2016年05月23日

高円寺「トラットリア ボッカ・ルーポ」で隠れ家イタリアンの名店の味に感動

ルーポ・1.JPG


食いしん坊仲間のよーぜふさんとショーコパパさんが・・・

高円寺の隠れ家イタリアンの名店で、
食事会を企画してくれたので、

胸を躍らせながら出かけてきました。

踊りはマンボかチャチャチャか、
はたまたアルゼンチンタンゴか?

というふうな、おフザケはともあれ、

裏通りをちょっと入ったあたりに、
ひっそりと名店が姿を現しました。

テラス席も素敵です。


ルーポ・2.JPG


メニュー構成は、主催者と三島光次シェフにお任せ。

当日、急きょ変更になったメニューもあって、
料理と季節の旬を味わえる食卓になりそうです。

まずは、飲み放題メニューの中から、
各自、自分の好みを選びます。

この日集まったメンバーは、総勢16名。
お店を貸し切っての食事会です。

私は、こちら、
スプリッツァーからスタートです。

では、乾杯!


ルーポ・4.JPG


まずは、アンティパスト。

新玉葱のプリン。

黒胡椒のアクセントがきいた一品。
とろりと溶けて、玉葱の甘い香りがふんわり。

これからの食事の流れを期待させてくれます。


ルーポ・3.JPG


こちらは、自家製のジャガイモ入りフォカッチャと、
全粒粉のグリッシーニ。

もちもち感のあるフォカッチャがグッド!

オリーブオイルでいただきました。


ルーポ・5.JPG


アンティパストの盛り合わせ。

上から時計回りに・・・
キハダ鮪の炙りカルパッチョ・ハーブのソース。

鶏手羽先の燻製。

ハーブの香りの自家製ハム。

鶏レバーパテのカナッペ。

鹿児島産空豆とゴルゴンゾーラチーズのスフォルマート。

そして真ん中にあるのが、
コリンキーのマリネ。

いずれも、しっかり仕事がしてある美味しさです。


ルーポ・6−1.JPG


プリモピアッティの最初は、

新じゃが芋と新玉葱の冷製スープ。

旬の食材をカップリングさせた
味わい深いビシソワーズですね。

お皿に残ったスープはフォカッチャで
拭っていただきました。


ルーポ・6.JPG


プリモピアッティ、
つづいては・・・、

真鯵のスモークとフルーツトマトの冷製フェデリーニ。

スモークした真鯵とトマトの甘さが活きています。

フェデリーニの食感とバジルの香りも絶品。


ルーポ・7.JPG


冷製パスタにつづいては、温製パスタです。

イカ墨のスパゲッティーニ。

事前の予定では、
桜エビと春キャベツのスパゲティーだったのですが、

急きょ、新鮮なイカ墨が手に入ったので・・・
ということで、こちらに変更。

イカはプリップリ、黒々としたパスタは、
イカ墨のコクと旨みがストレートに伝わります。

みんな、お歯黒になりました。


ルーポ・8.JPG


さて、ここからセコンドピアッティ。

ペッシェは、真鯛のアクアパッツァ。

真鯛の周りを飾っているのは、
ムール貝にハマグリ、アサリ。

二色のオリーブとトマトが彩を添えています。

じんわり魚介の旨みがしみ込んだスープ、
真鯛の身も、ふんわりとほぐれます。


ルーポ・9.JPG

ルーポ・10.JPG


つづいてカルネは、島根県産かつべ牛くり肉のロースト。
ヤングコーン、じゃが芋、トマトのロースト添え。

くり肉とは、肩肉の一部のミスジとつながる部分で、
別名「ウデ三角」。

栗の形に似ているのでこの名がついたようですが、
やわらかい赤身のお肉。

とはいえ、脂もしっかりあって、
噛みしめるとジュワーと旨みが広がります。

うんまい!

ちなみに、ローストしたヤングコーンの
ヒゲの部分も優しい甘さでした。

すでにお腹ははちきれんばかりですが・・
さらに怒涛のデザートへと突入します。


ルーポ・11.JPG

ルーポ・12.JPG

ルーポ・13.JPG

ルーポ・14.JPG


この日のドルチェは、上から順番に、

ヘーゼルナッツのセミフレッド。

チョコラータ、パンナコッタの二種盛り。

キャラメルのジェラート。

イチゴのセミフレッド。

いずれもクオリティの高い自家製ドルチェの数々。

満腹のお腹でも、やはりスイーツは別腹。
すんなり胃袋に収まりました。

あ・・・でも、これらのドルチェは、
すべて4人でシェアする前の量ですので、

いちおう、念のため。


ルーポ・15.JPG


というわけで・・・

やっと最後のコーヒーにたどり着きました。

コーヒーは私の好きな深煎りタイプ。

すべてのお皿がシェフの腕の確かさを感じさせる
素敵な料理に仕上がっていました。

お店の雰囲気も隠れ家イタリアンを満喫させるもの。

幹事のよーぜふさんとショーコパパさん、
お疲れさま。

そして、大奮闘してくださった三島光次シェフと
スタッフのみなさん、

ありがとうございました。
<(_ _)>


またお邪魔したいと思います!



ルーポ・16.JPG


トラットリア ボッカ・ルーポイタリアン / 高円寺駅

夜総合点★★★★ 4.5





ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!









posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

「一味玲玲 新橋2号店」でランチの酢豚セットとお好み餃子を追加

玲玲・1.JPG


打ち合わせを終えて新橋でランチ・・・

となると、自然に足が向かうのは、こちら。

新橋の餃子の名店でメディアへの露出も多い、
一味玲玲の2号店、その名もずばり「一味玲玲 新橋2号店」です。


玲玲・2.JPG


ランチには定食メニューも豊富。

餃子定食以外の定食には、
デフォルトで焼き餃子が2個付いてきます。

(5個セットにするとプラス200円)


玲玲・3.JPG


というわけで、選んだのがこちら。

酢豚セット。

なぜか酢豚好きで、ついつい頼んじゃいます。

黒酢酢豚も好きですし、酢豚にパイナップルもOK。

鴨にオレンジがベストマッチするように、
豚にパイナップルが意外に合うんですよね。

ちなみに、こちらのお店はパイナップル入りではありません。


玲玲・8.JPG


こちらが、
デフォルトで付いてきたキャベツ焼き餃子。

中からじゅわっーと肉汁があふれます。

このお店では、わたしは基本的に、
タレを使わずに食べるのが定番です。

皮はもっちり。


玲玲・4.JPG

玲玲・6.JPG


で・・・

追加でお願いしたのが、こちら。

ニラ水餃子。

ニラの香りと豚肉のバランスが絶妙。

こちら、一味玲玲さんのお店では、
ニンニクは入っていません。

また餃子餡の豚肉は、富士高原の美豚が使われています。


玲玲・5.JPG

玲玲・7.JPG


もう一皿追加したのは・・・

パクチー・トウチ焼餃子。

こちらも、パクチーの香りがたまりません!

美味しい。


玲玲・9.JPG


定食セットのライチ入り杏仁豆腐。

これで口の中がリセットできますね。

ランチタイムには、ほかのお店の場合、
アラカルトの餃子を注文できないことが多いのですが、

こちらはOK。
混んでいるときは多少時間がかかりますが、

待つだけの価値はあると思います。


ごちそうさまで餃子いました!




玲玲・10.JPG


一味玲玲 新橋2号店中華料理 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!









posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

京橋「ソフィア(SOFIA)」でブルガリア料理のランチバイキングを満喫!

ソフィア・1.JPG


京橋でランチ・・・と思って出かけたら、
お店の前で、お相撲の琴欧州さんが出迎えてくれました。

こちらのお店「ソフィア」は、日本唯一のブルガリア大使館公認。

ヨーグルトの本場・ブルガリアの文化と郷土料理が
たっぷりと楽しめます。


ソフィア・2.JPG


ランチタイムは、バイキングスタイル。(1100円)

メイン4品の中から1品を選び、
オードブルやヨーグルトドリンクは食べ飲み放題です。

ただし90分制。

さっそく入店してみます。


ソフィア・3.JPG


ランチタイムには少し早めの時間に出かけたのですが、
店内はすでに満員に近いお客さま。

すべりこみセーフ、といったところです。

ランチ終了の30分ほど前に来たカップルが
「お料理がなくなりましたので・・・」
と入店できなかったので、知る人ぞ知る人気店のようです。


ソフィア・4.JPG


まずはオードブルのバイキング。

一皿目は、ホワイトチーズのサラダやリーフサラダ、
スネジャンカと呼ばれる水気を切ったヨーグルトなどなど。

胃袋の試運転にはちょうどいい感じの前菜です。


ソフィア・5.JPG


こちらは、タラトルと呼ばれるブルガリア伝統の
ヨーグルトの冷製スープ。

軽い酸味のあるポタージュスープといった感じです。


ソフィア・6.JPG


前菜の二皿目。

ミシュマシュという名の
ブルガリア風スクランブルエッグをはじめとして、

ブルガリア郷土料理ではありませんが、
ミートボールやパスタ、ソーセージなどなど。

前菜だけで、かなりお腹が膨らみます。


ソフィア・7.JPG


本日のメインに選んだのが、こちら。

ドルマ。

ドルマというのは、赤パプリカの肉詰め料理です。

ヨーグルトソースの上に、ドドーンと
握りこぶしより大きな赤パプリカが鎮座しています。


ソフィア・8.JPG


ナイフを入れると、こんな感じ。

中身の肉餡は、香辛料がきいて
みじん切りされた野菜もいっぱい。

かなりボリュームがあります。

店員さんに伺ったところ、
一日に5個限定のお料理だとか。

五分の一の確率で、ラッキー!


ソフィア・9.JPG


メインには、パンかピラフが選べます。

わたしは、パンをチョイスして、
オリーブオイルでいただきます。


ソフィア・10.JPG


スープは、オニオンスープ。

オニオングラタンスープのような、
香りと味わいです。


ソフィア・11.JPG


豆乳で作ったヨーグルト。

酸味はほとんどなくて、
豆乳とはわからない旨みがあります。

美味しい。


ソフィア・12.JPG

ソフィア・13.JPG


バイキングにプラス300円で、
デザートとドリンクが付きます。

本日のデザートは、チョコレートケーキに
リンゴのタルト、フルーツポンチ、

グラスに入っているのがヨーグルトのブランマンジェ、
マンゴソースがトッピングされています。

コーヒーも、私好みの深煎りタイプでした。

これでトータル1400円とは、
かなりリーズナブル。

夜もブルガリア郷土料理満載で5000円という
飲み放題付きプランがあるようなので、

友人と一緒に来るのもいいかも。

初めてのブルガリア料理はいかに???
と多少は不安でしたが・・・、


琴欧州関に一気に寄り切られた気分です!




ソフィア・14.JPG


ソフィア西洋各国料理(その他) / 京橋駅宝町駅東京駅

昼総合点★★★★ 4.0






ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!









posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルガリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする