2009年05月08日

秋元康と企画脳とイチゴの話




毎年、この季節になるとイチゴ狩りを想い出す。


昔、友人の実家が栃木のイチゴ農家で、この季節になると
仲間をみんな誘って、イチゴ狩りに出かけたのだ。


イチゴの旬は露地物の場合、4〜5月なのだが、
友人の農家はハウス栽培だったから、実際は旬とはあまり関係がない。

でも、食べ放題で食べて、お土産にもいただいたことが懐かしい。


ところで、先日、秋元康の『企画脳』(PHP文庫)という新刊の文庫本を読んでいたら、

「みんなが行く野原に野イチゴはない」という小見出しが気になった。

御存じのように、秋元康は、作詞家でおニャン子クラブやAKB48の
仕掛け人でもあるのだが、この本は彼の企画術や発想法について書かれている。


それによれば、彼がいつもスタッフに言いつづけているのが、
みんなが行く野原には、もう野イチゴはない」ということ。


羞恥心」が流行すれば、みんな同じような企画・発想をしがちだが……

もう、そこには美味しい野イチゴはない。
むしろ、みんなが行ってない場所を探すことが、
美味しい野イチゴを見つける最良の方法だ、というのだ。


うん、納得!


ハウスの中にも野イチゴは育たない。

この本、おススメです。


(帯のキャッチコピー「秋元康なんか、たいしたことない」というのも
 なかなか挑戦的で面白い!)


企画者&プロデューサーとしての秋元康の「頭の中」を
覗き見しているような、そんな新しい発見がある。

企画やプロデュースにかかわっている人には、必読の書だと思う。


今回は美味いもんじゃないけど、あえて評価対象として。


ジェイジェイ評価「美味いもんマーク」4つ!
(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*)(*^_^*) です!



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


画像-0303.jpg

本のお買物はアマゾンへどうぞ!













posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック