2013年02月27日

マツモトサンガじゃなくて「松本山雅」って「まつもとやまが」なんです!


松本山雅.jpg



ついに本日(27日)、発売になりました!

昨年8月から取材と執筆を重ねてきた作品が、

やっと今日から店頭に並ぶことになりました。
ふうー・・・。(*^_^*)


タイトルの「松本山雅」は、マツモトサンガではなく、
「まつもとやまが」と読んでいただくのが正解です。


松本山雅=松本山雅FCは、
昨年からJ2で戦っている信州初のプロサッカークラブです。


あの松田直樹が最後にプレーしていたクラブ・・・
といえば、「ああ、あの・・・」と想い出していただけるかも。


クラブのルーツは、かつて松本駅前にあった小さな喫茶店「山雅」


その常連さんが思いつきでつくった草サッカークラブの誕生秘話と、
半世紀を経て、J2昇格を果たすまでの戦いの軌跡を、

実在の人物を取材し、ドキュメントしたものです。


サッカーに興味がない人にも、松田直樹を知らない人にも
面白がって読んでもらえる・・・

といいな、と思いながら書き上げました。


まずは、手に取ってパラパラしていただけると、嬉しいです!


内容に関しての詳しい情報は、↓ ↓ ↓ こちらへどうぞ


                松本山雅ものがたり


        

ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

オールドビーンズ珈琲とジャズの「カフェ・フラミンゴ」でまったり


フラミンゴ・1.JPG



さて、オヤジぐるめ隊が食べ歩きの夜に辿り着いたのは・・・

こちら、「カフェ・フラミンゴ」です。

オープンは1962年で、2階はバーになっています。

今夜は次回の打ち合わせも含めて、1階の喫茶へ。


フラミンゴ・2.JPG


入り口にはメニューが表示されています。

おススメセットの他に、店内の写真や、
コレクションされたジノリのカップの写真も。

23時30分までオープンしているのも、

深夜族にはうれしいですね。


フラミンゴ・3.jpg


店内は、こんな感じ。

イタリアンレストランかと思わせる色使い。

お店のオーナーのアイデアだとか。

浅草という土地柄を考えると、
かなり前衛的なセンスです。

で、店内には女性ボーカルのジャズが流れていて・・・


フラミンゴ・4.JPG


ローラ・フィジィ。
アムステルダム生まれのオランダの女性シンガー。

流れているのはファーストアルバムの
『Introducing Laura Fygi』です。

ソフトでハスキーな歌声が、

まったりと気分を和らげてくれますね。


フラミンゴ・5.JPG


オールドビーンズコーヒーのセット。

イタリアのリチャード・ジノリのカップで
供されます。

コーヒー豆は3〜6年ほど熟成させた
オールドビーンズを使用。

その豆をスイス製のドリップマシーンを使って、
一杯ずつていねいに淹れたもの。

芳醇なアロマを感じます。

右上にお代わりのコーヒーが添えられているので
800円というお値段はナットクです。

そして、左下にあるのは、
ベルギーのコインチョコレート。

うーむ、まったり落ち着きますねぇ。


フラミンゴ・5−2.JPG


このお店は美味しいコーヒーを味わいながら、

ゆったりと贅沢な時間を過ごす場所。


今回のオヤジぐるめ隊の幹事のマルル一等兵さん

お疲れさまでした!


まさに、食べ歩きの金メダルだあ!



フラミンゴ・6.JPG

カフェ フラミンゴ ( 田原町(東京) / 喫茶店 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

フランス風ロシア料理「ボナ・フェスタ」のキャベツロールはとろとろ絶品


ボナ・1.JPG



浅草を食べ歩くオヤジぐるめ隊のメイン料理は・・・

雷門からほど近い、こちらのお店。

フランス風ロシア料理の「ボナ・フェスタ」さん。

狙っているのは、あの名物料理です。


ボナ・2.JPG


と、その前に。

ロシア料理定番の、ピロシキです。

お肉の味が、しっかり。

パンの部分もふっくら。

夜は売り切れる場合もあるので、予約必須ですね。


ボナ・3.JPG


こちらも定番のボルシチ

濃厚なスープにサワークリーム。

中にはビーツとトマトで煮込まれた野菜
角切りの牛肉がごろり。

牛肉は柔らかくほろりと煮込まれています。


ボナ・4.JPG


こちらも、定番中の定番

パイ生地で蓋をして焼いたホタテときのこのクリームスープ

熱々で来ました。


ボナ・5.JPG


パイ生地の蓋を取ると・・・

中には濃厚なクリームスープで煮込まれた
ホタテときのこの具だくさん。

パイ生地もサックリです。


ボナ・6.JPG


来ました、本日のメイン料理

ロシア風キャベツロールのトロトロ煮です。

いつ見ても美しいビジュアル

アートみたいなキャベツロールですね。

中はキャベツとお肉が、とろとろ。

口の中で肉の旨みを残しつつ、とろりと溶けて行きます。

これこれ、これが食べたかったんですよね。


ボナ・7.JPG


で、締めにお願いしたのが、こちら。

ロシア風コーヒーです。

マルガリータ風にグラスは果実風味のお砂糖で縁取り。

中はウインナコーヒー風に生クリームたっぷり。

酸味のあるコーヒーとのコラボが美味しい。

これで、お腹は満杯ですが・・・

オヤジぐるめ隊は、まだまだ行きます。


ディープな魅力の浅草の夜は、まだまだ宵の口です!




ボナ・8.jpg

ボナフェスタ ( 浅草(東武・都営・メトロ) / ロシア料理 )
★★★★★5.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ロシア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

浅草三代の味ゆであずきを浅草「デンキヤホール」で賞味する


デンキヤ・1.JPG



さてさて、オヤジぐるめ隊が次に向かったのは・・・

裏観音のあたりをブラついて、
マルルさんに案内されたのが、こちら。

デンキヤホール」です。

・・・って、デンキヤ?

でも、看板を見ると、喫茶店です。


デンキヤ・2.JPG


元祖オムマキ」と「ゆであずき」が名物だとか。

ま、ともかく入ってみましょう。

すると、江戸時代の浮世絵や、
明治の香りを伝える錦絵などが飾られた店内に、

時代ものの、こんな張り紙が・・・


デンキヤ・3.JPG


歴史を感じますね。

ちなみに、デンキヤホールの店名は・・・、

もともと電器店を営んでいた創業者が
明治36年(1903年)に開業したことに由来するとか。

元祖オムマキ(焼きそばを玉子焼きで包んだオムそば)
にも心惹かれますが、

このあとメインのロシア料理が控えているので、
ここは、ぐっと我慢して、

もうひとつの名物をチョイス。


デンキヤ・4.JPG


名代「ゆであずき」です。

明治36年から110年もの長きにわたって、
現在の三代目にまで受け継がれている伝統の味

ほっこり温かくて甘い、
下町の人情を感じるような味ですね。

そして、ぐるめ隊のUターンさんが選んだのは

こちら


デンキヤ・5.JPG


あずき・オレ

生クリームとミルクとあずきの甘さが
ベストマッチ。

これも美味しい!

ちなみに、

お店の女将さんが教えてくれた情報によると・・・、


デンキヤ・6.JPG


こちらの「明治物売図聚」という本には、

江戸〜明治期の「ゆであずき売り」が紹介されていまして、

かつての物売の姿を偲ぶことができます。


デンキヤ・7.JPG


それが、これ!

ゆであずき売り」は、昭和の初期まで
盛り場や神社仏閣の境内に店を出していたとか。

「ゆであずき」「千客万来」と書かれた行灯看板
江戸時代からあったものだそうです。

こんな美女が売っていたら、

つい、ふらふらと寄ってみたくなっちゃいますね。

で、甘いものを食べたあとは、
渋〜いお茶が、怖〜い。

ということで、絶妙のタイミングで出てきたのが

仕上げの、日本茶

程よい渋味で、口の中がスッキリ。

さあ、まだまだ食べまくるぞ、と次なるお店に向かいます。


浅草食べ歩きは、なかなか奥が深いぞぅ!


デンキヤ・8.JPG

デンキヤホール ( 浅草(つくばEXP) / 喫茶店 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

「浅草をモグモク、ぶらり食べ歩きコース」をオヤジぐるめ隊が行く!


仲見世・1.JPG



恒例となったオヤジぐるめ隊、今回は浅草探訪です。

幹事役は、マルル一等兵さん。

マルル観光社、本日の観光コースは上記のとおりですが、
すでに、時間切れ閉店間際で「完売」のコースも。

で、我々が選んだのは、

浅草をモグモグ、ぶらり食べ歩きコース」と
昭和の香り、オムそばde古喫茶コース」。

さあ、まずは仲見世にGO!


仲見世・2.jpg


土曜日とあって浅草はラッシュアワー状態

仲見世も人がいっぱいです。

そんな中で見かけたのが、こちら。

芋ようかんでおなじみの舟和のお店。

期間限定販売・・・という文字に魅かれました。

芋ようかんおしるこ

食べ歩きをスイーツから始めるという
メチャクチャなチョイスですが、

我々の胃袋に「掟破り」という言葉はありません!


仲見世・3.jpg


こんがり焼けたお餅がひとつ。

ココナッツミルク風味ですね。

うん、美味しいけれど、ココナッツ風味が強いので
芋ようかんの香りが消されてしまっているような・・・

芋ようかんのシンプルなお汁粉が食べたかった!

というわけで、、行きましょう。


仲見世・4.jpg


中富商店の名物、「あげまんじゅう」です。

ゴマ、抹茶、梅、プレーンの4種。

オヤジたちは、それぞれ好きなのを一個ずつチョイス。

私が選んだのは、こちら


仲見世・5.JPG


ゴマ、です。

まだ、ほんのり温かくて美味しい。

仲間が選んだ「」を半分頂きましたが、

梅の酸味と餡の甘みが、ちょうどいい感じ。

梅は、おススメですね。

そんなかんなで仲見世をひやかしながら、
伝法院通りへ。

新しいお店が増えているようですが・・・

そこで、発見したのが、こちら。


仲見世・6.jpg


食いしん坊の石塚英彦さんも、立ち寄っているようです。

ならば、我々も素通りはできません。

で、気になったのは、ここ!


仲見世・7.jpg


浅草「安心や」さん。

さっそく、気になるアレを買っちゃいましょう。


仲見世・8.JPG


餅巻きウィンナーです。

チーズ入りで、別名が「雷門ドッグ」。

外側がチーズ入りのお餅
齧りつくと、中味がウィンナーです。

ふむ。柔らかいお餅とチーズが合ってます。

石塚さんは「まいう〜!」と叫んだはず。

雷門ドッグ」、ニューヨークデビューも間近かな?

そして、そのお隣のお店にも、気になるモノが・・・


仲見世・9.JPG


浅草「お祭り家」さんの
「浅草ちまき」と「フイッシュハムカツ」です。

オヤジたちがビビッときたのは、こちら


仲見世・10.JPG


揚げたての「フイッシュハムカツ」。

大判ですが、レバカツのように薄めなので
量はセーブされていますが・・・

それでも、けっこうなボリューム

ほんのりカレー風味がついていて、
中味は鰯のつみれの蒲鉾風といった感じ。

おやつ代わりにパクつくのもよし。

ごはんのお供にも行けちゃいます。

さてさて、このあとメインにロシア料理
予定されているのですが、

その前に、もう一軒

マルル観光社の先導にしたがって、


ついていきます、どこまでも!
\(^o^)/



仲見世・11.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

アンコウ鍋とアンキモを楽しむ会「冬丸」に三浦半島へでかけました


冬丸・1.JPG




冬晴れの日、寒風をついて三浦半島へ。

アンコウ1匹を捌いてアンコウ鍋とアンキモを楽しむ会
冬丸」に参加してきました。

三浦海岸駅からバスに乗って剱崎燈台方面へ。

冬丸・2.JPG


バスを降りて燈台に向かうと、

周りは一面の大根畑

三浦大根か・・・と思いきや、

青首大根がメインでした。

で、その大根畑の向こうに見えてきたのが、

目指す「WE CAN丸太小屋」。

海風に吹き飛ばされそうになりながら、到着。


冬丸・3.JPG


雰囲気のあるログハウスです。

ここが、本日のアンコウの吊るし切り現場

まだ事件の兆候は見られませんが、

何か起こりそうな期待が高まりますね。


冬丸・4.JPG


ログハウスの2階は、こんな感じ。

夏の海水浴シーズンには賑わいそうです。

ちなみに、小屋のすぐちかくが海です。

でも、いまは冬。

しんしんと寒さが忍び寄ってきます。

ついつい薪ストーブと仲良くしちゃいます。


冬丸・5.JPG


来ました!

本日の主役

新潟県佐渡市から宅急便で到着したアンコウ

十キロ越えの大物ですね。


冬丸・6.JPG


こちら、アンコウの提灯

ふーむ、これで獲物を誘うわけですな。

深海では、飲んべを誘う赤ちょうちんのように

さぞかし誘惑に満ちた光を放っていたんでしょう。


冬丸・7.JPG


で、近寄ってきた奴を、この口でパクリ!

寄らば食うぞ・・・って迫力。

歯並びは、あまり良くないようですな。


冬丸・8.JPG


その口に鉤をひっかけて、吊るし切りの準備完了

切るなり煮るなり、勝手にしろ・・・って開き直りかな?

アンコウ鍋とアンキモを楽しむ会
「冬丸」に集まった食いしん坊は、総勢で20名近く。

みんな一杯やりながら、粛々と準備が進みます。


冬丸・9.JPG


恐る恐る包丁を入れて、

あっという間に丸裸

寒いよう・・・。


冬丸・10.JPG


皮や内臓など、腑分けは全員で作業。


冬丸・11.JPG


骨もけっこうしっかりしています。

うーむ、成仏してくれよ。


冬丸・12.JPG


というわけで、見事に腑分け完了

解体新書に書けそうな手際の良さ。

皆さん、プロ級の腕前です。


冬丸・13.JPG


鍋は2種類。

こちらは醤油ベース

アラで出汁をとって、皮や身の部分を入れ、
キノコや白菜などの野菜と一緒に煮込みます。

グツ、グツ。

いい感じです。


冬丸・14.JPG


こちらは、チゲ鍋風

韓国風のピリ辛に仕上げています。

さあ、食うぞぉ!

これで美味くないわけがないでしょ。

ただもう、箸を動かして、むしゃぶりつくのみ。

ああ、美味い!


冬丸・15.JPG


に食らいついているうちに、
アン肝の酒蒸しの完成。

待ってました、これこれ。

アンコウは、これが

人数分に切り分けて、いっただきまーす!

ああ、幸せ!

お酒が、一気にすすみますねえ!

今回の冬丸は、誘っていただいて参加

常連の皆さんに温かく迎えていただいて

アンコウ鍋とお酒を堪能しました。

感謝です!


来年もぜひ参加したいという想いをふくらませて、


アンコウの唇にキスしちゃいました!


冬丸・16.JPG


ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

アガヴェ・ブルー100%テキーラの魅力に「FRIDA(フリーダ)」で目覚める

フリーダ・1(V.2013_02_14__09_43_30).jpg



西荻窪に突撃したオヤジぐるめ隊が辿り着いたのは・・・


西荻窪唯一の本格テキーラ専門&TEX-MEX BARの、
FRIDA(フリーダ)です。

お店によれば・・・
国内では入手困難なプレミアム・テキーラはじめ、
約90種類のテキーラが揃っているとか。

テキーラは、メキシコ国内のハリスコ州とその周辺で、
アガヴェ・テキラーナ・ウェーバー・ブルーと呼ばれる
竜舌蘭」から造られる蒸留酒

サボテンが原料と誤解されることがありますが、
竜舌蘭とサボテンは異なる植物なんですね。

で、まずは、プレミアム・テキーラ「カサドレス」
アガヴェ・ブルー100%)の飲み比べから・・・、


フリーダ・2(V.2013_02_14__09_44_33).jpg


右から、ブランコ、レポサド、アネホの順。

ちなみに、それぞれ熟成期間によって分かれていまして
1・ブランコ(熟成期間0〜60日)、
2・レポサド(熟成期間61日〜1年未満)、
3・アネホ(熟成期間1年以上)、
という3つの熟成バリエーションがあります。

さらに、エクストラ・アネホは(熟成期間3年以上)で
数十万円以上のものがあるとか。

ふむ、香り抜群

熟成度合によって、フレッシュなものから
しだいにウイスキーのようなまろやかさに変化します。

ああ、美味しい

私は、どちらかといえば、
フレッシュなブランコが好みですね。

竜舌蘭の素材の味がストレートに
伝わってくるような気がします。


フリーダ・3(V.2013_02_14__09_45_08).jpg


で、テキーラの専用のチェイサーが、こちら。

二日酔いの予防にも効果的という
サングリータ」です。

これは、トマトジュースに、オレンジジュース、塩、
タバスコ、ウスターソース、胡椒などを混ぜたもの。

果実系の酸味と唐辛子系のピリ辛感がある飲み物ですね。

ふむ、なんか、本格的

アガヴェ・ブルー100%テキーラ魅力にハマりそう。


そんなテキーラで乾杯して、


オヤジぐるめ隊の西荻窪探検は無事に終了。


幹事のよーぜふさん、お疲れさまでした!



フリーダ・4.JPG


フリーダ ( 西荻窪 / ダイニングバー )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

ガッツリ肉を食らう「trattoria 29(ヴェンティノーヴェ)」で豪快気分♪

29・1.JPG



さてさて、オヤジぐるめ隊の次なる標的は・・・

幹事のよーぜふさんに案内されて着いたのが、こちら。

なかなかオサレな外観。

店内に鏡があったらヘアサロンかと思うくらいの
斬新なデザインです。

ではでは、いざ出陣!


29・2.JPG


まずは、おすすめの赤ワインで乾杯。

ここで、お店の名前を確認したところ、

29」は、イタリア語で「ヴェンティノーヴェ」ですが
そのまま「ニク」と読んでください・・・とのこと。

その店名どおり、肉料理が自慢なんだそうです。

ふむ、楽しみです。

ガッツリ、行っちゃいましょう!

でも、その前に・・・


29・3.JPG


まずは前菜として、「新鮮な野菜」(二人前)。

紅芯大根や黄色人参など珍しい野菜がずらり。

これを自家製のハーブソルトとオリーブオイルでいただきます。

ハーブの種類を当てようとしましたが・・・

途中でギブアップ。

わかったのは、美味しいということだけでした。


29・4.JPG


いよいよ肉系の登場。

こちらは、色々ハム4種の盛り合せ(2人前)1600円

右から、ソプレッサータ
(豚の頭の皮の部分等をじっくり煮込んで
煮こごり状に仕上げたソーセージ)

豚モモのハム

フィノキオーナ
(フェンネルが入ったトスカーナのサラミソーセージ)

ポルケッタ
(ハーブやニンニクを巻いたローストポーク)

フィノキオーナ以外は、すべて自家製とか。

噛みしめると、それぞれの部位とハーブ
深い味わいが広がります。

ワインがすすみますねえ!


29・5.JPG


つづいては、
キアンティの豚のツナと白インゲンとリーフのサラダ(900円)。

海のないキアンティ地方で考えられたもので
マグロではなく、豚をツナ風に仕立てた料理です。

食べてみると・・・
ふーん、言われてみればツナという感じだよね。

苦肉の策・・・というか苦魚の策というか?

海のない山国だと、が食べたくなっちゃうんですよね。


29・6.JPG


こちらは、鶏レバーのクロスティーニ(4P)(600円)
荒みじんのレバーペーストを焼いたパンにのせたもの。

うーむ、絶品。かつ、リーズナブル。

パンのトースト具合もバッチリ。

これで、またまたワインがすすみます。



29・7.JPG


来ました!
本日のメイン。29(ニク)です!

手前が北海道産 北の国牛 赤身ロース300g(3900円)

奥が三重県産 松坂ポーク 肩ロース炭火グリル350g(2800円)

ドドーンというボリューム。
岩塩とハーブ(ローズマリー&タイムかな)で味わいます。

赤身はしっかりと牛の風味と歯ごたえを味わわせ、
松坂ポークは脂の旨みを感じさせてくれます。

ガッツリ、肉を豪快に食らうライオン気分

ガオーッ! 美味いぞお!


29・8.JPG


で、締めはこちら。

ストラッチ 鹿と栗のラグー(2100円)。

四角く平らなショートパスタを栗と鹿のラグーで和えて、
チーズがかかっています。

栗の甘みがパスタを優しく包んでいるみたい。

カボチャのニョッキ鴨肉も気になりましたが、
それはまた次回ということで・・・

満腹です!


でも、ここで終わらないのがオヤジぐるめ隊


次なるお店は・・・さて、どうなる?



29・9.JPG

trattoria 29 ( 西荻窪 / イタリアン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする