2012年06月04日

醤油半熟味玉らー麺と別腹の杏仁豆腐の絶妙コンビを亀有「たいせい」で

たいせい・1.jpg



義母が亀有の病院から転院することになり・・・

亀有行脚の出来る日も少なくなってきたので

ちょいと気になるお店を急いで訪問しておこうと、

出かけてきたのが、こちら

」と見事な筆文字で大書されたラーメン店、

たいせい」さんです!


たいせい・2.jpg


店頭には和紙に手書きのメニューが。

こちらは、「醤油らー麺」がおススメのようです。

店内に入ると、すぐ左手が券売機。

人気ナンバーワンと書かれた
醤油半熟味玉らー麺」をチョイス。

チケットを渡してから、
ふと、思いついて別腹の「あれ」のチケットも購入。

カウンター内はご夫婦二人で営業されているようです。


たいせい・3.jpg


しばし待って登場、醤油半熟味玉らー麺です。

一杯ずつ、スープを鍋で温めるという作業があり、

ていねいにつくられたラーメン

これって香りと旨みを重視して、

あえて、一杯ずつ注文のたびに温めているんでしょうね。

では、さっそく!


たいせい・4.jpg


ふむ、スープは魚介系の香りが立っていますが、

醤油ラーメンにしては、ちょいと甘いかな?

もちろん、舌に重く感じる甘みではありませんが、

この甘みがスープのコクや旨みに
余分な化粧を施しているような気がして・・・

繊細な心遣いで調理されたラーメンだとは分りますが、

私にはその甘さが食べ終わるまで気になりました。


たいせい・5.jpg


で・・・丸ごと入った半熟味玉を割ってみると・・・

中は半熟とろ〜り。

黄身の中まで味が染みとおって美味しい。

ですが、この味玉も、やっぱり甘い

スープを甘めで行くなら、
味玉は辛めにしたほうが、変化が楽しめるのでは?

そのバランスがほしいように思いました。


たいせい・6.jpg


食後には口直しにウーロン茶

絶妙のタイミングでサービスされました。
ルイボスティーの時もあるようです)

で、追加でお願いした別腹の「あれ」も登場。

そう、自家製の杏仁豆腐です。

私、じつは甘いのは嫌いじゃないんです。

食後には、なにか甘味がほしくなるタイプ。
だからこそ、ラーメンは甘さ控えめでいてほしい・・・。

この杏仁豆腐、出される直前に目の前で
レモンの皮をキュッとしぼって香りを添えてくれるサービス。

ラーメン屋さんで初めてお目にかかる心憎い演出ですね。

で、「お好みでどうぞ」とシロップが添えられました。


たいせい・7.jpg


シロップなしでも十分に美味しい杏仁豆腐

とろ〜りと、杏仁の香りの二重奏が広がります。

ほのかに香るレモンもいい感じです。

もう一品、餃子も試してみたかったのですが、
ランチタイムは提供されていないようで、残念

次回はディナータイムに訪問して
塩らー麺や餃子、塩しめのお茶漬けごはんを狙いたいな。

今回の訪問では、スープの甘さが気になりましたが、

ご主人は、あの「ちゃぶ屋」で修業されたとか。


洗練された凛としたラーメンがそれを物語っています。


たいせい・8.jpg

麺 たいせい ( 亀有 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: