2011年11月09日

職人技の光るナットクの洋食「れすとらん岬」は、まさに青春の味

岬・1
(よーぜふさん撮影)


東小金井オフ会で「ホク ノホ アウプニ」のあと向かったのは・・・

こちら、「れすとらん岬」さん。

じつは、この日お店は仕込みのため休業

にもかかわらず、よーぜふさんの仕切りで
特別に私たちのために料理を提供していただくことに。

二代目シェフとお母さんが迎えてくれました。


感謝です!


なので外観写真は、よーぜふさんの別撮り

ということで、お店は閉まっているので、
私たちは裏口からお邪魔しました。


岬・2


出していただくお料理は事前に注文済みですが、
人気の「あ・ら・かると」メニュー。

洋食の定番がずらりと揃い踏みです。

お店に入って最初に驚いたのは、
ピカピカに磨き上げられた厨房の清潔さ、美しさ!

これこそ料理に懸ける料理人の心意気

これだけ見ても、料理のレベルが分かります。


岬・3

岬・4


一品目は、メンチカレー(サラダ付き)650円。

大盛りサイズかと思うほどのボリューム。

「ホク ノホ アウプニ」につづいて最初にカレーを選んだのは
よーぜふ幹事の企みがあってのことでしょう。 

このカレーは小麦粉を炒めてルーをつくるところから始める
まさに洋食の王道をいくカレー。

インドカレーともタイカレーとも違う
日本の洋食の味。

メンチもふっくら仕上がっていて、
肉の旨みがしっかり伝わります。

じつは、カレーの隠し味には赤ワインや、
なんとコーヒーを使っているとか。

しかも、キリマンジェロコーヒー限定。

初代の親父さんが気にいって、
この銘柄に決めたんだそうです。

ちなみに、ランチメニューには、
そのキリマンジェロコーヒーが付いています。

そして、サラダもキャベツたっぷりですが、
作り置きではなく、キャベツは切りたて

シャッキリ感とキャベツの味わいが違います。

このへんも、シェフのこだわりですね。


岬・5


こちらは、ポークシャリアンステーキ 650円。

通常はライス付きですが、
私たちはこの後も食べ歩きの予定があるので、パス

写真でもお分かりと思いますが、
肉はしっかり吟味されたもの。

老舗「紅花」でシェフをされていた
初代の親父さんは、肉質が気にいらないと返品し、

「高くてもいいからいいものを持ってこい」と注文するとか。

職人気質のこだわりが、さすが。
その心意気は二代目シェフにも、しっかり受け継がれています。

シャリアンはシャリアピン風ということでしょうが、
じつはタマネギ不使用

長ねぎをトロミの出るまで練り上げ、
ニンニク、赤ワイン、砂糖、醬油などで仕上げたもの。

これが、また美味いんだなぁ!

このソースサラダやライスと混ぜ合せて食べるのが
常連さんたちのやり方だそうです。

ふむ・・・、至福の味わい。


岬・6

岬・7


お店の一番人気という、C コンビ。
ハンバーグベーキライス・サラダ650円。

こちらもボリューム満点のハンバーグ。

手間暇かけた渾身のデミソースです。

ベーキライスはベークドライスのことですが、
こちらもタダの焼き飯ではありません。

パエリアのようにオーブンで炊き上げたライスを
料理の提供直前に玉子を加えて炒飯風にフライパンで煽る。

パラパラ感のあるライスは程よい噛みごたえが残って
美味しい

こちらのサラダには、コーンがトッピングされています。


岬・8


じつは、こちらはメニューにない裏メニュー

常連さんだけが味わえるという
ハンバーグシャリアンベーキライス

通常のデミソースシャリアンソースに替えたもの。

こちらもまた、絶品です。

シェフとお母さんのお話によると、
学生時代に、このお店のC コンビを食べていた人が

いまだに懐かしがって食べに来るとか。

職人技と心意気がじんわりにしみる・・・


「れすとらん岬」は、郷愁と青春を感じさせる味ですね。



岬・9.jpg

れすとらん岬 ( 東小金井 / 洋食 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif







ダイエットクリニック


■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: