2010年07月11日

龍馬伝に想いを馳せながら「旧岩崎邸庭園」で抹茶ぜんざいを味わう

岩崎・洋館.jpg


大河ドラマ『龍馬伝』に影響されて……

というわけでもないのですが、
台東区池之端にある旧岩崎邸庭園に行ってきました。

テレビを観ている方はご存じでしょうが、
ドラマは維新の風雲児・坂本龍馬の生涯を、

同じ土佐出身で幕末屈指の経済人であった
岩崎弥太郎の視点から描いたオリジナル作品。

弥太郎は長崎で龍馬の「海援隊」の活動を金銭面で支え、
巨大商社を一代で築き上げた立志伝中の人物です。

この旧岩崎邸は、その弥太郎の長男・岩崎久弥
明治二十九年に建てた日本の近代建築を代表する邸宅。


岩崎・庭園.jpg


竣工当時は、一万五千坪の広大な敷地に
二十棟以上の建物があったそうです。

現在は木造二階建ての洋館と書院造りを基調とした和館
スイスの山小屋風の撞球室の三棟を残すのみ。

明治期を代表する近代建築として有名で、
この洋館の設計は、英国人のジョサイア・コンドルです。


岩崎・客室.jpg


こちらは洋館1階の客室

天井はシルクのペルシャ刺繍の布張り。

洋館部分には客室、集会場、食堂、書斎などがあり、
外国人や賓客を招いたパーティーに使用されたとか。


岩崎・タイル.jpg


ミントンのタイルで装飾された1階ベランダ。

このベランダからは、広大な庭園を眺められます。

そして、洋館に併設されているのは……


岩崎・日本間.jpg


書院造りを基調とした和風建築

こちらは、迎賓館の洋館に対して日常生活の場

竣工当時は建坪五百五十坪におよび、
洋館を遙かにしのぐ規模でしたが……

現存するのは大広間、次の間、三の間、茶室のみ。


岩崎・和館.jpg


モッコクの大木が茂る日本庭園から和館をパチリ。

ちなみに『龍馬伝』が始まった一月から
入園者の数はふだんの三〜四割増し。

五月は一か月間で五万人を超えたそうです。

歩きまわって疲れたので、
このへんでティータイム


岩崎・茶室.jpg


和館にある喫茶室で、

抹茶ぜんざい(500円)をいただくことに。


岩崎・抹茶.jpg



抹茶の香りと、甘さ控えめの小豆
中にはもちっとした白玉が隠れています。

明治期の堂々たる和風建築でいただくと、
ふと、タイムスリップしたような気分に……


龍馬や弥太郎にあやかりたいものです!


岩崎・外観.jpg


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: