2018年03月26日

浅草「桜鍋 中江」で桜の季節にちなんで桜鍋の定食を鯨飲馬食!




2E92EBBE-F6F4-460C-B354-A16CF7F7BC97.jpeg



ロケハンで三ノ輪駅から土手通りをぶらぶら。

その途中、「あしたのジョー」のフィギュアを発見!

コミックでは、台東区と荒川区の境にある「泪橋」の下に、
丹下段平がボクシングジムを構えていたという設定。
そんな縁で、このあたりは「あしたのジョー」のふるさと…というわけ。

ちなみに、矢吹ジョーの像ができたのは、6年前だそうです。


BA86C776-5B7C-4F04-8DE1-47FA43ECD9E0.jpeg


で、ジョーにご挨拶をしたあと、
目的地は、「さくら鍋 中江」のお店。

いえいえ、あくまでもロケハン、ロケハンです。

でも、食べなけりゃ、その味の歴史も分からない!

というわけで、いただきました「さくら鍋」。
いわゆる「蹴とばし」と呼ばれる馬肉の鍋です。

初訪問なので、まずは定番の桜鍋定食をお願いしました。

前菜は、桜肉(馬肉)のつくだ煮。

お酒は、宮城の伯楽星です。

EC9EE777-FE06-4716-9562-0AEBCF744FF2.jpeg

6676FAC6-A0A6-41C5-A9A6-4E1C0FC80AB3.jpeg


つづいては、
スジ肉の煮もの。

お酒の肴にバッチリです。

6A1A372C-C499-479A-AC59-F72CF06B5FF3.jpeg


そして、本日のメイン、
桜鍋と野菜などのザクが登場。

1BF875B0-0097-4F20-A635-0FF294387DDD.jpeg

CE8C370D-EBC9-4E90-AEA8-2ADAEB7DBE7A.jpeg

871165C3-EF4C-45E0-8EF1-C401319F6D0F.jpeg


鉄鍋に割り下とさくら肉、白い脂身のバラ肉。
ふつふつと沸いてきたところで、しゃぶしゃぶ感覚ですくい上げ、
溶いた卵に絡めていただきます。

柔らかでクセもなく、噛み締めると、
じんわり馬肉の旨みが広がります。

美味しい!

で、さくら鍋のお決まりとして、
お肉を食べ終わったら、野菜や白滝、焼き豆腐などのザクを投入。

馬肉の旨みがしみた汁でさっと煮込んで、
いただきます。

8382D7A7-2594-4BDD-93E2-FA6B7567C729.jpeg


そして、最後の締めは、「あとご飯」。
鉄鍋に残った汁に馬肉の中落ちと、すくい豆腐を入れ、そこに溶き卵を回しかけて、
強火でふんわり。


7361655B-AFD7-4B53-AAA6-AB09298DCBD1.jpeg


トロトロの半熟状態なのを、たまご丼のようにご飯にかける。

03697F46-B388-4DB6-AB70-5CC990A1D883.jpeg


これが、最高の締めご飯。

え?
食べただけで、ロケハンはどうしたって?

それはですね、お腹がいっぱいになって
お酒で頭の回転が遅くなる前に、しっかりと。

ええ、しっかりと本番に備えて、
ジョーと同じように、

「あしたのために、その1」、
済ませましたとも!

(^.^)


60AB574A-A30F-4BC8-88E4-FC69E2AF9348.jpeg

桜なべ 中江馬肉料理 / 三ノ輪駅三ノ輪橋駅南千住駅

夜総合点★★★★ 4.0



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!


















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: