2011年07月02日

自家製粉・石臼挽きの蕎麦を「蕎麦居酒屋 木楽」で味わう

木楽・1


初心者ながら自分で蕎麦を打つようになってから・・・

街の蕎麦屋さん
に入る機会が減ってしまったのですが、

義母のお見舞いに行ったときに見つけたのが

6月に開店したばかりの「蕎麦居酒屋 木楽(きらく)」。


木楽・2


メニューを眺めているうちに、

やっぱり気になって、義母の車椅子を押して入店。

お昼時だったので、美味しそうな日本酒には

あえてをつぶりました。


木楽・2−2


店頭には、電動の石臼
この日稼働中で、美味しそうな蕎麦粉が挽かれていました。

店長さんとおぼしき若い男性のお話によると、
蕎麦はメインに霧下蕎麦を使用。

あとは、その時々の美味しい蕎麦粉を使うようにしているとか。

ちなみに霧下蕎麦とは、昼夜の気温差が激しく、
霧の発生する場所で獲れた蕎麦のこと。

こうしたな条件で育った蕎麦は、実が締まって、
蛋白質やグルテンに富んだ美味い蕎麦になるんだそうで・・・

たとえば、信州の戸隠

標高1000mあたりの火山灰地帯にある蕎麦畑は、
夏でも冷涼で日照時間が短く、霧に覆われた状態になるとか。

ウンチクはともかく、

何にしようか悩んだすえ・・・


木楽・3


天せいろ(1280円)です。

鴨せいろにも惹かれましたが、
天ぷら気分にそそられたので・・・。

まずはお試し、というチョイスです。


木楽・4


これが普通盛りですが、
ほかのお店よりは盛りがいいようですね。

細目のきりっとした上品なお蕎麦

喉ごしもいい感じ。

蕎麦の香りも立っています。


木楽・5


蕎麦つゆは、鰹の風味がきいた薄味

わたしが作るのは江戸前辛目の蕎麦つゆなので、
ちょっと意外な感じもしましたが、

このまま蕎麦湯なしでも飲めるぐらいで、
天つゆにも、このまま使います。


木楽・6


天ぷらは、海老が2本、
茄子、南瓜、獅子唐。

さっくり揚がっています。


木楽・7


合鴨のスモーク(600円)

ちょっと物足りない感じもあったので、

隣の人が美味しそうに食べているのを見て、
すかさず注文

色合いもよく、
スモーク感も軽めに仕上がっていて美味しい

鴨が美味しいとなると・・・

やはり次回は鴨せいろに決まり。


期待が持てそうな新進のお蕎麦屋さんです。



木楽・8.jpg


蕎麦居酒屋 木楽 ( 亀有 / そば )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】







posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: