2015年11月28日

ガスパチョの源流サルモレホって何?「ラ コシーナ デル クアトロ」で味わう

クアトロ・1.JPG



オヤジぐるめ隊、今回の真打は、こちら。

高円寺のスペインバル「ラ コシーナ デル クアトロ」。

お店に入る前から、何やら楽しそうな雰囲気が漂ってます。


クアトロ・2.JPG


まずは、赤と白のサングリア。

どちらも香り良く、すいすい飲めますね。

ちょっとセーブしないと危ないかな?


クアトロ・3.JPG


自家製のパンとオリーブ。

パンは毎朝焼いているそうで、

あまりの美味しさに、ついお代わりしちゃいました。


クアトロ・4.JPG


華やかに登場したのは、.ピンチョス盛り合わせ。(2人前)

思わず「おおっ!」と声があがる演出です。


クアトロ・5.JPG


ちなみに、ピンチョスのラインナップは、下から順に・・・

チョリソー、ムール貝の冷たいアヒージョ、トルティージャ、
チキンとマッシュルームのパテ羊のカリカリチーズ、キビナゴ&オリーブ。

どれも、しっかり仕事のしてある美味しさです。


クアトロ・6.JPG


つづいては、サルモレホ。

スペイン・アンダルシア地方コルドバの名物で、
ガスパチョの源流といわれています。

メインの食材はトマトだけというシンプルなスープ。

スプーンですくって口に入れると、

ねっとりした旨みが伝わります。


クアトロ・7.JPG


こちらは、.梨と胡桃のサラダ。

シェフの創作サラダで、ミントの香りがアクセント。

ドリンクには、カバを合わせました。


クアトロ・8.JPG


つづいては、.白魚のアヒージョ。

伝統的な鰻の稚魚のかわりに、白魚。

これがいい味を出しています。

合わせたワインは、アルバリーニョのソビエル。


クアトロ・9.JPG


こちらは、アモンティリャード風味の玉ねぎのポタージュ。

ビジュアルも美しく、玉ねぎの甘みと香りが
複雑に絡みあって感じられます。

合わせたお酒はシェリー酒で、

そのままズバリのアモンティリャード。


クアトロ・10.JPG


本日の肉料理は、
ラムのロースト・ペドロヒメネスのソースとミガスとともに。

ミガスは「パンくず」の意味ですが、
パンの小片を油で炒めたクルトン状の付け合わせもミガス。

ラムにソースとミガスを絡ませていただきます。

焼き加減も、ちょうどいいロゼで、これも絶品。

合わせたワインは、プリオラートの赤、
ヴィン イ レジェンデス。


クアトロ・11.JPG


で、締めに登場したのは・・・、

イカスミのフィデウア。

フィデウアとはパエリアのお米の替わりに
フィデオという短いパスタを使ったもの。

イカ、トマト、パプリカなどが
パスタに味の彩りを与えています。


クアトロ・12.JPG


さらに登場したのが、豚バラと栗のパエリア。

季節感たっぷりの栗の甘さが、豚バラと
いい相性を醸しだしています。

パエリアのオコゲは、ミニスコップで
しっかりこそげ取って、きれいにいただきました。

美味しい。

こちらのお店は、シェフのチャレンジングな創作意欲による
モダンスパニッシュと、

シンプルで素材を活かした伝統的なスペイン料理が味わえるお店。

さすが、食いしん坊のよーぜふさんおススメ、


大満足で、ご馳走さまでした!


クアトロ・13.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スペイン料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: