2012年04月25日

想い出の餃子との感動の再会は「河童軒」で実現するのか?

河童軒・1.jpg



餃子フリークとして、その原点といえるのが・・・

かつて高田馬場駅の目の前、
稲門ビルの地下一階というか半地下あたりにあった

河童軒」の餃子。

30年以上も前に通ったお店だが、
当時は珍しかった「羽根つき餃子」を出してくれた。

ところが、ふと気づいたら経営者が変わり、
味が変わったな・・・と思っているうちに、

お店そのものが消滅してしまった。

うーん、あの餃子が食べたいなぁ、
と密かに願っていたら・・・

偶然ですが、仕事で出かけた上中里駅近くに
河童軒」というお店があることを発見!

さっそくネット検索でお店のホームページ情報を見ると、

なんと、「昭和58年、高田馬場の河童軒よりのれん分け
豊富なオリジナルメニューは いまだ健在です!!」

・・・と書いてあるではないですか!

なんとまあ、お懐かしや!
やっと想い出の味に再会できるかも。

これは、行くっきゃないでしょう。


・・・と、期待に胃をふくらませて、出かけました!


河童軒・2.jpg


注文は定番のラーメン&餃子

シンプルに、かつ基本に忠実に。
いったい、どんなラーメン&餃子が供されるのか。

初恋の君に再会するような想いで、
へんにドキドキしちゃいます。

ラーメンは、いまどき380円と激安。

餃子も、380円(5個)。

ということは・・・、
餃子もラーメンと同じくらいにリキが入っている?

期待していいのかな?


河童軒・3.jpg


ラーメンのトッピングに、
「河童の卵」をオプションで注文。

この卵の正体はというと・・・?


河童軒・5.jpg



こんな感じ。

茹で卵に味付けして揚げたようで、
でも、中はまだとろ〜りの半熟状態

これ、けっこう行けます。


河童軒・4.jpg


さて、さて、まずはラーメン

魚介系を感じるあっさり目のスープ。

これが、かつての河童軒かといわれると、
うーん、記憶が曖昧で、すでに消えかかっています。

でも、お値段を考えると、
健闘しているような気も・・・。

これって、懐かしいあまりの、ひいき目かな?


河童軒・6.jpg


で、これですよ、これ!

今回の本命は、こちらの餃子

これに再会したくて、幾千里
餃子に恋して旅を続けてきたわけですから。

見た目は、かつての河童軒の面影を漂わせています。

うむ。

心して食せねば・・・。


河童軒・7.jpg


羽根の部分は控えめですが・・・、

ちりちり、かりかりの感じは出ています。

大きさも形も、想い出の餃子と似てはいますが
ただし、かつての河童軒そのものではない

かつては餃子がもっと緊密に肌を寄せ合い、
仲間同士が団結を守るように一直線に並び、

羽根をまとって飛び立とうとするかのような雄姿を見せていた。

違うのは、当然といえば、当然ですが・・・

このへん、やはり、時の流れを感じますね。


河童軒・8.jpg


で、問題は、味です!

思い切って、一口

中味の形状は、想い出の中の餃子に近い。

味も野菜の旨みが十分に引き出されていて
グッド!

かつての河童軒も肉々しい餃子ではなく、
野菜餃子のような味と食感だった。

皮のもっちり感も似ています。

ああ、これって、昔を知っている人間にしか
理解できない味と想い出なんだろうなぁ!

お店のご主人のお話によると、高田馬場の河童軒の名は、
何人かの有志によって暖簾分けされているとか。

たとえ、昔の味そのものを再現できなくても、
かつての河童軒の味とメニューは伝承しようとされている。

そのことに、満足すべきでしょう。


想い出の味は想い出の中にそっと秘めておきます。



河童軒・9.jpg

河童軒 ( 西ケ原 / ラーメン全般 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: