2010年01月25日

三鷹の森ジブリ美術館へ武蔵野散歩を楽しみながら……

ジブリ・ロボット.jpg


これは宮崎駿さんのアニメでおなじみの……

「天空の城ラピュタ」に登場する
ロボット兵です。


先日、雑誌の取材で出掛けたのが、
三鷹にある「三鷹の森ジブリ美術館」。


その美術館の屋上に立っているのは、
ジブリ美術館の守り神でもあるロボット兵


ただし一般入場者の場合、基本的に館外はOKですが
館内は撮影禁止


取材カメラマンはあちこち撮影できますが、
せめて雰囲気だけでも……。

というわけで、武蔵野散歩を楽しみながら
美術館までご案内しましょう。

まずは、三鷹駅に到着すると、
美術館行きのバスが駅前ロータリーに。


ジブリ・バス.jpg


ネコバスではないようです……

足腰を鍛えるためにバスには乗らず、
玉川上水沿いの小道を歩いて行くことにしました。


ジブリ・散歩道.jpg


道の左側に玉川上水が流れています。

玉川上水といえば、かの太宰治
愛人とともに入水した場所として有名ですが、

途中に記念碑が設けられていて
玉川上水の水辺にたたずむ太宰の写真が刻まれていました。


ジブリ・太宰.jpg


溺死するほどの大きな川ではないようですが、
当時は急流川幅も広いところがあったそうです。

そして、さらに歩を進めると、
こんな案内板が……。


ジブリ・看板.jpg


あと300メートル。

駅から歩いて、15分ほどで美術館に到着。
晴れた日ならバスより散歩をおススメします。


ジブリ・受付.jpg


ここが受付
トトロが迎えてくれます。


ジブリ・トトロ.jpg


と思ったのですが、
じつは、ここは「ニセの受付」

トトロの案内にしたがって、
さらに遊歩道を歩いて行くと……


こちらが、本当の受付のある
美術館の正面です。


ジブリ・外観.jpg


このへんから、アニメの世界の迷宮が始まっていて、
館内に入ったとたん、大人も子供も、

ジブリの魔法にかかってしまうこと請け合いです。


現在、ジブリ美術館の企画展示室では、
「崖の上のポニョ展 ―エンピツで映画をつくる―」が開催中。


部屋の真ん中を占領している原画の数は十五万八十四枚
動画の全量は十七万六百五十三枚

その量は『千と千尋の神隠し』の一・五倍に達するとか。


そして、館内で子どもたちに大人気なのが「ネコバス」。

映画に登場するネコバスのふわふわ感や、
ボヨーンとした柔らかな感触を小さめのサイズで再現したもの。

巨大なぬいぐるみ
という感じですが……
ただし残念ながら、乗車できるのは小学生以下限定です。


この美術館のコンセプトは、
迷子になろうよ、いっしょに」。


宮崎アニメのキャラクターたちに囲まれて
まさに迷子になってしまいそうな美術館めぐり


充実した時間を過ごして表に出たとき……


宮崎アニメにもこっそり登場するかもしれない、

こんなキャラクターに出会いました。


ジブリ・猫.jpg


人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif


「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



ブログランキング ブログセンター








■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
最後の猫、ネコバスかもしれないですね!?
Posted by 竜眼寺文蔵 at 2010年04月18日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: