2016年06月10日

「タイガー餃子会館 田町店」でご当地餃子と47都道府県の一番搾りコラボイベント開催!

タイガー・1.JPG


餃子の香りに誘われてやってきたのは、こちら。

「タイガー餃子会館 田町店」です。

この日、【ご当地餃子と"47都道府県一番搾り"を味わおう!】
というブロガーイベントが開催され、ご招待いただきました。

餃子とビール=餃ビーは、テッパンの組合せです!

じつは、6月7日から8月末まで、際コーポレーションによる
「47都道府県の一番搾り×日本全国ご当地餃子」キャンペーンが、
東京・大阪をはじめとする日本全国15地域122店舗で開催中!

キャンペーンでは、店舗のある都道府県の一番搾りとご当地餃子の
それぞれ1種類が販売されるのですが・・・

期間中、旗艦店である東京の胡同マンダリン、
タイガー餃子会館 田町店、紅虎餃子房 大阪梅田店では、
「餃子アンテナショップ」として、他の地域の餃子も味わうことができます。

餃子愛好家としては、行かないわけにはいきません!


タイガー・2.jpg


ちなみに、日本全国ご当地餃子とビールの一覧は、こちら。

全国47都道府県ごとに味の違いや個性を楽しめる一番搾りは、
10月にかけて地域限定で順次発売されています。

「一番搾り“地元生まれシリーズ”」と「ご当地餃子」が
どんなコラボを生み出すか、楽しみです。


タイガー・3.JPG

タイガー・4.JPG


というわけで、本日のイベントに選ばれた
代表選手の餃子とビールの勢ぞろい。

早くも喉が鳴り、胃袋がウエルカムしています。


タイガー・5−1.JPG


まずは、「一番搾り仙台づくり」で乾杯!

本来は地域限定でしか販売されないのですが、
今回は「タイガー餃子会館」が特別なルートで取り寄せ、
この日のために準備したもの。

すでに気分は仙台に飛んでいます。

「一番搾り仙台づくり」は、東北産ホップと
宮城県産ササニシキを使用。

東北の旬の恵みにこだわったビール、
ということですが・・・

後味スッキリ、華やかなホップの香りがいいですね。


タイガー・5いぶりがっこ.JPG


というわけで、スタートは東北のご当地餃子から、
秋田県限定の「いぶりがっこ餃子」。

角切りのいぶりがっこが入っていて、
燻製の香りが広がります。

餃子と燻製香という組合せが新鮮です。


タイガー・6じゃじゃみ味噌.JPG


つづいては、岩手県限定の、
「盛岡 じゃじゃ味噌餃子」。

盛岡といえばじゃじゃ麺ですが・・・

そのじゃじゃ味噌をトッピングして、
胡瓜の千切りが添えられています。

胡瓜との相性がいいですね。


タイガー・7牡蠣入り.JPG


おつぎは、宮城県限定の、
「牡蠣入り餃子」。

なんと牡蠣が丸ごと一個入っています。
ひとくち頬張れば、口の中いっぱいに海の香り。

特製のタレでいただくと、
さらに牡蠣の香りが引き立ちます。


タイガー・8小松菜.JPG

タイガー・8−2小松菜餃子.JPG


さて、東北から南下して、東京へ。
こちらは、東京都限定の「小松菜餃子」。

徳川吉宗の鷹狩りの際に献上され、
そのときに地名から名がつけられた小松菜。

将軍様が名付け親というわけですが、
緑の色も鮮やかで、しっかり完成した味になっています。

この餃子に合わせるのは、「一番搾り東京づくり」。
ダブルデコクション製法による芳醇さが特徴。

麦の旨みやコクが活きています。


タイガー・9イワシ入り.JPG


つづいては、千葉県限定の、
「イワシ入り海の餃子」。

ネーミング通り、イワシのすり身が餡になって、
こちらも特製のタレでいただきます。

帽子型に包まれた餃子が可愛い感じ。
梅雨時期のイワシの味は格別だそうです。

これに合わせるビールは、「一番搾り千葉づくり」。

千葉県産米を使用して、スッキリ感のある味わい。
菜の花を思わせる明るい色合いも魅力です。


タイガー・10くまもと.JPG


さて千葉から一気に飛んで、お次は、
熊本県限定「火の国くまもと 火の餃子」。

麻辣スープに水餃子と、熊本県産の馬すじ肉入り。

熊本支援として、アンテナショップ全店で提供され、
収益の一部は義援金として寄付されるとか。

辛さもちょうどよく、ごろりとした馬すじも美味しい。


タイガー・11大阪タイガー.JPG


こんどは九州から、逆戻りして、
大阪府限定「タイガー餃子」。

餃子に紅生姜、青のり、花かつお、葱にマヨネーズとなれば、
まさに、お好み焼きスタイル。

タイガーはもちろん、阪神タイガースからのネーミング。
お箸ではなく、コテで食べるのが正解かも?

合わせるビールは、「一番搾り大阪づくり」。

ブラボーホップを使ったオリジナリティのある香りと、
通常の一番搾りより増量した麦芽の豊かな味わいがGOOD!


タイガー・12おいでやす.JPG


つづいては、お隣の京都府限定の、
「おいでやす餃子」。

しば漬け、蓮根、九条ネギの餡を、
ヒダヒダの花びら形に包んだ餃子です。

しば漬けのほんのりピンク色が透けて見え、
いかにも京都らしい、はんなりした感じがします。

この餃子に合わせるのは、「一番搾り京都づくり」。

京都府産麦芽を一部使用し、
麦芽の上品な香りを引き出したタイプ。

「おいでやす」と美女に注いでいただくと、
より美味しさがひきたつはずです。


タイガー・13ぷっくり餃子.JPG


こちらは、タイガー餃子会館の定番、
「ぷっくり餃子」。

やまくらげ、きくらげ、春雨などが入っていて、
食べごたえのある一品。

皮もぷっくり、もっちりです。

用意された特製ダレは、右から順番に、
食べる辣油、パクチー、玉葱レモン。

それぞれ個性的な味の変化が楽しめます。


タイガー・14みかん.JPG


そして、本日のしんがりに登場した餃子は・・・

愛媛県限定の「みかん餃子」。

豚肉とオレンジソースという大胆な組合せ。
フルーティーな酸味と甘さの揚げ餃子です。

とはいえ、コンビネーションとして、
鴨にオレンジ、酢豚にパインも合いますから、

デザート風の餃子としては、けっこう面白い。

カリリとした揚げ餃子の食感も楽しいですね。

というわけで・・・、
本日のイベントでしっかり試食&試飲してきたのは、

ご当地餃子+タイガー餃子会館のぷっくり餃子、計10種。
「47都道府県の一番搾り」のうち、発売されたばかりの5種。

それぞれ、個性的でオリジナリティの感じられる
地元愛にあふれた餃子とビールでした!

「47都道府県の一番搾り×日本全国ご当地餃子」キャンペーンは、
東京・大阪をはじめ、日本全国15地域122店舗で開催中。

地域ごとに趣向を凝らした餃子と、
「一番搾り“地元生まれシリーズ”」を味わいたい方は、


キャンペーン終了の8月末までに、急いで要チェックです!



タイガー・15.JPG

タイガー餃子会舘 田町店餃子 / 三田駅田町駅芝公園駅

夜総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック