2012年05月28日

皐月の風情を盛りこんだ季節感を銀座「懐石 川端」で味わう

川端・1.jpg




娘夫婦と一緒に食事をすることになって・・・

我が奥さんが予約をしてくれたお店が、
こちら、懐石料理の「川端」。

銀座スワロフスキーのお向かいのビルの2階。


川端・2.jpg


ビルとはいえ、入り口はこんな佇まい

銀座の中央通り沿いにありますが・・・、

数寄屋造りの店内で本格懐石料理をいただける、

別世界のような空間です。


川端・3.jpg


皐月のコースから、まずは、先付

新キャベツ寄せと蟹と新じゅんさい

振り柚子の風味と出汁の旨みが
いいスタートを切りました。

それぞれの素材の味を、滋味豊かにまとめあげています。
 

川端・4.jpg


前八寸は・・・

皐月の季節にちなんで、菖蒲の葉が飾られ、

粽小鯛寿し、天豆チーズ
ほたるイカ田楽、こしあぶら田楽。
床節ゼリー寄せ。

そして、矢羽に見立てた海老キャビアと、
的は、フォアグラパン

ドライアイスのスモークがお盆に流れる演出があって、
つかみはOKという感じですね。

それぞれが、しっかり仕事のしてあるお味です。


川端・5.jpg


お椀は、アイナメの揚げ物に筍

長めに切って添えられた緑と橙と白の野菜は、
鯉のぼりの吹き流しに見立てられています。

こういうところが、日本料理の細やかさですね。


川端・6.jpg


お造りは、氷逆富士仕立て
鮪と鯛

で、食べ終わったあとのお皿を見ると・・・


川端・7.jpg


「五月晴れ 湖畔のすその 逆さ富士」

この句で詠まれたとおり、
氷でつくった富士が逆さ富士で映っています。

芸が細かい!

 (でも、なんでこの画像だけ横向き? 直し方分からず、すみません)


川端・8.jpg


焼物は、鱸の柏焼き

酢取り茗荷花豆が彩りで。

この柏の葉を開いてみると・・・


川端・9.jpg


薄いお餅に鱸と卵のあんかけ風が隠れていました。

うーん、皐月の風情が薫ります。


川端・10.jpg


焚合せは、水晶茄子と豚角煮
茗荷あんに生姜と葱が添えられています。

お出汁も上品でほかの食材を活かしています。


川端・11.jpg


揚げ物は、馬鈴薯餅、青唐、海老かすみ揚
左下は、お蕎麦を筏に組んで揚げたもの。

手が込んでいます。


川端・12.jpg


ここで、ちょっと傍らに目をやると・・・

骨董と思しき置時計

高さは20〜25センチほどのものですが、
ちゃんと三十分おきに鐘を鳴らします。

女将さんのお話によると、
ペリー来航の頃のものだとか。

ほとんど手直しをせずに、女将さん自らネジを巻き、

ちゃんと現役で時を刻んでいるそうです。


川端・13.jpg


さて、コースが終わりに近づいて、

お食事は、トマト御飯と青のりと豆腐の味噌汁

写真では色は出ていませんが、
トマトご飯はうっすらトマト色

これも意外な美味しさで、トマトの風味

ふんわりと薫ってきました。


川端・14.jpg


水菓子と甘味は、バナナ、苺、ムース
ねり切り、クッキー。

それぞれの食感の違いも楽しみました。


川端・15.jpg


締めの、お抹茶

これぞ懐石の心意気というお料理の数々を

じっくり堪能しました。

舌で味わうだけでなく、
目でも楽しめる演出と心配り

娘夫婦とともに過ごした極上の時間


ここは、私たちのとっておきのお店になりそうです。



川端・16.jpg


懐石 川端 ( 新橋 / 懐石料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: