2009年09月28日

『旬の味 あんどう 神田店』で、蕎麦塾の生粉打ち修行の反省会

水回し.jpg


リベンジ、というつもり。


先日、蕎麦塾生粉打ち(十割蕎麦)に
再挑戦してきました。


以前、同じように粗挽き粉での
生粉打ちに挑戦したのだけれど、


む、無念!


というわけで……
今回は、そのリベンジの決意も固く再挑戦

今回のテーマは『生粉打ちを学ぶ』


サブテーマとして『蕎麦粉の味の変化を探る』と称し、

製粉後の日数による味の劣化や、
製粉方法による味の違いを食べ比べする。


まずは、生粉打ちの水回しからスタートし、
丸出し、角出し、本延し、切りへと進む。


本延し.jpg

切り.jpg


で、今回のテーマとサブテーマの蕎麦の食べ比べ


でも、このあたりになるとお腹が空いていて
味を確かめるより、食べるのに必死


食べ比べ.jpg


すでに心は、蕎麦打ちが終わったあとの
反省会と称する飲み会のほうに……。


さて、その反省会は
『旬の味 あんどう 神田店』にて。


まずはビールで乾杯。


ジェイジェイは、日本酒に切り替えて
宮城の地酒「日高見」を一杯。


日高見.jpg


飲み放題で、日本酒は「日高見」「浦霞」、ときに「田酒」、
焼酎は、「佐藤」や「富乃宝山」「魔王」が。


なんというコストパフォーマンスのよさ!
ちなみに、込みで3500円。(2時間)


蕎麦打ちの話題で盛り上がる中、

テーブルにはお刺身の盛り合わせと、
鯖の一夜干しの焼き物が並ぶ。


刺身盛合せ.jpg

焼き鯖.jpg


このあと、
油琳鶏(ユーリンチー)鶏肉の香味甘酢ソースがけ。
穴子の昆布巻き吸物椀


鶏の唐揚げ.jpg

穴子昆布巻きの吸物椀.jpg


いずれも、しっかり仕事がしてあって
基本が守られた味が伝わる。

椀物は和食の技と出汁が活きていた。


で、最後のシメに出てきたのが、
冷やし汁蕎麦


冷やし汁蕎麦.jpg


たぶん、我々が蕎麦塾のメンバーとは知らず
蕎麦のメニューを出して来たんだろうけど、

勝負! という気配も感じる。


蕎麦は、もちろん生粉ではなく、
二八でもなく、たぶん三七あたり。


でも、出汁の味がしっかりしていて、
なかなか、いける。


というわけで、


蕎麦に始まり蕎麦に終わった一日でした。





ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: