろりとしていて
黒胡椒のスパイスがほどよくきいて
美味しい。

窓側の席で寛ぎながら、
パスタを食べおわり、
アイスコーヒーを飲みながら
しばし、午後の読書

ね、こんなアフタヌーン
徹夜明けにあったって……

許されるよね?
(って自己弁護か?)


コーヒー.jpg



人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

桜新町のイタリアンレストラン「ラ・ピアンタ」でサラダランチ

サラダランチ.jpg


田園都市線・桜新町駅近くでお仕事。
桜新町は、あの国民的マンガ「サザエさん」
作者である長谷川町子さんの記念館がある街だ。

ちょうどランチの時間だったので
ネット情報を検索しつつ、
イタリアンのお店に。

駅からちょっと歩いたところにある
カフェ・リストランテ「ラ・ピアンタ」
ドアを開ける。

情報によると、このお店は
ドラマ、CM、バラエティー番組などに、
数多く使われているお店らしい。
(映画「ラスト・ラブ」やドラマ「家政婦は見た」、
 バラエティ「ぷっすま」、「裏ジャニ」
 「TVチャンピオン」、TVCM「アリエール」など)

このほか、「チューボーですよ」「アド街ック天国」
などでもお店が紹介されたようだ。

うーん、期待できそう!

とはいえ、この日のジェイジェイの体調がいまいち。
パスタやピッツアは重すぎるような気がする。

で、メニューと相談しながら決めたのが
ヘルシーに? サラダセット
本日のスープにドリンクがついている。

ちなみに、本日のスープは
暑い夏にぴったりの
ビシソワーズスープ。


ビシソワーズ.jpg


じつはこれ、ジェイジェイの得意料理のひとつ。
夏は少なくても一度はこれを作らないと
美味しい秋が訪れない。

自分のビシソワーズが最高だと
勝手に勘違いしているから、
外で食べるときは
けっこう採点が厳しいのは仕方ない。
(ちょっと塩が勝ちすぎていたような気が……)

で、サラダはローストビーフのスライスに
たっぷりの野菜。
これに、ドレッシングとバルサミコ酢
別の容器で添えられてきた。


牛肉のサラダ.jpg


胃腸の調子からいっても
これくらいがちょうど、というライン。
食べ終わる頃合いをちゃんとチェックしていて
アフターのアイスコーヒーが運ばれてきた。

こういうサービスって基本だけれど
気持ちがいい。
やっぱりレストランって、味も大切だけど
「人とサービス」なんじゃないかな?

ビシソワーズ減点はすっかり忘れて
満点笑顔になっていたジェイジェイでした。

カツオもワカメも納得だね!


ピアンタ・店内.jpg



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ランチはシーフードイタリアンの神楽坂「ポワソン」で

前菜.jpg


神楽坂の毘沙門天を中心に
今日(22日)から
「神楽坂まつり」がはじまった。

このお祭りは都内で最初に開催され、
夏の訪れを告げるお祭りとして
すっかりお馴染みになっているとか。

お祭り本番には早かったが
毘沙門さんを展望できるレストラン、
「ポワソン」でシーフードランチを。

じつはここ、テレビドラマにもなった
人気コミック『神の雫』でも紹介され、
旬の上質な魚介と、厳選したワインで有名なお店。

あつかう魚は天然のみのこだわり。
独自のルートで、日本全国から旬のお魚
質の良い魚介だけを仕入れ、
イタリアンスタイルで調理している。

本日のランチは、
前菜6種の盛り合わせ。
鹿児島産真鯛のソテー白いんげんピューレソース。
黒胡麻のパンナコッタ。
コーヒー。

前菜の中にあるペコロス(プチオニオン)は
岩塩蒸しになっていて、
中がとろりと甘い。
(上の写真の左側)

真鯛のソテーも身が柔らかく
しかも香り豊かに
焼き上がっている。


真鯛のソテー.jpg


デザートの黒胡麻のパンナコッタ
胡麻の香りがあふれるよう。

胡麻好きのジェイジェイにとっては
大満足の一品。


黒胡麻パンナコッタ.jpg


お祭りには早かったけれど
ランチタイムには間に合ってよかった。


ちなみに、毘沙門天七福神のひとり。
とくに勝負事に利益ありと崇められていて、

川中島の合戦でおなじみの上杉謙信は、
自分を毘沙門天の生まれ変わりと信じ、
軍の旗印に「毘」の文字を使っていた。


一説によれば、武神であると同時に、
財宝神でもあるという。


さて、ご利益のほどは……?



ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

具だくさんナポリピッツァの「ミア ボッカ」

野菜とサラミのピッツァ.jpg


窯焼き
という言葉にひかれた。

窯焼きナポリピッツァ茹であげスパゲティのお店
と看板には書いてある。

窯焼き」じゃないピッツァはあるだろうけど、
茹であげない」スパゲティもあるの?

と軽く突っ込みを入れつつ
店内へ。

やはりピッツァは薪窯で焼きあげて
表面はカリッ、中はふっくらモチモチ、
というのが美味しいと思う。

でも、ローマピッツァ(生地の薄いクリスピータイプ)も
お店によっては美味しいから、
そのときの体調と雰囲気かな。

で、先日、仕事で出かけたときに入ったのは
武蔵境の駅ビルにある
ミア ボッカ(Mia Bocca)」。

ランチタイムにぎりぎり滑りこんで
窯焼きピッツァセット(サラダ・ドリンクつき)を注文。
いろいろ野菜とサラミのピッツァを選んだ。

お店の宣伝文句によると
ピッツァは、注文を受けてからのばして
で焼きあげる……そうだ。

うん、ふっくらモチモチ
焦げ目も美味しそう!
一人前としてはボリュームも満点。

で、お腹がいっぱいになって
食後のコーヒーもしっかり味わって
ついでに武蔵境の駅前をぶらぶらお散歩。

初めて降りる駅の場合には
何か自分の足跡を残しておきたくなる。
これって、なぜなんだろう?
ワンちゃんのマーキングと同じかな?

で、マーキングがすんで
駅の階段をとんとんと……

????

何かヘンな気がするなと思ったら
表示板にあった英語のスペル。

北口・1.jpg

「r」の文字の下に、うっすらと「u」が見える。
(写真で見えるかな?)
最初は「Nouth」だったんだ!


お、惜しい!


日本人としては、
そう書きたくなる気持ちが
わかるような気もするが……


なぜ、出来上がるまで誰も気づかなかったんだろう?




人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

生パスタでアルデンテなディナー

090608_191615.jpg


久しぶりに手作りのディナー
先日のイタリアンと日本酒の会のお土産に
生パスタ(タリアテッレ)をいただいたので
さっそくキッチンへ。

オリーブオイルで茄子とミニトマト、粗挽きウインナを炒め、
それにトマトソースをくわえ、
茹であがったパスタにからめる。

うん、アルデンテ!パスタの食感もいいし、トマトソースも美味しい。
付け合わせは、さっと茹でたブロッコリーにした。

ブロッコリーといえば、
以前、アメリカでビュッフェ形式のサラダを取りに行ったとき
ブロッコリーが「生のまま切り分けて」置いてあっただけ、
という事実にびっくりした。

アメリカ人はブロコッリーを茹でるという発想がないんだろうか?
それとも、そのビュッフェでは「これがブロッコリーの正しい食べ方」、
というような哲学があったのだろうか?

ともあれ、生のまま齧ってはみたけれど、
やっぱり、歯ごたえが残るくらいに
さっと茹でたほうが美味しいと思うけど……。

そう、パスタと同じ、アルデンテでね!
(*^_^*)


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする