2012年10月24日

築120年という歴史的名門商家の「ヒカリヤ ニシ」でナチュレフレンチ


ヒカリヤ・1.JPG



信州・松本シリーズがつづきますが・・・

最初にふらりと出かけたときは予約で満席だったので、
今度こそはと、しっかり予約をして再訪しました。

それが、こちら評判のレストラン「ヒカリヤ ニシ」です。


ヒカリヤ・2.JPG


外観でお分かりのとおり、

こちらは築120年という歴史的建造物
かつては名門商家で母屋のほか大小の蔵があり、

それらをリノベーションしたレストランになっています。


ヒカリヤ・3.JPG


入り口の格子戸を開けると、こんな感じ。

ウェーティングスペースになっていて、
湧水が流れています。

この通路を通り抜けると日本庭園があり、
その奥に蔵を改装したフレンチレストランがあります。

さて、どんなフレンチが出てくるのか、

ちょっと、ワクワク!


ヒカリヤ・4.JPG


お願いしたのは、軽いデジュネ。(2800円コース)

こちらは、ナチュレフレンチをメインにしたコース。

ナチュレフレンチとは、
マクロビオティックを取り入れたフレンチとか。

冷前菜の、信州地野菜とガスパチョソース

ガスパチョにはお味噌が隠し味になっているような・・・

リコッタチーズがアクセントです。


ヒカリヤ・5.JPG


温めて供されたフランスパン

オリーブオイルでいただきます。


ヒカリヤ・6.JPG


スープ・・・

ですが、これはアイコトマトのソルベ

そこに温かいスープを注ぐという演出があって・・・


ヒカリヤ・7.JPG


かぼちゃスープ・トマトのソルベ。

温かさと冷たさの合体

まずはトマトのソルベを一口食べてから、

かぼちゃのスープに溶かすようにして・・・

ふむ、美味しい!


ヒカリヤ・8.JPG


メインはお肉料理。

信州ハーブ鶏のロースト

一見すると半生状態にも見えたのですが、

火はちゃんと通っていて、
それが絶妙のバランス感覚

皮目はカリリとして、中はしっとり。

完璧な職人芸を思わせます。


ヒカリヤ・9.JPG


デザートは、こちらの4段デザート

えっ・・・と思わせる演出ですね。


ヒカリヤ・10.JPG


まずは順番に上から食べていきましょう。

最初のお皿は、タルト・オ・ポム

甘さ控えめのしっとり系。

爽やかな酸味がいいですね。


ヒカリヤ・11.JPG


2皿目は、カヌレとマドレーヌ

いかにもフランスらしいお菓子です。

味わいも、セ・ボン!



ヒカリヤ・12.JPG


3皿目は、バニラアイスクリーム

ココアの苦みがアクセントになっています。


ヒカリヤ・13.JPG


4皿目は、カスタードプリン

いずれも小さなポーションなので、
するりと胃袋に消えていきます。

甘辛両刀使いとしては、嬉しい。


ヒカリヤ・14.JPG


締めくくりは、コーヒーで。

ロースト強めのフレンチスタイル

お代わりもOKでした。

店内は和風の「蔵」を改装して洋風のテイストを加えた
落ち着いた中にもモダンな風合いを伝えるデザイン。

ゆったりとした時が流れます。


信州・松本の歴史を感じるランチタイムでした!



ヒカリヤ・15.JPG

ヒカリヤ ニシ ( 松本 / フランス料理 )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

贅沢フレンチのランチコースを「HARMONIE BIEN (アルモニー ビアン)」で

アルモニー・1.jpg



信州・松本の旅で出会った美味しいお店は・・・


石目地の外壁、アーチ型の窓、大きな吹き抜け空間、

モルタル塗りの内壁という歴史的な佇まい

じつは、この建物は・・・
昭和12年に建築された旧第一勧業銀行ビル

長野県の「登録有形文化財」に登録され、
松本市の誇る歴史的建造物としても名高い評価の建築。

取り壊しの危機にあたって建物存続を願う市民の
署名運動や募金が行われ、

現在はホテル・アルモニービアンとして生まれ変わっています。

で・・・その2階にあるレストラン、

プール・トゥジュール」でランチタイム。


アルモニー・2.jpg


スタンダードなランチコースのオードブル

9種の盛り合せです。

どれも手を抜いていなくて、美味しい

彩りも華やかです。

ふむ。

次のお皿への期待も高まります。


アルモニー・3.jpg


パンは焼きたて5種からチョイス。

もちろん、お代わり自由。

右から、プチバゲット。

クルミパン。

ミルクパン。


アルモニー・4.jpg


パンプキンスープ

秋らしい一品。

クリーミーな味わいです。


アルモニー・5.jpg


本日のメイン。

お肉とお魚からのチョイスでしたが、

私は、お魚のポワレで。

付け合せの野菜も優しいお味でした。

フレンチ感覚らしい盛り付けですね。


アルモニー・6.jpg


で・・・デザートと珈琲は一階のロビーにて。

ゆったりとしたソファーに座って、

くつろぎタイム


アルモニー・7.jpg


デザート盛り合せ

ラムレーズンのソルベ。

プディング。

ブルーベリーのムース。

ロールケーキ。

うむ。

甘辛両刀使いとしては、大満足。



アルモニー・8.jpg


食後の珈琲

これ、スティックシュガーでなければ、
満点でしたが・・・

ま、それは贅沢すぎるかも。

なぜって・・・


これだけのクオリティーで、

ゆったりと贅沢な時間を過ごすことができて、

お値段が、なんと1500円


ね?


まさに、贅沢フレンチの極上ランチタイムでした。




アルモニー・9.jpg

HARMONIE BIEN ( 松本 / フランス料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

ジョン・レノンが愛した伝説のソフトを「中町Cafe 茜里(センリ)」で


茜里・1.jpg



信州・松本の街をぶらりしていて見つけたのが・・・

こちらのお店。

ソフトクリームには目がない私としては、

いち早く看板のソフトクリームに注目!

で、さっそく近寄ってみると・・・


茜里・2.jpg


なになに・・・?

ジョン・レノンも大絶賛」?

伝説のソフトクリーム」?

こりゃ、食べないわけにはいかないでしょ!

お店はテイクアウトもできますが、
店内でもOK。


ではでは、店内でじっくり伝説を味わいましょ!


茜里・3.jpg


店内は、こんな感じ。

今年3月にオープンしたばかりということで、

初々しい雰囲気。

でも、ちょっと塗料の臭いが気になりましたね。
(T_T)


で・・・伝説登場です。


茜里・4.jpg


ロイヤルスィートバニラ

かつて軽井沢にあったレストラン「みのりや」で
評判のデザートとして供されていたソフトクリーム

かのジョン・レノンも、
こんな美味しいソフトクリームは食べたことがない

・・・と絶賛した伝説のソフトなんだそうです。


うーむ、伝説かぁ!


茜里・5.jpg


ソフトのカタチも、なかなかスィートです!

では、一口。


ふむ。

バニラの香りと濃厚なミルクの香り。

それが、ほどよい甘みと一体になって
舌の上で踊ります。

そして、口どけはすっきり。

濃厚だけど、べたつかない。

なるほどね。

美味しい!


美味しいけれど、

あえて言えば、ほんとに「伝説」なのって・・・?


これって、好みの問題かな。


茜里・6.jpg


ちなみに、店内ではソフトクリームだけでなく、

ロイヤルスィートバニラを練りこんだパンケーキやクレープ

地元の果物を使った「信州産プレミアムジュース」や、

松本市内の湧き水で淹れた「ブレンドコーヒー」も。

ゆったり落ち着いたひとときを過ごすのも、いいかも。


ところで・・・

お店に入る時は一番乗りだったのですが、

食べ終わる頃にはお客さんが次々に入店。


店頭にも、ご覧のように行列ができていました!




茜里・7.jpg

中町Cafe 茜里 ( 松本 / カフェ )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!







posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

蕎麦切り発祥の地「本山そばの里」で蕎麦をたぐる


本山そば・1.jpg



仕事で信州に出かけたときに・・・

お昼どきに立ち寄ったのが、

かつての中仙道六十九次三十二宿・本山宿

こちらは、蕎麦切り発祥の地として知られています。


本山そば・2.jpg


「本山そばの里」の案内板

矢印のとおりに車を左折させると・・・


本山そば・3.jpg


畑の向こうに、それらしき建物が。

たぶん、いや、きっと、目指しているのは、

あれだと、思います、はい。


本山そば・4.jpg


蕎麦処・・・というより、

ごくフツーのプレハブ住宅

でも、たしかに幟がはためき、

そば切り発祥の地」の文字も確認。

では、いざ、中に。


本山そば・5.jpg


店内は村の公民館みたいな感じで、

カーペット敷きで、そこに、テーブルと座布団。

シンプルです。

このお店は、本山宿が蕎麦切りの発祥の地であることを
広く知ってもらおうと、

地元のおばちゃん、おばあちゃんたちが、
中心になって始めたとか。

交代で蕎麦を打ち、お手伝いをしているようです。

ただし、蕎麦切り発祥の地については、

長野県木曽郡大桑村とか、甲斐国の天目山栖雲寺、
という説もあるようですね。

それはともあれ、お蕎麦を注文。


本山そば・6.jpg


まずは、お通し。

野沢菜と胡瓜の漬物とお浸し。


本山そば・7.jpg


お浸しは、蕎麦の新芽(スプラウト)。

シャキッとした歯ごたえがいいですね。



本山そば・8.jpg


お通しを食べているうちに、来ました。

盛り蕎麦です。


本山そば・9.jpg


こちらの蕎麦は、風味豊かな地元産蕎麦粉100%。

近くの畑で手塩にかけた良質の蕎麦粉で、

コシの強さはもちろん、のどごしの良さと食感を楽しむために、
細身の蕎麦が特徴とか。

ふむ、蕎麦の香りもキリリ。

水もいいのでしょう、爽やかな喉越し

胸いっぱいに涼風が吹きわたるようです。

美味しい。


本山そば・10.jpg


かき揚の天ぷら

カリリと揚がっていて、美味。

地元のおばあちゃんの家庭の味ですね。

素朴で、具だくさん。


本山そば・11.jpg


そして、地元ならではのサービスが、これ。

採れたて、茹でたてのトウモロコシが供されました。

甘くて、ほっくり。

昔々の中山道・本山宿で、地元のおばあちゃんたちが
旅人たちを迎えて打ってくれたお蕎麦も

こんな感じだったのかなぁ?

蕎麦切り発祥の地で、


ふと、かつての宿場町の賑わいを思い浮かべました。



本山そば・12.jpg


本山そばの里 ( 塩尻 / 信州そば )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする