2016年03月16日

曙橋「タシデレ」でチベットのお正月料理とチベット餃子の祝い膳

タシデレ・1.JPG


少し前のことになりますが・・・

2月9日から5日間がチベット暦のお正月ということで、
お正月の祝い膳「ロサル・セット」をいただいてきました。

店名の「タシデレ」は、チベット語の挨拶で、
「こんにちは」とか「ありがとう」の意味とか。

こちらのお店は、都内唯一のチベット料理の専門店だそうで、
エントランスも店内も、チベットの雰囲気満載です。

ふむ、期待できそう!


タシデレ・2.JPG


店内には、こんなお正月飾りが・・・。

各家庭では祭壇に水、灯明、菓子、果物、バター、チーズなどのほか、
バターか小麦粉で象った羊の頭などを飾り供えるんだそうです。

かつては遊牧のチベット人たちは、
羊の頭そのものを縁起物として飾ったり食したりしたとか。

それぞれのアイテムにいろいろ意味がありそうですね。


タシデレ・3.JPG


というわけで、「ロサル・セット」のスタートは、

チベット餃子ともいわれるビーフモモ(蒸し餃子)。

付け合せには、スンラブという大根と人参の酸っぱい漬物。
これ、日本料理の膾に似てますね。


タシデレ・3−2.JPG


ビーフモモの中身は、こんな感じ。

野菜と牛粗挽き肉で肉汁がジュワー。

チリソースをつけるとピリ辛で
味にアクセントがつきますね。

形としては、餃子というより、
小籠包風といったほうがいいでしょうか?

こちらのお店では、野菜とマトンのモモは
メニューには載っていませんでしたね。


タシデレ・4.JPG


手前がドトゥクという全粒小麦と挽肉のお粥。

奥にあるのが、デシと呼ばれる甘いお祝いご飯。

中に木の実や干しブドウなどが入っています。


タシデレ・5.JPG


こちらは、カプセという揚げ菓子。

小麦粉にバターを加えて練り合わせ、
ろばの耳の形などに作って油で揚げたもの。

チベットの正月にお供え物としても、
ご馳走の一つとしても欠かせないものだそうです。

ここまでが、お正月の祝い膳「ロサル・セット」。

つづいては、アラカルトでチベット料理をいただきます。


タシデレ・6.JPG

タシデレ・7.JPG


こちらは、お馴染みバター茶と、フライドビーフモモ。

見た目はやはり小籠包風。

美味しそうにカリッと揚がっています。

揚げモモの中身は、
やはり肉汁がジュワーで、

カリッ、モチッとした感じの皮が美味しい。


タシデレ・8.JPG

タシデレ・9.JPG


つづいては、半月形のシャパレ。

サモサみたいな感じで、

牛の挽肉を小麦粉の皮で包んで揚げたもの。

揚げ餃子風ミートパイといったところです。


タシデレ・10.JPG

タシデレ・11.JPG


フォトジェニックな、こちらは・・・

ベジチーズモモ。

キャベツなどの野菜とチーズが入っていて、
とろりとしたチーズが香る一品。

木の葉型につつんだ形が美しいですね。


タシデレ・12.JPG


さて、餃子三昧からちょっと離れて、

お次は、パクシャ・ンガルキュル。
チャナ豆粉の衣をつけた豚肉の揚げ物。

太目のスティック状になった豚肉が
歯応えしっかりで、衣の食感も独特です。


タシデレ・13.JPG


このあたりで、デザートタイム。

チベットの主食・ツァンパ(麦こがし)を使い、
黒糖、レーズン、カシューナッツを加えて焼き上げたケーキ。

ほんのり甘く、どこか懐かしい香りのするケーキです。


タシデレ・14.JPG


このケーキを、チベット医学ハーブティーとともに。

私がお願いしたエヴリディティーは、
レッドカラント、ハイノキカスミソウ、野生サフラン、
カルダモン、ショウガ、ワイルドローズなどをブレンドしたもの。

氣、血、水のめぐりを良くし、心身のバランスを整え、
美肌、リラックス、消化促進に効果があるとか。


さてさて、心身のバランスが整い、美肌に生まれ変わったか、


翌日の朝をドキドキしながら迎えることになりました!



タシデレ・15.JPG

タシデレアジア・エスニック(その他) / 曙橋駅四谷三丁目駅四ツ谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7





ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】



posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チベット料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック