2015年01月28日

限定メニューのビーフシチューを武蔵小杉「グラス・ア・ブー」で

グラスアブー・1.JPG



ちょっとした用事で武蔵小杉に出かけたので・・・

どこかで美味しいランチをと思い、
食べログ検索で発見したのが、こちらのお店。

カフェバー「グラス・ア・ブー」です。

夜はお酒のお店のようですが、
ランチも評判!

というわけで・・・


グラスアブー・2.JPG


まずは、アミューズ。

カリカリに焼けたパンにオリーブオイル。

マリネされた野菜が供されました。

これで胃袋の準備体操というわけですね。

美味しいです。


グラスアブー・3.JPG


つづいては、スープ。

野菜のコンソメ。

ほっこり、体の中からあったまります。


グラスアブー・4.JPG


次に供されたのがサラダ。

このサラダがただものではありません。

アボカド、トマト、パプリカ、ラディッシュ、キュウリ、
レタス、キャベツ、紫キャベツ、ピーマンetc

これだけ多品種のサラダをランチタイムで・・・

ちょっと驚き。

ドレッシングは胡麻風味でした。


グラスアブー・5.JPG


本日のわたしのチョイスは、ビーフシチュー。

限定5名という特別メニューでしたが、
こちらも野菜たっぷりで、

しかもお肉も大きいのがごろごろ。

じっくり、しっかり煮込まれたソースも絶品でした。


グラスアブー・6.JPG


さらに、メインのビーフシチューに・・・

な、なんと、付け合せの野菜が登場。

からりと揚がったレンコンにボイルしたアスパラ、
マッシュポテト、柔らか煮のカボチャ、クレソン、
キュウリやマッシュルームのマリネなどなど。

こんなにたくさん! と驚くほどの野菜尽くし。

健康に気遣う人やダイエット中の女性は大喜びでしょう。

しかも、かなりの品数とボリュームです。

わたしはライスを半分にしていただき、

シチューのソースに投入。

少しお行儀が悪い食べ方かもしれませんが、

シチュー茶漬け?風にして、ソースを最後まで味わいました。

ふう、美味しい!


グラスアブー・7.JPG


食事の最後の締めは、ホットコーヒーで。

ビターなフレンチローストのコーヒーです。

これだけのランチで、お値段が、1500円。

リーズナブルというより、ホントにいいのかな?
というお値段です。

ちなみに、店名の「grâce à vous」は、
直訳すると、「あなたに感謝します」。

慣用句だと「おかげさまで」という意味のフランス語だとか。


こちらこそ、おかげさまでお腹が大満足。

ホスピタリティーあふれるサービスにも癒されました。



グラスアブー・8.JPG



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

牛ロースランチかつセットを「牛かつ おか田」でがっつり食べ

おか田・1.JPG



サラリーマンの聖地といわれる新橋で・・・

ランチタイムは行列が絶えないというこちらのお店、

「牛かつ おか田」に突撃してきました。

仕事が早めに終わったので、チャンス!
とばかりに、友人のカメラマンと一緒に、レッツゴー。

開店が11時なので、30分前なら余裕だろう・・・

なんて、やっぱり甘かった!

階段にはすでに20人近くの行列が。

ううむ・・・。

しかし「30秒で揚がります。お待たせしません」の文字。

ここまで来たら、待つしかないでしょ。


おか田・2.JPG


でも、実際に待ってみると、意外にスムーズ。

行列は、どんどん短くなっていきます。

さすが30秒のハヤワザ。

というわけで、待っている間にメニュー選び。

友人と一緒に選んだのは、

3番の「牛ロースランチかつセット」です。


おか田・3.JPG


で・・・お店が開店してから、待つこと10分ほど。

あれ、もう呼ばれちゃった、というくらいの感覚で
テーブル席にご案内されちゃいました。

やはり、開店30分前の到着は正解だったようです。

席に着くと、速攻で出てきたのが、こちら。

ご飯と味噌汁、オリジナルソースと生醤油入れの小皿。

ファストフード店顔負けのスピードです。


おか田・4.JPG


つづいて、真打の牛ロースかつ登場!

かなりのボリューム。

定番のキャベツ。キュウリ、トマト。
それに山葵が添えられています。

さてさて、行列の味とはいかなるものか?


おか田・5.jpg
                                                          Photo by OGAKI


これは、友人のカメラマンが撮ってくれた写真。

さすがプロはアングルや狙い目が違う!

ミディアムレアに揚がった牛かつが、
美味しそうに撮れています。

撮りかた、勉強しなくっちゃ!

で、肝心のお味なんですが・・・

衣はサックリ、牛もやわらかく、
オリジナルソースも美味しいし、山葵と生醤油でもイケる。

食べごたえもあるし、ビジュアルもOK。

でも・・・なんか、ひっかかる。

これだけの牛だったら、バターで焼いて醤油をひと垂らし、

そのほうが、美味しいんじゃない?

友人と二人、そんな印象を語り合いました。

やっぱ、カツは豚カツだね・・・などと。


でも、あれだけの行列ができるには、
それなりの理由があるんでしょう。

美味しかったのはもちろんですが、
こちらの期待度が高すぎたのかも。


ただし、お店のサービスやホスピタリティーは
あれだけ忙しいにもかかわらず、バッチリ。


お姉さんの笑顔に30秒で必殺されたランチでした!



おか田・6.JPG

牛かつ おか田 ( 新橋 / 洋食 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!









posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

肉食女子の娘と肉三昧のニクニク談義を南青山「よろにく」で

よろにく・1.JPG



年末年始の休暇で娘がロンドンから帰国・・・

何を食べたいか聞いたところ、
「焼肉!」と即答。

さすが、肉食女子。

というわけで、娘夫婦とともにお邪魔したのが

こちら、南青山の「よろにく」です。


よろにく・2.JPG

よろにく・3.JPG


まずは、ビールで乾杯。

わたしは日本酒党なので、ビールは小グラス。

このあと、山形の楯野川に切り替えました。


よろにく・4.JPG

よろにく・5.JPG


料理は娘夫婦におまかせ。

定番のコース料理をお願いして、
あとは娘のロンドン話に花を咲かせることにしました。

前菜は、キムチの盛合わせと三種のナムル。

これもテッパンの美味しさですね。


よろにく・6.JPG


冷製盛合わせは、左から白センマイ、
本日の炙り、ぶつ切り。

炙りはこのままいただきましたが・・・

まさに中トロのお刺身。

さあ、肉を食いまくるぞというスタートに相応しい逸品。


よろにく・7.JPG


鮮菜として、本日のサラダ。

そうそう、お肉を食べるときは、野菜もね。

中性脂肪値も気になる、今日この頃であります。


よろにく・8.JPG


焼き物・タレの並みじゃないロース、カルビ、ヒレ。

うーむ、いい色ツヤ、サシの入り具合も美味しそうです。

じつは、コースとしてこの前に焼き物・塩の
ハツ、葱塩タン、葱塩カルビが出てきたのですが・・・

あまりにガッついて食べたので、
写真を撮るのをすっかり忘れていたのでした。<(_ _)>

で、塩のあとがタレ、というわけ。


よろにく・9.JPG


コースをお願いした場合、
ホール担当の方がベストの状態にお肉を焼いてくれます。

ふむ、いい焼き加減です。


よろにく・10.JPG


ほらね。

想い出すだけでも、よだれが・・・


よろにく・11.JPG


お椀は、ハチノスのお吸い物。

舌の脂分をさっぱりと洗って、

次なるお肉への戦闘準備が整います。


よろにく・12.JPG


来ました。

焼き物の希少部位。ミスジとシルクロース。

この色とツヤ、サシの具合を見ただけで
その味がしっかり伝わります。

美味しくないわけがない!

舌の上で、とろけます。


よろにく・13.JPG


で、ほどよく焼けたお肉で

ひと口大のご飯をくるんでいただきます。

これ以上の贅沢はないという、肉巻おにぎり。

もう、これだけで何個だって食べられそう!


よろにく・14.JPG


さらに、特撰部位のサーロイン。

なんという美しさ。

肉に惚れちゃいますね!


よろにく・15.JPG


これを、大根おろしと特製タレでいただきます。

ふーむ、言葉はいりません。

噛みしめると、幸福感が湧きあがります。


よろにく・16.JPG


そして、肉の美味しさの余韻を楽しみつつ、

阿波の手延べ素麺。

腰のある上品な素麺で、お腹に仕上げのサイン。

でも、これだけじゃ、終わりません!


よろにく・17.JPG

よろにく・18.JPG


本日のデザートは、

京都小山園のほうじ茶のかき氷と、
薩摩のしろくま。丹波の黒豆つき。

このかき氷が、なぜか、すっきりさらりと
胃袋におさまってしまう。

ときに、ほうじ茶のかき氷は、絶品でした。

10か月ぶりに再会した娘とロンドン話で盛りあがり、

肉のパワー全開で食べまくって、
胃袋も心も満腹状態。


新しい年に、何かいいことが起こりそうな予感を感じつつ・・・


本年もよろしくお願いいたします!



よろにく・19.JPG

よろにく ( 表参道 / 焼肉 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!







posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 焼肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする