2011年09月29日

パキスタン・パンジャブの家庭料理カリーを「サリサリ」で初体験

サリサリ・1


東横線・白楽の駅近くで打ち合わせがあったので・・・

ランチ
をどこで食べようかと調べたところ、
パキスタン料理のお店があるのを発見

カリーのお店「サリサリ」です。

20年以上も前にパキスタンに行ったのを想い出して
急に懐かしくなりました。

お店の前に立つと・・・
果ての果てまで行ってみないか
これが現地の味」と大書してあります。

行きましょう、果ての果てまで!
( でも、どれだけ辛いのか不安・・・)

ちなみに、お店の前の立看板には・・・


サリサリ・2


ふーむ、ますます期待が高まるというか、

不安が高まるというか・・・

で、看板の反対側に回って見ると、


サリサリ・3


一部の人はどう理解できるのか、

疑問符が次から次へとハリケーンのように押し寄せ、

思わず足がすくんでしまいましたが、

勇気をかき集め、奮い起し、背中を押してもらって、まずは入店


サリサリ・4


テーブルの上のナプキンには、こんな文句が。

ふーむ、名文句・・・かな?

で、注文ですが、何も考える必要はありません。

なぜかといえば・・・


サリサリ・5


というわけで、メニューはこれだけ

黙って座れば、カリーが出てくるというシステム

個性的なマスターパキスタン談義を交わしながら

しばし待って、来ました!


サリサリ・6


パキスタンチキンカリーとサラダ

チキンは骨から身が離れ、

コンビーフ状に柔らかく煮込まれています。

お話によると、調味料は塩だけ。
旨味は鶏肉から、甘味はニンジンから、酸味はトマトから。

シンプルですが、素材の深い味が活かされているそうです。


サリサリ・7


一口食べると・・・

む? 

そんなに辛くない

むしろスパイシーで香りが芳醇なカリーです。

チキンもほろりととろけます。

じつはこのカリー、パキスタン・パンジャブ地方
家庭カリーのレシピをマスターが忠実に再現したものとか。

うーむ、これが果ての果ての味なのか?


サリサリ・8


サラダはキャベツ、玉葱、キクラゲ、春雨、

ブラックペッパーがトッピングされて、
コールスロー風の味つけですね。

カリーのお供にぴったり。

なるほど、カリーもサラダも、

でもなくでもないのに・・・」

 なぜか忘れられない味です。


サリサリ・9


スリーコースセットの締めは、こちら。

チャイです。

そういえば、パキスタンではカリーもチャイ
毎日のように食べたり飲んだり・・・

教科書で学んだモヘンジョダロの遺跡を訪れたり、
カラチの海でカニ釣りもしたなあ・・・と、

かつて旅した街の風景に想いを馳せながら、


「白楽の極楽」を夢見心地で味わったのでした!



サリサリ・10.jpg


サリサリ ( 東白楽 / パキスタン料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif






ダイエットクリニック


■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: