2017年04月17日

野方「旅の食堂 ととら亭」で世界のギョーザを食べ歩き

IMG_7728.JPG



ヤキソバの達人・塩崎さんと、餃子の巨匠・塚田さんのお誘いで、

世界のギョーザの食べ歩きの旅に出かけました。

・・・といっても、海外取材ではありません。

野方にある旅の食堂「ととら亭」さんです。

このお店は、これまで50カ国以上もの世界の国々を
旅してきた久保さんご夫婦が営むお店。

先日、ご主人の久保えーじさんが世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)
という本を出版されたのを記念して、

「世界のギョーザ特集」という特別メニューを提供。

その餃子を食べ歩きしようという企画です。


IMG_7738.JPG


この日のメニューは・・・

カザフスタンの「アルマティ風チュチュバラ」。

ドイツの「フランクフルト風マウルタッシェン」。

トルコの「カッパドキア風マントゥ」の三種。

さてさて、いったいどんな餃子が登場するのか、
興味津々です。


IMG_7743.JPG


まずは、ご主人の久保さんおススメの、

アゼルバイジャンの白ワインで乾杯!

わたしは知りませんでしたが・・・、

アゼルバイジャンはワインの有名な産地で、
コーカサス有数の上質なワインで知られているそうです。

ふむ、なかなか美味しい。


IMG_7746.JPG


まずは前菜として、
自家製のスモークサーモン。

白ワインによく合う一品です。

次のお皿への期待が高まります。


IMG_7747.JPG

IMG_7748.JPG


来ました。

カザフスタンの「アルマティ風チュチュバラ」。

チュチュバラはウズベキスタンやキルギス、
タジキスタンなどで食べられている小ぶりなギョーザのこと。

ディルやコリアンダーが香るスッキリとした味わいの
ヨーグルト入りスープに入っています。

餡の中身は合い挽き肉。

確かにスープ餃子のような味わいです。


IMG_7749.JPG

IMG_7751.JPG


つづいては、

ドイツの「フランクフルト風マウルタッシェン」。

久保さんのお話では、
イタリア版ギョーザともいえるラビオリから
マウルタッシェンが生まれたとか。

卵入りの記事で、合い挽き肉、ソーセージ、
ほうれん草などを包んだもの。

茹でてからチーズをのせて、こんがり焼きます。

付け合わせは、紫キャベツを赤ワインで炒めたもの。
ほんのり甘酸っぱい感じがします。


IMG_7753.JPG

IMG_7754.JPG


さて、三種目は、


トルコの「カッパドキア風マントゥ」。

ラムのひき肉を包んだものですが、
日本の水餃子をグーンと小ぶりにしたもの。

ベースになるのは、ミントを散りばめた
ガーリック風味のヨーグルト。

これにパプリカバターのソースを添えて食すのが
トルコ風。

ヨーグルト味がいい感じです。


IMG_7755.JPG


ここで、ワインを白から赤へ。

同じくアゼルバイジャンの赤、「サペラヴィ」。

コーカサス地方の固有種「サペラヴィ」100%で
造られる赤ワイン。

肉じゃがなどの和食にも合うそうです。


IMG_7757.JPG


ここで、ととら亭さんの本日のおすすめ料理、

旅のアンコールメニューから、
ポルトガル・エヴォラの「カルネ・デ・ポルコ・アレンテジャーナ」。

アレンテージョ地方の郷土料理で、
柔らかなポークを赤ピーマンのペーストとワインでマリネ。

それをアサリやポテトとともにソテーし、
コリアンダーの葉とレモンの香りをつけた料理。

赤ワインによく合います。


というわけで・・・


世界のギョーザと未知なる国の料理を満喫。

ご主人との餃子話もはずんで、楽しい一夜となりました。

今後、定期的にギョーザのメニューを変えて、

世界各地のギョーザを食べ歩けるような企画が控えているとか。

さて、次回はどんな世界のギョーザと出会えるか。


いまから楽しみです!



IMG_7734.JPG

ととら亭洋食 / 野方駅都立家政駅

夜総合点★★★★ 4.0






世界まるごとギョーザの旅 (かもめの本棚)



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!
















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449086994
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック