2011年07月26日

嵐山・天龍寺の雲龍図を見てから「豆本舗 藤乃家」で名物・とろ湯葉丼

嵐山・1


雨模様でしたが、白鷺の舞う渡月橋を渡って・・・

桂川
のせせらぎを聴き、嵐山気分を味わいながら、

娘が「一度見せたいから」とすすめてくれた

迫力ある雲龍図を拝観するために天龍寺へ。


嵐山・2


天龍寺は「古都京都の文化財」のひとつとして
世界遺産に登録されているお寺です。

で、その門をくぐってしばらく歩くと・・・

こんな「絶景」が出迎えてくれました。


嵐山・3


目の前には、一面の蓮池

折からの雨で、蓮の葉の上には水玉が、
きらきら、ふるふると生き物のように動き回っています。

ふーむ・・・これは雨の日だからこそ見られる光景。

蓮華と水玉の美しさに、しばし感動しながら、
家族そろって佇んでいました。

仏教では泥水の中から生じて清浄な美しい花を咲かせる姿が
仏の智慧や慈悲の象徴とされるんですが・・・

その理由が納得できたような気がします。
(ただし、仏教でいう蓮は本来は睡蓮のことですが)


嵐山・4


で・・・、まずは特別公開中だった
法堂の天井に描かれた雲龍図を拝観!

ここは写真撮影が禁止なので、
全体図をご覧になりたい方は・・・、

下記の「臨済禅 黄檗禅 公式サイト」へどうぞ。
http://www.rinnou.net/exhibition/ex_06.html#10天龍寺


平成9年(1997)、法堂天井に日本画家・加山又造画伯による
八方睨みの「雲龍図」が描かれています。


嵐山・5


開山夢窓疎石の作庭になる廻遊式庭園

池の前庭には州浜形の汀や島を配し、
嵐山や亀山を借景として取り入れています。

白砂と緑のコントラストが鮮やか。

で・・・鮮やかな緑といえば、こちら。


嵐山・6


天龍寺の北門を出たところに、
滴るような緑の竹林の小道がつづいています。

雨に洗われて、
いっそうが濃くなったよう・・・。

この散歩道、テレビのドラマやCMに
よく登場してくるような気がします。

などと考えていたら・・・


嵐山・7


ばったり出会った舞子さん

撮影許可をいただいて、カシャ!

やっぱり竹林の小道に似会いますね。

というわけで、ブラブラ散歩を愉しみながら
嵐電の駅近くまでやってきて、ランチタイム

ガイドブックで美味しそうだったお店です。


藤乃家・1


こちらの2階がお目当てのお店、

豆本舗 藤乃家」さん。


藤乃家・2


ランチのメニューを確認し、

右手にある階段を昇って・・・


藤乃家・3


とろ湯葉丼と刻み京あげうどん付きセット
(1180円)


藤乃家・4


この湯葉丼が、とろとろで、
出汁のきいた餡とからめて食べると、

うーむ、美味しい!

添えられた三つ葉と白ゴマの風味も活きていて、

ワサビのぴりり、もきいています。


藤乃家・5


こちら、京あげのうどん

あげは外側がカリッとして、
なかがしっとり、ふんわり。

出汁の感じは、大阪と名古屋の中間・・・
といった塩梅かな。

つるり、つるつる、と食べながら、

さて、つぎはどこへ行こうかと家族会議

雲龍図つながりで、あのお寺にも行きたいし、
ユネスコの世界文化遺産であるあのお城にも・・・

京都の台所でもある、あの市場にも・・・

うーむ!

ガイドブックを穴のあくほど見つめ、
アクセス時間を計算し、

よかろう!

ぜんぶまとめて、行ってしまおう!
という結論に。


まずは嵐電に乗りこんで、いざ出発です!



藤乃家・6.JPG


豆本舗 藤乃家 ( 嵐山(京福) / 湯葉 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif








■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】







posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: