2014年07月01日

日本酒と熟成肉を「サカナの中勢以」でじっくり味わう

中勢以・1.JPG



さて、アップが遅くなってしまいましたが・・・

オヤジぐるめ隊、コレド室町食べ歩きの4軒目は、

こちら、熟成肉専門店の「サカナの中勢以」です。

サカナという店名になっていますが、「魚」ではありません。

あくまでも、肉料理店なので、
お肉を使った酒の「肴」がテーマ。

コレド室町2のイートインでカウンター席が8席ほど。

どんなふうに熟成されているか、楽しみです。


中勢以・2.JPG


というわけで、まずは日本酒で乾杯。

わたしが選んだのは、こちら。

福岡・八女の「繁枡」。
限定大吟醸無濾過生原酒。

どっしりとした味わいの爽やかな香味のあるお酒です。


中勢以・3.JPG


一品目は、牛ハム(霜降り)。

舌の上で旨みがほどけるように広がります。

噛みしめると、さらに肉汁がじんわりと。

ふむ、酒の肴に合いますね。


中勢以・4.JPG


つづいて、牛ハム(赤身)。

こちらのほうが少し厚切りになっているせいか、

噛みしめると牛の香りと旨みが強く感じられます。


中勢以・5.JPG


武井ファームのねぎを使った中勢以のぬた。

さっくりとして、ぬめりもある太目のねぎ。

酢味噌の香りでリセットという感じの一品です。


中勢以・6.JPG


熟成肉の時雨煮。

思わずご飯を頼んでしまいました。

山椒の香りも添えて、またまたお酒もすすみます。


中勢以・7.JPG


自家製ブータンブラン。

口の中ではじける美味しさ。

ただ熟成肉の個性は、それほど強く感じませんでした。


中勢以・8.JPG


熟成肉と熟成芋のコロッケ。

ふむ、これは定番の美味しさですね。

熟成肉を使った、ちょっと贅沢なコロッケかも。


中勢以・9.JPG


ポテトサラダ。

ここで、箸休めの変化球。

粗めにつぶしたポテトの食感がいいですね。


中勢以・10.JPG


変化球の二皿めは、季節野菜の酢漬け。

長ねぎと茗荷竹ですが、

旬とはいえ、茗荷竹は育ちすぎてたかな?


中勢以・11.JPG


中勢以の牛カツ。

メインの牛肉に戻りました。

これも、ど真ん中の美味しさ。

うーん、やっぱりご飯がほしくなる!


中勢以・12.JPG


ここで、本日の真打登場。

オーダーハンバーグ。

こちらでは、お好みで「熟成牛粗挽き」「熟成牛2度挽き」
「豚肉」の3種から挽肉の割合が選べます。

さらに、そこにお好みの具材を指定し、
焼き加減を選び、ソースを13種から選ぶことができます。

・・・っていうか、もう自分では選べないので、
幹事役のよーぜふさんにお任せ。

まずは、牛2度挽き&豚ベース、
基本の具材をいれて、和出汁のソースで。

鉄鍋でジュージュー熱々で登場。

ふむ、肉の素材感がしっかり感じられる

ジューシーなハンバーグです。


中勢以・13.JPG


そしてこちらが、肉肉しいハンバーグをと注文した
牛粗挽きベース。

デミグラスソースを選びました。


中勢以・14.JPG


中はご覧のとおり、ミディアム・レアー。

胃袋にガツンとくる味ですね。

熟成肉の力強い旨みが広がります。


中勢以・15.JPG


そして、その熟成肉の旨みに引き寄せられるように・・・

勢いで注文してしまったのが、こちら。

本日の熟成肉のステーキ(120g)
(¥3600)

ソースなし、塩&レモンにみ。

ちょっとお高めですが、そこは勢いに任せて。

でも、これぞナットクという美味さです。

噛みしめるほどに、熟成肉の芳醇な香りが
舌の上で踊ります。

うーむ、肉の奥行を感じますね。

というわけで、イートインとは思えない静寂の店内。

どこか隠れ家で過ごしているような雰囲気の中、

熟成肉の魅力を堪能しました。


で・・・、ここで締めにならないのが、オヤジぐるめ隊。


さあ、もう一軒、行くぞっ! ・・・と、つづく。



中勢以・16.JPG


サカナの中勢以 ( / 和食その他 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: