2013年11月26日

フレンチの香りの日本酒ダイニングバー、阿佐ヶ谷「MiwaMiya(ミワミヤ)」にて

ミワミヤ・1.JPG



さて、ハラミ串さん主催の阿佐ヶ谷オフ会の二軒目は・・・

阿佐ヶ谷駅からケヤキ並木をぶらぶら。

南阿佐ヶ谷との中間ぐらいの場所にあるのが、
日本酒ダイニングバー「MiwaMiya(ミワミヤ)」です。

お店は、暖簾をくぐった地下にありました。


ミワミヤ・3.JPG


まずは、日本酒選びから。

気になる4種を並べてもらいました。

左から、
「ゆきの美人」秋仕込み 純米吟醸酒 しぼりたて 生酒

「裏・福小町」純米大吟醸 責切

「鳳凰美田」純米吟醸 初しぼり生酒

「旭鳳 純にして醇」純米生原酒

それぞれ店主の日本酒選択眼が光る品揃えです。

お料理への期待も高まります!


ミワミヤ・4.JPG


まずは、軽くアミューズがわりに。

豚肉のリエットをバケットに乗せて。

アクセントで振られたスパイスが
豚の脂とのハーモニーになっています。

ふむ。美味しい。


ミワミヤ・5.JPG


淡路産玉ねぎのムース・トマトジュレのせ。

うーむ、舌の上でとろけますね。

しかも、トマトのジュレの酸味が
ほのかに香って、玉ねぎの甘みと溶け合います。

あまりに美味しくて、お代わりしちゃいました。


ミワミヤ・6.JPG


自家製お肉のパテ。

かなりのボリューム感と肉感のあるお皿。

添えられた甘味噌やキャベツのマリネも
主役のパテを引き立てています。

うむ、美味いぞ。


ミワミヤ・7.JPG


鶏レバーのムース(Mサイズ)。

このムースが、またまた蕩けるようで。

フレンチの確かな技術に裏打ちされた料理ですが、

これが日本酒に合うんです!


ミワミヤ・8.JPG


MIWAMIYA風マカロニサラダ。

サラダ系もいちおう頼まなくちゃ。

というわけですが、

これで、ちょっと味を変えて
日本酒も追加。

「あたごのまつ」限定純米吟醸おりがらみ生。
「白隠正宗」山拝純米。
「醸し人九平治」山田錦純米吟醸2011。

進んじゃいますね。


ミワミヤ・9.JPG


味噌漬クリームチーズ。

美味くないわけがない、という一品。

盛り付けのビジュアルセンスも、グッド!


ミワミヤ・10.JPG


ちりめんじゃこと青ネギのカナッペ。

ちりめんじゃこの食感と青葱の香り。

変化球、という感じですね。


ミワミヤ・11.JPG


カンパチのカルパッチョ・レモンソースで。

肉厚にスライスされたカンパチと
レモンの風味がベストマッチ。

紅芯大根の赤も鮮やかです。


ミワミヤ・12.JPG


骨付鶏もも肉と野菜のロースト。

ローストには時間がかかるので、
早めに注文しておくのがいいですね。

たっぷりの野菜のローストも美味しい。

鶏の皮目もパリッとローストされて
もも肉はジューシーに仕上がっています。

これも、美味しい。


ミワミヤ・13.JPG


そして、締めの一品。

栗とチーズの土鍋ご飯。
たっぷりの栗とチーズ。

この季節ならではの土鍋ご飯です。

思わず歓声が上がるほど、美味しい。

しかも、メンバーのよーぜふさんが、
「山葵があるといいかも」とつぶやいたら、

素早く登場したのが、「山葵塩」。
むむ、その手があったのか!

この「山葵塩」も絶品。

お腹はいっぱいです!


ミワミヤ・14.JPG


でも、まだ行きますよ。

デザートの「ガトーショコラ」。

丁寧に手造りされた一皿。

このデザートには、
日本酒「夢心」の古酒を合わせてくれました。

ふむ、いいじゃないですか。

フレンチの香りと日本酒。
新たな出会いの素晴らしを発見しました。

ハマりそうです。

今回のオフ会を企画してくれたハラミ串さんに
大感謝!


さて、再訪はいつにしようかな?



ミワミヤ・15.JPG

日本酒ダイニングバー MiwaMiya ( 南阿佐ケ谷 / ダイニングバー )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 12:29| 東京 🌁| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

東北の食材の恵みを阿佐ヶ谷「馳走 ヒフミ (HI FU MI)」で堪能する

ヒフミ・1.JPG



今夜はブロガー・ハラミ串さん主催の阿佐ヶ谷ぐるめ会。

まずは、こちらのお店「馳走 ヒフミ (HI FU MI)」に集合。

わたしは集合場所を勘違いして
メンバーの皆さんをお待たせしてしまいましたが・・・

とりあえず無事に合流。

まずは、ビールで乾杯して、

さっそくオフ会の宴のスタートです。


ヒフミ・2.JPG


こちらのお店は、山形を中心に
東北の食材のお任せ料理がメインです。

前菜として出てきたのが、
秋田産原木ナメコの小皿。

量感のあるナメコの歯ごたえもグッド。


ヒフミ・3.JPG


本日の食材として店長さんが見せてくれたのが、こちら。

長〜いのが、赤ヤガラ。
その他、法螺貝、車海老、などなど。

ふむ、期待が高まりますね!


ヒフミ・4.JPG

ヒフミ・5.JPG


で、「適当に選んで」と太っ腹なお許しが出て、
冷蔵庫から選んだのが、

純米大吟醸「菊勇・三十六人衆」のひやおろしと、

純米大吟醸「清流・楯野川」無濾過生原酒。

どちらも香りが素晴らしく、
楯野川は生原酒らしい、どっしりとした味わいが特徴。

わたしは、楯野川にしびれました。


ヒフミ・6.JPG


車海老。

踊り食いでいただきます。

活きの良さは、プリッとした歯ごたえで伝わります。


ヒフミ・7.JPG


赤ヤガラの刺身。

淡白で噛みしめると味わいが広がります。

姿形からは想像できないおしとやかな味わいですね。


ヒフミ・8.JPG


その赤ヤガラの焼き物と、
法螺貝と野菜の煮浸し。

赤ヤガラの姿を再現しようと一列に並べてみました。

壮観!


ヒフミ・9.JPG


で、こちらが中味。

赤ヤガラの焼き物にキクラゲ、ナス、春菊の煮浸し、
法螺貝の盛り合せ。

法螺貝のこりこり感がいいですね。

赤ヤガラも焼くと香ばしくて、
白身の部分にしゃぶりつきました。

美味い。


ヒフミ・10.JPG


カワハギの刺身と肝の和え物。

肝はトロリとして、ウニのような味わい。

ここに淡白なカワハギの刺身が彩りを添えます。

いやあ、お酒がどんどん進んじゃいますね。

ここまでのお任せで、お酒込みで・・・

なんと店長の一言が、「3000円でいいよ!」って。

太っ腹!


でも、さすがに申し訳ないので、
プラス500円で清算。

食材も料理も、それを盛る器にも
気配りと個性が光るお店でした。


ごちそうさま!


で、ここで終わらないのが阿佐ヶ谷オフ会。


次なるお店へと向かいます!



ヒフミ・11.JPG

馳走 ヒフミ ( / その他郷土料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 14:36| 東京 ☀| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

水餃子と焼き餃子のダブルランチを京成金町駅「金町餃子」で

金町餃子・1.JPG



仕事で出かけて初めて降り立った京成金町駅で・・・

さてさて、ランチはどうしようかと迷った末、
駅から徒歩1分という好立地にあるこちらのお店。

餃子フリークとしては、入らざるをえないでしょう。

なんてったって、そのものズバリ。

店名が「金町餃子」なんですから。

というわけで、いざ、入店。


金町餃子・2.JPG


水餃子定食。450円。

コストパフォーマンス、最高ですね。

これに、単品で焼き餃子290円を追加。

餃子の水・焼きダブルランチにしてみました。


金町餃子・3.JPG


こちら、水餃子。

大ぶりでゴロンとしたビジュアルがいいですね。


金町餃子・4.JPG


で、こちらが焼き餃子。

同じくボリューム感があって美味しそう。

では、さっそく、ひと口。


金町餃子・5.JPG


水餃子は、こんな感じ。

お店にある張り紙には、

「当店のそすすめは水餃子です。
 中国餃子といえば水餃子です」

とあります。

餃子の中には十種以上の材料が使われ、
餃子の皮は一つ一つすべて手づくりとか。

モチモチで噛みごたえのある皮です。

中味はジューシーで、
中国風にニンニクは入っていません。


金町餃子・6.JPG


こちら、焼き餃子。

水餃子も焼き餃子も同じものを使い分けているようです。

でも、水と焼きでは味も食感も変わって、
それぞれの美味しさが味わえますね。

中国の家庭の味という感じです。

ニンニク味が欲しい人は、
特製ニンニクをタレに混ぜて食べるとグッド。

ただ、あとで人に会う仕事があったので、
この日は、パス。

それにしても餃子定食がワンコインで
お釣りがくるというコストパフォーマンス。


お財布も胃袋も、どちらも納得の餃子でした!



金町餃子・7.jpg

金町餃子 ( 京成金町 / 餃子 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 21:49| 東京 ☁| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

ハンバーグとビーフシチューを江戸川橋「ビストロ ソレイユ」で

ソレイユ・1.JPG



仕事で出かけたので気になっていたお店に・・・

江戸川橋近くにある、こちらのお店、

「ビストロ ソレイユ」です。

まずは、メニューを拝見。


ソレイユ・2.JPG


前菜+メイン+パンで900円。

いいコストパフォーマンスですね。

さて、この中からどんな組み合わせを選ぼうか・・・?

けっこう、悩みますね。


ソレイユ・3.JPG


で、選んだ前菜はこちら。

「じゃが芋のパイヤッソン」。

パイヤッソンというのは、

つまり、ジャガイモを千切りにして
ガレット(せんべい)状に焼いたもの。

ビジュアルは、キッシュに似てますね。

外はカリッと、中はしっとり。

中に入った葱の香りも食欲を刺激します。


ソレイユ・4.JPG


自家製のパン。

お代わり自由で美味しいです。

軽くふんわり、という感じですね。


ソレイユ・5.JPG


そして、メインに選んだのは、

「ハンバーグとビーフシチューのハーフ&ハーフ」。

じつは、このビーフシチューが食べたかったんですよ。

では、行ってみましょう!


ソレイユ・6.JPG


ビーフの塊がごろり。

ナイフを入れるまでもなく、ほろりと。

ふむふむ。

デミグラスソースも濃厚で、しっかり煮込まれています。

ハーフ&ハーフもいいけれど、

ビーフシチュー単品で食べてみたかった!
(以前はランチメニューにあったようですが・・・)


ソレイユ・7.JPG


で、やはりデザートも食べてみたいと、

デザート&コーヒーセット(プラス300円)を追加。

チョコレートタルトと洋ナシのアイスクリーム。

ネットリ系のアイスとビター系のタルト。

いいバランスで、美味しい。

シェフと奥様のお二人の営業のようですが、

サービスにも目が行き届いていて、人気のお店。


エネルギーを充電して仕事に向かいました。



ソレイユ・8.JPG

ビストロソレイユ ( 江戸川橋 / フランス料理 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 12:14| 東京 ☁| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

稲庭うどんのランチを六本木ヒルズ「麻布 久徳」で

久徳・1



義母を連れて六本木ヒルズの歯科医院へ。

…と、その前に、
治療で味が分からなくなる前にランチを。

関西生まれの義母が、
うどんが食べたいと言うので、

選んだのが、こちら。

「麻布 久徳」です。

ランチメニューはというと……



久徳・2


ふむ、美味しそう。

義母のチョイスは、
限定30食の「久徳ランチ」。

うどんは、「温」で。

わたしは、あえて「冷」を選んでみました。



久徳・3


間もなく、来ました。

彩り豊かです。

どれから箸をつけようか、
迷っちゃいますね。



久徳・4


こちら、日替わり小鉢五種。

いろいろあって、嬉しいですね。



久徳・5


お肉の柔らか煮と野菜の煮物。

お肉は、ほろりと柔らか。

豚角煮風ですね。



久徳・6


そして、稲庭おろしうどん。

こちらは、冷。

冷とあったので、盛り蕎麦風かと思ったのですが、
ぶっかけうどんでした。

うむ、ちょっと汁は濃いめかな?



久徳・7


というわけで……

うどん・オン・ザ・ライス!

炭水化物に炭水化物で、
邪道かもしれないけど、

わたしは、この食べ方が好き。

けっこう、美味いんです!


ごちそうさま!




久徳・8

麻布久徳 六本木ヒルズ店 ( 六本木 / うどん )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

本格派タイ料理の神髄を錦糸町「タイランド」で味わう

タイランド・1.JPG



予定外の寄り道をしたあと、いよいよ本命のタイ料理店へ。

こちら「タイランド」が、
マルル一等兵さんのおススメ!

ネット情報によると・・・

「本場の食材を本場の味と雰囲気で、
をモットーにタイ東北部(イサーン)出身のベテランシェフを中心に、
北部、バンコク出身のタイ人シェフ3人が腕をふるっている」とか。

日本人向けにアレンジすることはない、という。

ふむ、期待できそうです。(^_^.)


タイランド・2.JPG


まずは、タイビール「LEO」と「Chang」で乾杯。

デザートをたべたあとで、振り出しに戻る・・・感じです。

どちらも軽めのスムースですが、

「LEO」のほうがスイートでライトかな。


タイランド・3.JPG


さて、まず一品目。

「ポピアソッ(生春巻き)」(¥280/1本)

何より驚いたのは、中の海老がお刺身風の生だったこと。
(ほんの一瞬、外側だけ熱湯をくぐらせてある感じ)

まさに「生」春巻です!

しかも、タレも美味しくて、
おもわず「お代わりお願いします!」

タレのお代わりは、初めて。

ま、それくらい美味しかったということです。


タイランド・4.JPG


つづいても海老料理ですが・・・

「クンマナーオ(海老のマリネ)」(¥950)

爽やかな酸味ですが、レモンと一緒に食べると
さらに鮮烈な香りと酸味が広がります。

トッピングされた香菜も、いい味出してます。


タイランド・5.JPG


三皿目は、こちら。

「ホイライパップリックパオ(アサリのバジル炒め)」(¥1,050)

赤いのは唐辛子ですが、辛さは初級程度。
赤い地雷を避けて食べれば、ちょい辛の感じ。

ベースになっているタレは、魚介の旨みとバジルの香りが
相乗効果を産み出している美味しさ。

うーん、これって、ご飯にかけて食べたい!

というわけで、ご飯をオーダー。

うん、このタレだけで軽く一杯はいけますね。


タイランド・6.JPG


ここで、さらにタイらしい料理が登場。

「ガイオップサパロ」(¥1,400)
鶏とカシューナッツのトマト炒めパイナップル詰めです。

生のパインの酸味と甘みが、ほどよいアクセント。

思わず、鶏よりもパインを探してしまいました。

さて、ここで本日の黒板メニューに目をとめたオヤジたち。

とある一品に、目が吸い込まれて・・・

渦潮の流れに身をまかせるように注文してしまったのが、

これ!


タイランド・7.JPG


「タイいなごの醤油揚げ」(¥500)

デカイ!

日本のイナゴの数倍はありそう。 (-_-;)

あちこちで関節技が決まっています。

ふむ。

行ってみますか・・・。

というわけで、ひと齧り。

なるほど、小海老のような香ばしい食感と
たしかに昆虫を感じるほのかな苦味。

カルシウムがとれそうな一品です。

ま、そこは話のタネということで・・・。


タイランド・8.JPG


で、お口直しというわけでもありませんが、

ちょいと珍しいドリンクをオーダー。

右から、「ペニーワート」。
せり科のツボクサで気分を落ち着かせ、目の疲れを癒す効果あり。

次が、「ココナッツ」。(これは定番ですが)
ローストしたココナッツの果肉入りジュース。

お隣が、「タマリンド」。
マメ科の甘みと酸味のある黒褐色の果肉を飲みやすくしたドリンク。

そして、いちばん左が、「グラスゼリードリンク」。
糖尿病、高血圧、風邪、関節炎に効果ありという、別名・仙草ゼリー入り。

ふうっ、これで気分一新!

でも、さっき食べた中華とスイーツが、
ボディブローとなって、効いてきました。

お腹は、「危険信号」発信中です。


タイランド・9.JPG


にもかかわらず、本日2回目のデザートタイム。

右端が、「ドリアンのアイスクリーム」、

真ん中上が「タオスワン」、
緑豆の甘露煮に塩味のココナツミルクをかけたもの。

真ん中下が、「ブアローイ」、
タロイモで作った白玉をココナツミルクに浸した温かいデザート。

左上が、「ルアミッ」、
ジャックフルーツ・ココナツ果肉・葛粉ゼリーを
ココナツミルクで煮たものに、かき氷をのせたもの。

左下は、「カオトンマ」、
ココナツ風味のもち米の中にタロイモを入れ、
バナナの葉でつつんで蒸しあげたタイ伝統のお菓子。

さ、4人で仲良く分けて味わいましょ!

(ううっ、胃袋がはちきれそう・・・)


タイランド・10.JPG


ちなみに、こちらが「カオトンマ」の中味。

わたしの大好きなデザートです。

とはいえ、すでに限界に達しているオヤジぐるめ隊。

顔で笑って、胃袋で泣いています。

でも、ここのタイ料理は絶品。再訪必至です。

今回も波乱に満ちた展開となった恒例の食べ歩き。
幹事役のマルル一等兵さん、お疲れさまでした!!

このあと、消化促進を狙って、ブラブラと錦糸町を散策。


スカイツリーと錦糸町の夜は更けていきました、とさ。



タイランド・11.JPG

タイランド ( 錦糸町 / タイ料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:07| 東京 ☀| Comment(0) | タイ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

なぜかメインの前のデザートタイムを「ラ・バンボッシュ 錦糸町店」で

バンボッシュ・1.JPG



さて、中華でスタートしたオヤジぐるめ隊が次に向かったのは・・・

メインのお店の予約にはまだ時間があるということで、
近くをブラブラしていた時に、発見。

ぐるめ隊の美味いもんアンテナがビビビッと反応したのが
こちらのお店。

メインの前にデザート食べちゃうの?
という声もものともせず、

いざ、突撃!


バンボッシュ・2.JPG


それぞれ一種ずつ頼んで味見を・・・

ということで、マルル一等兵さんが選んだのが、

「ふわふわアンジュ」180円。

白い卵をつかったシフォン生地がふんわり、
生クリームがしっとり。

バニラ風味が香ります。


バンボッシュ・3.JPG


Uターンさんが選んだのは、こちら。

「ボルドー・スティック」390円。

パイ生地の中にアーモンドクリームと
カシスジェルが入っています。

パイのカリッとした食感と
カシスの味わいがグッド。


バンボッシュ・4.JPG


よーぜふさんが、選んだのは、これ。

「フルーツグラッセ」220円。

滑らかな生クリームと卵黄たっぷりのアイスに
いちご・アプリコット・ピーチを入れて、
真白なシフォンでサンドしたもの。

冷凍ケーキなので、食べごろになってから。

甘すぎず、フルーツの酸味がいいですね。


バンボッシュ・5.JPG


で、わたしジェイジェイがえらんだのが、こちら。

「パリジャン・ポム」350円。

ネーミングのとおり、パリ風のアップルパイですね。

こちらもアメリカ風アップルパイよりは
甘すぎず、生クリームとあわせて食べると・・・

ふむ、パリの香り!

これ、かなりわたしの好みです。

あと、このお店で気になったのが、
ゴルゴンゾーラ・チーズケーキ。

これはテイクアウトのみで、
冷凍されているとか。

残念ですが、次回のお楽しみに。

というわけで・・・

メインの前に、なぜかデザートタイム。

珈琲でしめくくって、


さあ! メインのタイ料理店に突撃です!



バンボッシュ・6.JPG

ラ・バンボッシュ 錦糸町店 ( 錦糸町 / ケーキ )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 11:38| 東京 ☔| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする