2009年09月07日

香菜の香りに惹かれてベトナム料理「バインセオ サイゴン」

バインセオサイゴン.jpg


食いしん坊の悲しい性かもしれないけど、
バイキング、という言葉に弱いのは、なぜ?

というわけで、足は吸い寄せられるように
新宿のベトナム料理「バインセオ サイゴン」新宿店へ。

ここのランチバイキングは、
鶏の照り焼き定食やベトナム風ナシゴレン、
豚の角煮丼、ベトナム・チキンカレー、
ベトナム海鮮粥、お好み焼き「バインセオ」

といったメインから一品選び、
あとは、生春巻などのベトナムサラダバーと
フォーが食べ放題で、デザート、ドリンクもフリー。

お値段は、平日980円、土日祝1280円で
土日祝は、デザートの内容がバージョンアップ!

メインを迷った末、ここは店名にもなっている
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)をチョイス。


バインセオ.jpg


ボリューム満点で、中身に豚肉と海老、
もやし、玉ねぎの炒めたものが入っている。
ちなみに黄色いのは卵ではなく、ターメリックの色。

適当な大きさに切り分け、
サニーレタスにキュウリや大葉と一緒に包んで
ニョクマムベースのタレ「ヌクチャム」につけて食べる。


美味い!


バイキングのテーブルからは
いろいろトレイに載せてきました。
(食いしん坊というより、嫌しん坊


食放題トレイ.jpg


奥のほうの小皿が
青いパパイヤのサラダ。
春雨サラダ。
手前が、生春巻き。
(小さかったので2つも!)

生野菜のバーニャカウダ。
デザート3種。
(フルーツゼリー、コーヒーゼリー、タピオカココナッツ)
左奥は、冷たい蓮茶


そして、鶏肉のフォー。
(香菜パクチーの香りが最高!)


鶏肉のフォー.jpg


あっという間に食べつくし、
デザートのタピオカココナッツをお代わりし、
ベトナムコーヒーでしめる。

ベトナムはかつてのフランス領であった歴史から
コーヒーもフレンチローストの深煎り。
フレンチロースト好きにはたまらない。


じつはベトナムのコーヒーの輸出量は世界第2位
世界でも有数のコーヒー国なのだ。


ベトナムコーヒー.jpg

コーヒー.jpg


アルミのフィルターでコーヒーを落とし、
下のコップの中にはコンデンスミルクが入っている。
これが、ベトナム風


うーん、ベトナムの香り。


サイゴンの風景などを思い出しながら、
もう少しで仕事の時間を忘れそうでした。


パパイヤ.jpg

(青いパパイヤ)


ブログ順位はこちらをポチッと!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村












posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ベトナム料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: