2015年11月26日

スパイスとハーブ使いの逸品メニューに酔う高円寺「ビリエット」

ビリエット・1.JPG



恒例の「オヤジぐるめ隊」の突撃期となりまして・・・

やってきたのは、高円寺です。

一軒目は、幹事のよーぜふさんおススメ、
スパイスとハーブ使いの名店「ビリエット」です。

駅近ですが、路地裏にひっそり佇む
隠れ家のような雰囲気。

仲のいい友人のお宅訪問といった感じです。


ビリエット・2.JPG


黒板メニューが、こちら。

インド系のスパイスとハーブをアレンジした
いわゆる無国籍料理のお店。

この中から、気になる料理を出していただこうと・・・
胃袋はすでに準備OK、臨戦態勢に入っています。


ビリエット・3.JPG


お願いした飲み物は、こちら。

上から時計回りに、かぼすサワー、柚子酒、
山葡萄酒、自家製サングリア。

自家製サングリアは、オレンジ、アップル、プラムなど、
シナモンの香りが新鮮です。


ビリエット・4.JPG


お通しは、ポテトや野菜が入った
スパニッシュオムレツ。

4人前ですが、角切りのビジュアルもお味も
このお店の方向性を示している逸品です。

しっかり手が込んでいます。


ビリエット・5.JPG


スープは、ガスパチョ。

イタリアンパセリをあしらって
ほどよい野菜類の食感がのこされています。

ハーブは控えめですが、深みのあるスープです。


ビリエット・6.JPG


ビジュアルにびっくり。

カボチャの二色ポタージュ。

深緑色はカボチャの皮部分、周りは果肉部分です。

使われているハーブは同じだそうですが、
深緑の皮部分のほうが輪郭がはっきり感じられる味です。

二色という発想が面白い。


ビリエット・7.JPG


揚げなすとごぼうの生姜びたし。

トッピングは大葉ですが、生姜の風味が心地よく、
牛蒡の食感も愉しい。

お酒がすすみます。


ビリエット・8.JPG


にんじんラペ。

トッピングされているのは、南瓜の種。
これも食感が面白く、人参の甘さが引き立っています。

マリネ感もちょうどいい感じ。


ビリエット・9.JPG


グリーントマトのステーキ風。

ちょうどトマトが届いたばかりというので、
お皿の脇に並べていただきました。

こちらでは、千葉県我孫子市の
「自然野菜のら」の野菜を使っているそうです。

ピンクペッパーがあしらわれて、
トマト嫌いの幹事も大丈夫という一皿。

トマト好きの私にとっては、
もう少し酸味を活かしてほしかったかな。


ビリエット・10.JPG


くるみ味噌のしそ巻き揚げ。

これもお酒がすすむ一皿。

胡桃の香りと大葉の香りの二重奏です。


ビリエット・11.JPG


とうふのアチャール。

インド料理のアチャールを
豆腐で・・・というオリジナル料理。

これも手間暇かけた一品です。



ビリエット・12.JPG


砂肝の白ワインビネガー煮。

砂肝がふんわり柔らかく煮込まれています。

残った白ワインビネガーの煮汁も
しっかり飲み干せるほどの美味です。


ビリエット・13.JPG


ラタトゥイユ。

使われている野菜は、にんじん、かぶ、セロリ、
エリンギ、パプリカ、なす、ズッキーニ、
たまねぎ、れんこん、ごぼうの10種。

バジルの香りをまとった野菜のダンス!


ビリエット・14.JPG


セビーチェ(南米風の魚のマリネ)。

ブリと大根、キュウリ、ミニトマト、ディル。

優しいマリネ感と野菜の食感も愉しい。

ディルの香りもきいています。

というわけで、

まだまだ気になるメニューがたくさんありますが、

オヤジたちは、次なるお店を目指さなくてはなりません。


再訪を胸に刻んで、ご馳走さまでした!


ビリエット・15.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: