2009年06月08日

イタリアンと日本酒の最終決戦はいかに?・その3

フォルマッジョ.jpg


イタリアンを日本酒で味わう宴も、いよいよ後半戦。
メイン料理が下げられてから、どんなエンディングを演出するか、
しめくくりが大切。

終わりよければ、すべてよし!

で、テーブルの上には「フォルマッジョミスト」。
チーズの盛り合わせと、ドライフルーツを

南部流 生もと造り」特別純米酒の燗酒と、

山田錦純米大吟醸浦霞 古酒」の燗酒で。
(古酒とは日本酒を3年以上低温貯蔵させたお酒)

ほどよく燗されたお酒が、チーズをとろけさせて
香りを引き立たせる。

ゴルゴンゾーラのような癖のあるチーズにも負けず、
パルミジャーノにも勇敢に立ち向かっていく。
頼もしいではないか、我が友よ。
ワインだけがチーズの良き友じゃないって証明だね。

で、最後が「ドルチェミスト」。
下の写真の右から、ボネ(北イタリア、ピエモンテ州に伝わる伝統料理)。
ヴァニラアイスクリーム
「貴醸酒」純米酒。(仕込み水のかわりに純米原酒を使って醸造した
高濃度なお酒。とろりとして濃醇な自然の甘味と心地いい酸味が愉しめる)
フルーツのゼリー寄せ。(隠し味にお酒が使ってある)

ドルチェ.jpg

このドルチェにあわせるのが、

「萩の白露」低アルコール純米酒
これも食前酒と同じようにアルコール度数は9〜10度。
ほんのり、さらりという味わい。

スイーツの軽やかなダンスの競演を
日本酒がさりげなく、熟練のステップでエスコートしている
という感じ。
こういう味わい方もあるんだね、という発見!

日本酒は和食という伝統や思いこみにとらわれず、
より美味しい出会いをめざして、

もっともっと日本酒が世界に羽ばたいてほしい!
そのお手伝いをしたい、という思いを新たにしました。

一通りのコースを終わって、
参加者のかたがたも、すでに記憶が危うくなりがちで、
締めのご挨拶も、ほろ酔い気分。

ともあれ、イタリアンと日本酒の宴
めでたくフィナーレを迎え、

誰かがお皿を割ったり、テーブルをひっくり返したり、
という醜態もなく、

無事にその幕を下ろしたのでありました。

Buono!(ボーノ)


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: