2009年06月30日

いも・たこ・なんきんでスイーツな気分

大学芋.jpg


俗に、いも・たこ・なんきんという。
女性が好きなものの代名詞だけれど、
いも・たこ・なんきん、が好きなのは
女性だけじゃない。

四谷に「蜜がけ大学芋」の専門店
四谷十三里屋」がオープンした。
これはもう、行くっきゃない。

御存じのように「十三里」というのは
栗(九里)より(四里)うまい」という洒落で
九里+四里=十三里となる。

このお店では、芋の甘さを活かすために
全国各地の直営・契約農園で収穫され、
貯蔵熟成されたさまざまな品種のさつま芋を使用。

素材そのものの甘さや美味しさを引き出すように
ほっこり揚げられ、とろ〜りと蜜がかかっている。

さっそく出かけて行って、

茨城県なめがた産「紅こがね」の拍子切り。
宮崎・鹿児島県産「霧島紅甘露」の輪切り。
鹿児島県揖宿産・紫芋「スイートアメジスト」拍子切り。
鹿児島県種子島産「安納芋」拍子切り。

4種類をゲット。
(ただし、お試しの小サイズ)

先着100名には「ミニ焼き芋」をプレゼント。
というので楽しみしていたら、なんと、
とろりと甘い「安納芋」の焼き芋だった!
(ラッキー!)

店頭では蜜がけの大学芋だけでなく
種子島産の「安納黄金」や
種子島産の「あけぼの紫」、
茨城県産の「紅こがね」の焼き芋も売っている。

いも・たこ・なんきん好きとしては
気になるお店が増えてしまった。

ジェイジェイ的には、
十三里より、十五里くらい行ってるかな?


十三里屋.jpg


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: