2012年06月19日

驚きのワインと料理のマリアージュ体験を「イル ポルトローネ」で

イルポルト・1.jpg



さて、おやじグルメ隊の恒例オフ会の二軒目は・・・

北千住の黄門さまことマルル一等兵さんに引率され、
お次は、どうやらイタリアンらしいようで・・・

マルルさんが指さす彼方をみると、

発見しました。

トラットリア バール「イル ポルトローネ」です。


イルポルト・2.jpg


看板のメニューが、こちら。

イタリアンバールと表記されているところをみると、

美味しいワインと料理がいただけそうです。

さっそく、入店。

店内はカウンター8席と
ワイン樽を利用した4人掛けのテーブル席。

もともとは立ち飲みだったそうですが、
現在は腰を落ち着けて飲めますね。

さて、まずはワイン選びですが・・・

マルルさんおススメの一杯が、こちら。


イルポルト・3.jpg


花ような香りや甘い果実の芳香、

そこに、土や葉の香りをはじめ、
複雑な味わいのハーモニーがある赤ワイン。

じつは、これ、ワイン発祥の地といわれる

グルジアのワインです。


イルポルト・4.jpg


その昔、クレオパトラにも愛されたというグルジアワイン

ネット情報によると・・・、

いまから5.000年以上前、
シルクロードの西の端、コーカサスの山から湧き出た
ミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種から
グルジアワインが生まれたとか。

グルジア原種のブドウは、サペラヴィ種、アレキサンドリ種など
他の国ではみられない固有種なんだそうです。

で、こちらの「ピロスマニ」は、
グルジアの有名な画家ピロスマニの名前で・・・

アラザニ産のサペラヴィ種を100%使用した、
やや甘口の赤ワイン。

グルジア固有種のブドウ、サペラヴィ種の
フルーティーな香りのフレッシュなワインなんですね。

グルジアワインは、初体験

美味しいです! (陶器のボトルもGOOD!)

で、この赤ワインに何を合わせようかということで・・・


イルポルト・5.jpg


トリッパ

軟らかく煮込まれたトリッパと

トマトソースがワインに合います。

ガッツリ、行っちゃいます。


イルポルト・6.jpg


ポルペッティーニのトマト煮

つまり、イタリア風肉団子ですが、

トリッパと同じトマトソースベースとはいえ、

しっかり差別化ができている味付け。


イルポルト・7.jpg


中を割ってみたら、こんな感じ。

スパイスがほどよく聞いた肉団子は
ワインの香りと溶け合って

さらに味わいを複雑に演出してくれます。


イルポルト・8.jpg


ここらで白をということで、

おすすめのスプマンテ

ベルルッキ・ブルットです。

発泡感が心地よく胃を刺激して・・・

さて、お次の料理は・・・?


イルポルト・9.jpg


帆立とジャガイモのジェノベーゼソテー

ジェノベーゼの香りが刺激的。

ほぼ同じサイズに切りそろえられた食材が

口の中ではんなり溶けていきます。

黄色いジャガイモは、インカのめざめ

独特の甘みがアクセントになっています。

紫色のほうは、シャドークイーンかな?


イルポルト・10.jpg


野菜のグラタン・ゴルゴンゾーラクリームソース

野菜はズッキーニですが、火の通し方が絶妙。

甘くホックリして、ゴルゴンゾーラの香り
食欲をさらに増進させますね。

スプマンテにも、よく合います!


イルポルト・11.jpg


そんな中、ふと目についたのが、こちらのワイン

エチケットに可愛い象さんがデザインされていて・・・

そう、こちらはタイ産ワイン

グランモンテの「ヘリテージシラー」。

タイワインも初めてでしたが・・・
ハーブ系の香りがあって、果実系の香りもある、

タイ料理のようにスパイシーな美味しいワインでした。

これも、ちょっと驚きのワイン体験です。

この赤ワインに合わせようということで・・・


イルポルト・12.jpg


土佐赤牛のたたき


脇に添えられているのは、

右がトリュフ塩、左が竹炭塩

赤牛の旨みを、これらの塩がぐーんと引き出していますが、

塩だけでもワインが進んじゃいますねぇ!

美味しい!

このままずっと食べ飲みしたい雰囲気ですが、

グルメ行脚のオフ会としては、

まだまだ次のお店がひかえています。


イルポルト・13.jpg


そんなわけで・・・、締めにお願いしたのが、こちら。

ピッツァ・マリナーラ・ビアンコ

アンチョビとチーズの塩味のピッツァ。

サッパリ系でいいですね。

で、デザート用のワインをということで・・・


イルポルト・14.jpg


ルーマニア産の貴腐ワイン

ブスヨアカ・デ・ボホティン

ハチミツの味わい、ほのかなアーモンド、
優雅なバラの香り

うーむ、はまっちゃいますねぇ!

で、さらに、よーぜふさんが何やら発見


イルポルト・15.jpg


カフェ・コレット

エスプレッソに少量のグラッパを加えたもの。

ふむ、美味しい。

食べ歩き2軒目にして、すでに大満足

どれくらい満足したかというと・・・

ほら、カフェの中にハートが見えるほど!

ちなみに、このお店の驚きワイン情報は、
これだけじゃありません。

窓辺に何気なくインテリア代わりに置かれている
ワインのボトルを手に取って観ると・・・

な、な、なんと!

ワイン通なら垂涎の的、あのシャトー・マルゴーや、
シャトー・ラトゥールじゃあ〜りませんか!?

いやいや、奥が深いお店です。

再訪は決定ですが、マルル黄門さまとの美食行脚はまだ途中


名残を惜しみつつ、次なるお店へと旅立つのでした。



イルポルト・16.jpg

トラットリア バー イル ポルトローネ ( 北千住 / イタリアン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらのお店は、今回はの北千住オフのダークホース的なお店でしたね。
自分は、ワインにはそれ程精通していないので、「いろんなワインがグラスでいただける」くらいにしか思っていなかったんですが。皆さん流石です。
3人家族でやっているアットホームなお店ですが、とても人気です。
じっくり貸し切って食べたいですね。
Posted by マルル一等兵 at 2012年06月23日 11:43
マルルさん

そう、まさにダークホースでした。
グルジアワインもタイワインも、ルーマニアのデザートワインも美味!
はまりそうです。
よーぜふさんもお気に入りのようなので、
オフオフ会を開きましょう!
Posted by ジェイジェイ at 2012年06月23日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: