2010年05月06日

懐石料理のフルコースを「くつろぎの宿・塩山荘」で堪能・パート1

塩山・桃の花.jpg


先日、桃の花の季節の終わりに……

滑り込みセーフという感じで、
友人たちと山梨県甲府市・塩山へドライブ旅行に。


今回は美味しい懐石料理と露天風呂が目当てです。


塩山・塩山荘.jpg


ここ塩山荘は、高アルカリ性(ph10.1)で湯温は42度前後。
露天風呂からは遠方に雪の南アルプス連峰が……

のんびりして、そのまま眠ってしまいそうな
気持ちのいい露天風呂です。

でも、ここでの超おススメは、

料理長の腕が冴えわたる懐石料理


まずは、地酒で乾杯。

純米吟醸「與五右衛門」です。


塩山・純米酒.jpg


富士山雪解け伏流水で醸されたお酒とか。
香りがよく、しっかりした旨みがあります。

そのお酒にぴったりの先付けから

懐石料理のコースがスタート。


塩山・先付.jpg


馬鈴薯の若草寄せ、生雲丹、枝豆。

京料理の伝統を受け継ぐ
丁寧な仕事と味付けです。


ここ塩山荘は、いわゆる保養所なのですが、
一般の旅館にありがちなように、

テーブルに全部並べられるというスタイルではなく

料亭のように一品ずつ運ばれてきます。

まずは、お造り


塩山・お造り.jpg


中トロをはじめ、甘エビ、蛸、カンパチなど五点盛り。

左下の「つま」はカボチャの千切りでした。


つづいては、台の物


塩山・牛筋.jpg


固形燃料で「湯煎」されて出てきたのが
牛筋の煮込みです。

直火ではなく湯煎というところが
憎い演出ですね。

そして、お酒がすすむ中、

煮物椀が運ばれてきます。


塩山・煮物椀.jpg


磯の香りの薄葛仕立て

帆立の寄せ物に空豆、筍、生海苔、
あやめ独活、木の芽が添えられています。

これも薄味上品に仕上がっています。

独活のほろ苦さもアクセントです。


さて、ここで目の前に置かれたお品書きを見ると
ここまでは、まだまだイントロダクション


このつぎに前菜が来ることになっているのですが……

料理茶屋「楽縁亭」での懐石コースのつづきは、


また明日をお楽しみに!


塩山・看板.jpg


人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: