2015年05月21日

山岡士郎もおススメ懐かしの味を神田「くじらのお宿 一乃谷」で満喫

一乃谷・1.JPG



LAから友人がやってきて食事をすることに・・・

何が食べたいか、と訊くと、
おススメなら何でも、と。

「だったら、鯨でも食べてみる?」
 と半分冗談で言ったら、

「オー、鯨、決定だね!」と。

心配になって「ほんとに鯨、大丈夫?」と訊いたら
「大丈夫どころか、鯨、大好き!」だって。

というわけで・・・

神田の裏通りにある、こちらのお店へ。


一乃谷・2.JPG


地下へ降りる階段の壁に、こんなチラシが。

うーむ、海原雄山も山岡士郎も「鯨派」だったか!

ちなみに、新聞の切り抜きによれば、
鯨にはバレニンという成分が含まれていて、

これがアルツハイマー型認知症や
うつ病などを防ぐ効果があるんだとか。

しかも鯨肉は低カロリーで高タンパク。

健康食であり、日本の伝統食でもある鯨ですが・・・
最近はめっきり食す機会が減っています。

で、友人とともに「懐かしい味」を求めて、いざ!


一乃谷・3.JPG


まずは、一ノ蔵で乾杯。

とはいえ、友人はお酒が飲めないので、
お茶で乾杯。

鯨を食べる前から、
鯨の話で盛りあがりました。


一乃谷・4.JPG


ドーンと来ました! 

鯨の刺身などの盛り合わせ。

ちょっと分りにくいかもしれませんが、
一番下の列の左から、食道(姫腸ひめわた)、心臓、
白ベーコン、胃袋、さえずり(舌)。

その一段上の左から、小腸(百尋ひゃくひろ)、鹿の子、
尾の身二種、下がイワシクジラで、上がバンドウクジラ。

いちばん上の列の左から、赤身、ベーコン、膵臓。

それぞれ、食感も味も香りも異なりますが、
それを言葉で表現するのは、無理。

食べていただくしか、ありません!


一乃谷・5.JPG


つづいて、クジラの竜田揚げ。

こちらは香ばしい感じと、鯨独特の味と香りが
噛みしめると懐かしさとともに、よみがえります。

あー、これこれ。

これだよね!


一乃谷・6.JPG


このお店特製の、クジラのステーキ。

スープ仕立てですね。

お肉は柔らかく、ほんのり薫ります。


一乃谷・7.JPG


お店のマスターとお話してたら、

ちょうど山菜が入っているから・・・と。

左から、タラの芽、筍、こごみ。

宮城県・仙台から直送だとか。

こちらも懐かしい故郷の味です。


一乃谷・8.JPG


こんなのも食べてみるかい・・・と。

本皮の味噌漬け、と赤身の漬け。

ご飯のお供に最高、というわけで、
白飯をいただいて、かっこみました。

美味くないわけがありません。


一乃谷・9.JPG


で・・・締めは、くじら汁。

鯨の旨みがつまった脂と野菜の滋味が
ギュッと凝縮された、あったか〜い汁です。

こんなに鯨を食べたのは何年振りだろう?

両手両足を総動員しても
まだ足りないような気がする。

鯨さん、ご馳走さまでした。


海原雄山や山岡士郎さんに言われるまでもなく、


鯨は日本の伝統食であり、日本人の宝です。



一乃谷・10.JPG


くじらのお宿 一乃谷 ( / くじら料理 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: