2015年05月23日

鯨料理のあとは「鳴門鯛焼本舗 神田西口店」で鯛のデザートタイム

鳴門鯛焼き・1.JPG



鯨料理を堪能したあと、ぶらぶらと神田散策。

で、見つけちゃいました。

なぜか素通りできない、鯛焼き屋さん!


鳴門鯛焼き・2.JPG


鯨のあとは、鯛でしょ!

というわけで、尾頭付きを一匹まるごと購入。

ま、鯛焼きって、たいてい尾頭付きだけどね。

しかも、これは何てったって、鳴門の鯛ですから!

お店によれば、明治42年から受け継がれてきた
伝統的製法の一丁焼きで、
直火で短時間にパリッと焼き上げたものとか。


で、頭から齧りつくと・・・

甘さ控えめで、アツアツ、ほくほくのデザートタイム。


とっても活きのいい、天然ものの鯛焼きをいただきました!


鳴門鯛焼き・3.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

山岡士郎もおススメ懐かしの味を神田「くじらのお宿 一乃谷」で満喫

一乃谷・1.JPG



LAから友人がやってきて食事をすることに・・・

何が食べたいか、と訊くと、
おススメなら何でも、と。

「だったら、鯨でも食べてみる?」
 と半分冗談で言ったら、

「オー、鯨、決定だね!」と。

心配になって「ほんとに鯨、大丈夫?」と訊いたら
「大丈夫どころか、鯨、大好き!」だって。

というわけで・・・

神田の裏通りにある、こちらのお店へ。


一乃谷・2.JPG


地下へ降りる階段の壁に、こんなチラシが。

うーむ、海原雄山も山岡士郎も「鯨派」だったか!

ちなみに、新聞の切り抜きによれば、
鯨にはバレニンという成分が含まれていて、

これがアルツハイマー型認知症や
うつ病などを防ぐ効果があるんだとか。

しかも鯨肉は低カロリーで高タンパク。

健康食であり、日本の伝統食でもある鯨ですが・・・
最近はめっきり食す機会が減っています。

で、友人とともに「懐かしい味」を求めて、いざ!


一乃谷・3.JPG


まずは、一ノ蔵で乾杯。

とはいえ、友人はお酒が飲めないので、
お茶で乾杯。

鯨を食べる前から、
鯨の話で盛りあがりました。


一乃谷・4.JPG


ドーンと来ました! 

鯨の刺身などの盛り合わせ。

ちょっと分りにくいかもしれませんが、
一番下の列の左から、食道(姫腸ひめわた)、心臓、
白ベーコン、胃袋、さえずり(舌)。

その一段上の左から、小腸(百尋ひゃくひろ)、鹿の子、
尾の身二種、下がイワシクジラで、上がバンドウクジラ。

いちばん上の列の左から、赤身、ベーコン、膵臓。

それぞれ、食感も味も香りも異なりますが、
それを言葉で表現するのは、無理。

食べていただくしか、ありません!


一乃谷・5.JPG


つづいて、クジラの竜田揚げ。

こちらは香ばしい感じと、鯨独特の味と香りが
噛みしめると懐かしさとともに、よみがえります。

あー、これこれ。

これだよね!


一乃谷・6.JPG


このお店特製の、クジラのステーキ。

スープ仕立てですね。

お肉は柔らかく、ほんのり薫ります。


一乃谷・7.JPG


お店のマスターとお話してたら、

ちょうど山菜が入っているから・・・と。

左から、タラの芽、筍、こごみ。

宮城県・仙台から直送だとか。

こちらも懐かしい故郷の味です。


一乃谷・8.JPG


こんなのも食べてみるかい・・・と。

本皮の味噌漬け、と赤身の漬け。

ご飯のお供に最高、というわけで、
白飯をいただいて、かっこみました。

美味くないわけがありません。


一乃谷・9.JPG


で・・・締めは、くじら汁。

鯨の旨みがつまった脂と野菜の滋味が
ギュッと凝縮された、あったか〜い汁です。

こんなに鯨を食べたのは何年振りだろう?

両手両足を総動員しても
まだ足りないような気がする。

鯨さん、ご馳走さまでした。


海原雄山や山岡士郎さんに言われるまでもなく、


鯨は日本の伝統食であり、日本人の宝です。



一乃谷・10.JPG


くじらのお宿 一乃谷 ( / くじら料理 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

フレンチブレンドとガトーショコラのデザートタイムは武蔵関「実川珈琲」にて

実川珈琲・1.JPG




武蔵関をめぐる「オヤジぐるめ隊」も、いよいよ大詰め。

いつものように次回の打ち合わせをかねて
喫茶店へ。

このあたりの喫茶店は閉店時間が早めなのですが、
こちらは11時までと、夜更かし族には便利。

スイーツメニューも手づくりのようです。


実川珈琲・2.JPG


うーむ、お腹は満杯ですが、

デザートは、まだ胃袋のスペースがありそう・・・かな?

ま、ともかく入りましょ!


実川珈琲・3.JPG


というわけで・・・

わたしがオーダーしたのは、
フレンチブレンド。

珈琲はどちらかといえば深煎り系の豆が好み。
フレンチの苦みが、気分をリラックスさせてくれます。

ふむ、美味しい。


実川珈琲・4.JPG


で、デザートとしてお願いしたのは、
ガトーショコラ。

こちらも甘さ控えめで、
ショコラの甘みと苦みのバランスがいいですね。


そんなこんなで、武蔵関オフ会も無事に閉幕。

次回の作戦を練りつつ、

今回の幹事の美味B級さんに感謝。


そして、武蔵関の美味しいお店にも感謝です!



実川珈琲・5.JPG


実川珈琲 ( 武蔵関 / 喫茶店 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!








posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 珈琲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

二次会にて武蔵関「丸忠」の親父さんの意外な過去があきらかに


丸忠・1.JPG



武蔵関をめぐる「オヤジぐるめ隊」のつづきですが・・・

ちょっと間が空いてしまいました。<(_ _)>

で、「三浦亭」で満腹になったにも関わらず、
二次会で向かったのが、こちら。

ごくフツーの居酒屋と思って暖簾をくぐって、
ちょっとびっくり。

その「びっくり」が何だったかは、のちほど。

まずは、これで、乾杯!


丸忠・2.JPG


サイズは約一個違っていますが、
中味は一緒。

電気ブラン(280円)です。

ふむ、神谷バーの「電氣ブラン」や
「デンキブラン」とは味が異なりますが、

これはこれで美味しいお酒です。


丸忠・3.JPG


つまみ用ですが・・・デカイ!

にら玉子焼、300円。
ヤスイ!

カウンターの向こうでは、
禿げ頭にねじり鉢巻きという親父さんが、

料理づくりとホール担当として孤軍奮闘。

この親父さんが、実は意外な過去を秘めた人物でして・・・


丸忠・4.JPG


などと言ってる間に、塩辛登場。

250円、これまたヤスイ!

で、量もたっぷり。

添えられた大根おろしが嬉しい。


丸忠・5.JPG


つづいて、エイヒレ。

こちらも、300円とリーズナブル。


丸忠・6.JPG


さらに、茄子チーズ。
350円。

これって、ちゃんとした洋食の一品ですね。

チーズもたっぷり。

で・・・親父さんの話に戻りますが、
なんと、かつてはフレンチのシェフだったとか。

それも、日本のフランス料理界の重鎮であった人物、
荒田勇作のお弟子さん。

そして、その荒田勇作は、
サリー・ワイルの右腕として手腕を振るった人。

ということは、親父さんはサリー・ワイルの孫弟子になるわけね。

で、そのサリー・ワイルとは・・・
話がややこしいけれど、
日本における「フランス料理と西洋料理の父」といわれる人物。

昭和2年に横浜ホテルニューグランドの初代料理長として招かれ、
約20年間、日本で多くのフレンチシェフを育てた歴史的人物なのだ。

サリー・ワイルに関しては、本も出ているので、
興味のある方は参考までに、どうぞ。


丸忠・A.JPG


ちなみに、シーフードドリアって、
サリー・ワイルが日本でつくったオリジナル料理なんですね。


丸忠・7.JPG


そこに登場したのが、チャーハン。
350円。

居酒屋メニューに加え、
フレンチも洋食も、中華まで守備範囲ですか!

このチャーハンが、美味い。

一味違うスパイスが感じられました。
やるねぇ、親父さん。


丸忠・8.JPG


そこで、洋食つながりのチキンライス。
350円。

こちらは、懐かしい味のチキンライスに仕上がっています。

このチキンライスがあるなら、
別オーダーでオムレツをお願いして、

テーブルでオムライスを完成させてもよかったんですが・・・

残念。

心と胃袋の余裕がありませんでした。

というわけで、心残りのメニューに関しては、
再訪のときにチャレンジするとして・・・


親父さんの意外な過去があきらかになりつつ・・・


数々の「びっくり」に驚いた二次会でした!



丸忠・9.JPG

ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!








posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする