2009年06月17日

あの名探偵の味?コナン料理初体験・その1

よだれ鶏.jpg


コナン料理を食べに行ってきました。
コナンといっても、あの名探偵コナンの手料理じゃない。
中国八大料理のひとつ「湖南料理」なのだ。

その名のとおり、中国湖南省の料理で
あの毛沢東が愛した故郷の味といわれている。
お店は新宿にある「湖南菜館」。

説明によると、湖南料理の最大の特徴は
鮮香辣」(胃の中が熱くなる酸味と辛さ)。

それも、ただ辛いだけじゃなくて、
コラーゲンたっぷりのスッポンや烏骨鶏、
鮮魚や貝類、旬の野菜と、漢方、唐辛子、豆鼓などが

ふんだんにブレンドされたパワー薬膳なんだとか。

で、お勧めにしたがって、
よだれが出るほど美味しいという「よだれ鶏」」、
毛沢東が愛した「毛家紅焼肉(豚肉の角煮)」

豚の角煮.jpg


「蒜茸文蛤(蒸しハマグリ)」
といった順番で、ほとんど一気食い。

毛沢東の特大写真パネルに見守られながら、
「造反有理」を叫ぶわけでもなく、
舌鼓を打ちまくったのでした。

さて、次の料理は……?

できるだけ多くの写真をご紹介したいので

つづきは、また明日!


蒸しハマグリ.jpg


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: