2012年06月27日

焼餃子と水餃子のランチを「餃子焼専門店 立吉(たちきち)渋谷本店」で

立吉・1.jpg



餃子フリークの餃子めぐりの旅の一コマ・・・

渋谷駅近くに気になる餃子の店があったので、

ランチの時間に出かけてきました。

餃子焼専門店 立吉(たちきち) 渋谷本店」です。 


立吉・2.jpg


ランチメニューは、こちら。

いろいろなセットがあるようですが・・・

やはり焼餃子と水餃子の両方が食べられる

Aセットに決定。

さて、どんな餃子と「ご対〜面」となるんでしょう?


立吉・3.jpg


まずは、セットになったミニサラダと、キムチ

サラダはさっぱりドレッシング、

キムチは韓国料理店に負けない味ですね。

これ、ご飯のいいお供になります。


立吉・4.jpg


餃子のタレを準備しているうちに、来ました。

焼餃子と水餃子です。

3個+3個ですから、ふつうの一人前

ガッツリ系には足りないかと思いますが、

ライト系には、ちょうどいい感じかな?

ちなみに、このお店、女性ファンも多いようです。


立吉・5.jpg


焼餃子のアップ

焼き目には少しムラがありますが・・・


立吉・6.jpg


一口齧ってみると・・・

皮の食感は、カリッ、モチッという感じ。

お店のHPによると、
大判の皮は米粉を練り込んでモチッとした食感を出し、

餡には埼玉県産のコラーゲン質たっぷりの
豚の頭肉と腕肉のみを使用。

野菜は国産100%の白菜・生姜・にら
にんにくは、一切不使用とか。

ふむ、これだと女性もランチで大丈夫ですね。


立吉・7.jpg


こちら、水餃子

こちらも、茹ででモチモチ感がアップしています。

タレは、黒酢をベースにした花山椒の黒ダレ。

黒酢に花山椒の香りがきいています。

ふむ、美味しい


立吉・8.jpg


水餃子オン・ザ・ライス

肉汁も適度にあって、
食感もよく、野菜と肉のバランスも旨みもOK。

ニンニクなしですが、

これは、これで美味しい餃子ですね。


立吉・9.jpg


で・・・なぜか、みそ汁付き。

キムチのと餃子の中華、味噌汁の

さらにディナータイムには、

香味ガーリック餃子、トムヤムクン、
パルミジャーノのサラダ、香草サラダといったメニューがあり、

デザートには、「あんみつ」という、

アジアンテイスト+イタリアンな感じ。

餃子専門と銘打っているだけあって、

芝海老たっぷり餃子 ・スタミナ餃子 炊き餃子など、
餃子への「想い」も感じます。


次回は、餃子三昧ディナーに決まりかな?



立吉・10.jpg

餃子焼専門店 立吉 渋谷本店 ( 渋谷 / 餃子 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

北千住グルメ行脚の締めくくりを「BAR Blue Cane(ブルーケイン)」で

ブルーケイン・1.jpg



そんなわけで、北千住オフ会もだいぶ酔っ払ってきたぜぇー。

マルル黄門さまに案内されて、次はバーにきたぜぇー。

しかも、ラムがメインのお店だぜぇー。

ワイルドだろう?

2階のお店へ階段を上ると、チェ・ゲバラの写真だぜぇー。

ラムとシガーと共に感じるカリブの風だぜぇー。

ワイルドだろう?


ブルーケイン・2.jpg


てなわけで、ワイルドは疲れるので平常心に戻り・・・

200種類のラムをメインに、
季節のフレッシュフルーツを使ったカクテルもある、

「BAR Blue Cane(ブルーケイン)」です。

一歩店内に足を踏み入れると、

そこは、カリブ

カリビアンミュージックがBGMで流れ、

のムードから、一気に地球の反対側へ。

ワイルドだろう?


ブルーケイン・3.jpg


今回のオフ会は、コークに始まり、
ワイン、日本酒、と飲み進めてきた私ジェイジェイ

ラム専門のバーに来て、しかも初夏。

となれば、ハバナクラブのモヒートです。

ミントがガッツリ。

爽やか!

これまでの食べ歩きで、
ちょっぴりダレ気味の胃袋が生き返ります。

ラムだぜぇー
(も、いいか・・・)


ブルーケイン・4.jpg


ただし、よーぜふさんは、
ちょっとディープなテイストを求めて、

マスターと相談の上で選んだのが、こちら。

ブルームスバリー ポットスティル デメラララム
[1992] 14年 ラフロイグ・シェリーカスク

ラフロイグのシェリーカスクで寝かせたラムです!

ワイルド・・・ですよね?


ブルーケイン・5.jpg


ちょっと味見をさせていただきましたが、

たしかにラフロイグのピーティーな感じ
そのまま活かされているラム。

うーん、ラムも奥が深い

すっかり、いい気分になっちゃいました。

ところで・・・

ラム専門のバーを最後に選んだのは、
マルル黄門さまの最後の一手があったから。

今回のオフ会グルメ行脚の締めくくりを、

ワイルドなデザートで決めようという魂胆・・・

もとい、深〜いお考えがあってのこと。

で、そのデザートというのが・・・


ブルーケイン・6.jpg


北海道バニラアイスクリーム ラムレーズン付き

ミントが可愛らしく飾られてます。

ワイルドというより、オサレ系

バニラアイスに、ラムレーズンたっぷり。

むろん、自家製、でしょう!

ラムの香りとレーズンのほろ甘さ。

アイスのクリーミーなコクと旨み。

絶品です。

今回のオフ会を締めくくるのに、ふさわしい一品。

いやあ、北千住グルメを堪能したぜぇー。


マルルさん、幹事役、ごくろうさま!



ブルーケイン・7.jpg


ブルー ケイン ( 北千住 / バー )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

美味い魚と美酒とおしゃべりに酔いながら「呑肴処 きたせん楓」で

楓・1.jpg



というわけで、マルル黄門さまとの美食行脚の三軒目は・・・

ワインの余韻を味わいながら、北千住の街

ああ行って、こう行って、そこを曲がって・・・

こちら

道順も地名も霞んでいますが、(-_-;)

呑肴処 きたせん楓」です。


楓・2.jpg


お店はビルの2階ですが・・・

ちょっと会員制倶楽部のような雰囲気?

営業中の札を確認しつつ、

マルルさんが先に入店したのを見て、
あわてて入店

カウンター席とテーブル席のある

和風の居酒屋さんの雰囲気。

会員制倶楽部ではありません、念のため。

われわれは、右手奥のテーブル席に案内され、

まずは、最初の一杯とお通し。

ワインづくしのあとは、日本酒で攻めようという

マルルさんの深慮遠謀です。


楓・3.jpg


お通しは、ワラビのお浸し

花かつおが添えられ、
ワラビのほろ苦さがお酒にあいますね。

ちなみに、最初に選んだのは、

純米吟醸「明鏡止水」(長野)。

さらりと淡く、華やかな香りも広がります。

酒器は江戸切子

涼しげでいいですね。


楓・4.jpg


甘エビの唐揚げ

頭も尻尾も、まるごとカリカリできます。

頭の味噌の部分の旨みもしっかり。

飾りのパセリも食べちゃいましょう!


楓・5.jpg


メジまぐろ

厚切りです。

本わさびの香りも活きていて、

美味くないわけが、ありません。

一杯目のお酒がなくなって、次に選んだのは・・・


楓・6.jpg


フモトヰ 夏純吟」(山形)。

こちらも、果実のような吟醸香が華やかなお酒。

山形には十四代や出羽桜をはじめ、

美味しいお酒がいっぱいです。

で、このお酒に合わせて出てきたのが・・・


楓・7.jpg


さより

身がきらきらと輝いています。

生姜醤油をほんの少し、

うむ、美味しい

ワカメを合いの手にすると、

磯の香りも広がります。


楓・8.jpg


で・・・もしかしたら、こちらは裏メニューかな?

さよりの皮と骨の唐揚げせんべい

コリコリ、ポリポリ。

こういうサービスが嬉しいですね。


楓・9.jpg


で、お酒はというと・・・

国権 てふ」(福島)

銘柄どおり、が舞うデザイン。

こちらは純米大吟醸で、

華やかな吟醸香が、

まさに蝶のように舌の上で舞っています。


楓・10.jpg


小肌

軽く酢じめしてありますが、

そのしめ加減が絶妙。

そのままでも行けちゃいますし、

添えられた穂紫蘇を使ってもいいし、

ワサビでもOK。

いい仕事のしてある小肌でした。


楓・11.jpg


穴子の白焼き

軽くレモンを絞って、いただきます。

身はふっくら、ふんわり。

胡椒塩のアクセントで、旨みがふくらみます。

うーん、さすが魚市場のお膝元

魚が美味いです!


楓・12.jpg


といったところで、締めの「あさりご飯」の登場。

土鍋の蓋をとると、ふわっと蒸気があがり・・・

あさりと生姜と三つ葉の香りが漂います。


楓・13.jpg


ふっくらとした、あさり

生姜の香りがアクセントになっていて、

土鍋の下のほうには、お約束のオコゲが・・・

美味い!

しみじみとした旨みが胃袋に伝わります。

うーむ、余は満足じゃ

苦しゅうない、近こう寄れ。

・・・って、もう酔っ払っちゃったの?

こんなことで、マルル黄門さまがお許しになるはずはない!

まだまだ、秘策が控えているに違いありません。


というわけで、マルル黄門さまご一行は、


まだまだ、美食行脚の旅をつづけるのでした。




楓・1 4.jpg

呑肴処 きたせん楓 ( 北千住 / 魚料理・海鮮料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

驚きのワインと料理のマリアージュ体験を「イル ポルトローネ」で

イルポルト・1.jpg



さて、おやじグルメ隊の恒例オフ会の二軒目は・・・

北千住の黄門さまことマルル一等兵さんに引率され、
お次は、どうやらイタリアンらしいようで・・・

マルルさんが指さす彼方をみると、

発見しました。

トラットリア バール「イル ポルトローネ」です。


イルポルト・2.jpg


看板のメニューが、こちら。

イタリアンバールと表記されているところをみると、

美味しいワインと料理がいただけそうです。

さっそく、入店。

店内はカウンター8席と
ワイン樽を利用した4人掛けのテーブル席。

もともとは立ち飲みだったそうですが、
現在は腰を落ち着けて飲めますね。

さて、まずはワイン選びですが・・・

マルルさんおススメの一杯が、こちら。


イルポルト・3.jpg


花ような香りや甘い果実の芳香、

そこに、土や葉の香りをはじめ、
複雑な味わいのハーモニーがある赤ワイン。

じつは、これ、ワイン発祥の地といわれる

グルジアのワインです。


イルポルト・4.jpg


その昔、クレオパトラにも愛されたというグルジアワイン

ネット情報によると・・・、

いまから5.000年以上前、
シルクロードの西の端、コーカサスの山から湧き出た
ミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種から
グルジアワインが生まれたとか。

グルジア原種のブドウは、サペラヴィ種、アレキサンドリ種など
他の国ではみられない固有種なんだそうです。

で、こちらの「ピロスマニ」は、
グルジアの有名な画家ピロスマニの名前で・・・

アラザニ産のサペラヴィ種を100%使用した、
やや甘口の赤ワイン。

グルジア固有種のブドウ、サペラヴィ種の
フルーティーな香りのフレッシュなワインなんですね。

グルジアワインは、初体験

美味しいです! (陶器のボトルもGOOD!)

で、この赤ワインに何を合わせようかということで・・・


イルポルト・5.jpg


トリッパ

軟らかく煮込まれたトリッパと

トマトソースがワインに合います。

ガッツリ、行っちゃいます。


イルポルト・6.jpg


ポルペッティーニのトマト煮

つまり、イタリア風肉団子ですが、

トリッパと同じトマトソースベースとはいえ、

しっかり差別化ができている味付け。


イルポルト・7.jpg


中を割ってみたら、こんな感じ。

スパイスがほどよく聞いた肉団子は
ワインの香りと溶け合って

さらに味わいを複雑に演出してくれます。


イルポルト・8.jpg


ここらで白をということで、

おすすめのスプマンテ

ベルルッキ・ブルットです。

発泡感が心地よく胃を刺激して・・・

さて、お次の料理は・・・?


イルポルト・9.jpg


帆立とジャガイモのジェノベーゼソテー

ジェノベーゼの香りが刺激的。

ほぼ同じサイズに切りそろえられた食材が

口の中ではんなり溶けていきます。

黄色いジャガイモは、インカのめざめ

独特の甘みがアクセントになっています。

紫色のほうは、シャドークイーンかな?


イルポルト・10.jpg


野菜のグラタン・ゴルゴンゾーラクリームソース

野菜はズッキーニですが、火の通し方が絶妙。

甘くホックリして、ゴルゴンゾーラの香り
食欲をさらに増進させますね。

スプマンテにも、よく合います!


イルポルト・11.jpg


そんな中、ふと目についたのが、こちらのワイン

エチケットに可愛い象さんがデザインされていて・・・

そう、こちらはタイ産ワイン

グランモンテの「ヘリテージシラー」。

タイワインも初めてでしたが・・・
ハーブ系の香りがあって、果実系の香りもある、

タイ料理のようにスパイシーな美味しいワインでした。

これも、ちょっと驚きのワイン体験です。

この赤ワインに合わせようということで・・・


イルポルト・12.jpg


土佐赤牛のたたき


脇に添えられているのは、

右がトリュフ塩、左が竹炭塩

赤牛の旨みを、これらの塩がぐーんと引き出していますが、

塩だけでもワインが進んじゃいますねぇ!

美味しい!

このままずっと食べ飲みしたい雰囲気ですが、

グルメ行脚のオフ会としては、

まだまだ次のお店がひかえています。


イルポルト・13.jpg


そんなわけで・・・、締めにお願いしたのが、こちら。

ピッツァ・マリナーラ・ビアンコ

アンチョビとチーズの塩味のピッツァ。

サッパリ系でいいですね。

で、デザート用のワインをということで・・・


イルポルト・14.jpg


ルーマニア産の貴腐ワイン

ブスヨアカ・デ・ボホティン

ハチミツの味わい、ほのかなアーモンド、
優雅なバラの香り

うーむ、はまっちゃいますねぇ!

で、さらに、よーぜふさんが何やら発見


イルポルト・15.jpg


カフェ・コレット

エスプレッソに少量のグラッパを加えたもの。

ふむ、美味しい。

食べ歩き2軒目にして、すでに大満足

どれくらい満足したかというと・・・

ほら、カフェの中にハートが見えるほど!

ちなみに、このお店の驚きワイン情報は、
これだけじゃありません。

窓辺に何気なくインテリア代わりに置かれている
ワインのボトルを手に取って観ると・・・

な、な、なんと!

ワイン通なら垂涎の的、あのシャトー・マルゴーや、
シャトー・ラトゥールじゃあ〜りませんか!?

いやいや、奥が深いお店です。

再訪は決定ですが、マルル黄門さまとの美食行脚はまだ途中


名残を惜しみつつ、次なるお店へと旅立つのでした。



イルポルト・16.jpg

トラットリア バー イル ポルトローネ ( 北千住 / イタリアン )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(2) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

おやじグルメ隊北千住オフ会のスタートは関西風串カツ「天七 分店」で

天七・1.jpg



さてさて、おやじグルメ隊の恒例オフ会の季節となり・・・

今回は、北千住の黄門さまことマルル一等兵さんが幹事役、
やってきたのは、地元の北千住です。

メンバーは、マルルさんを先頭にして

よーぜふさん、Uターンさん、私ジェイジェイの計4人。

まず食べ歩きのスタート地点として選ばれたのは、

こちら。

関西風串カツの専門店、

天七 分店」です。

天七本店のほうは立ち呑み食いなので、

今回はテーブル席のある分店でグルメ行脚の第一歩


天七・2.jpg


というわけで、

定番の二度づけ禁止の特製ソースと、
食べ放題の新鮮キャベツ

オーダーした串カツが揚がるまで、

ドリンクとキャベツで、みんなでおしゃべり。


天七・3.jpg


来ました、第一弾。

きめ細かなパン粉をまとい、

カラリときつね色に揚がっています。

ふむ、美味しそう!


天七・4.jpg


牛カツ

ソースの味とあいまって、牛の旨みもアップ。

一串食べると、次々に食べたくなっちゃいますね。


天七・5.jpg


キス


天七・6.jpg


ナガネギ

葱が甘〜い


天七・7.jpg


で、次がやってきました。

いい色に揚がってますねぇ!


天七・8.jpg


レンコン

厚めに切られていて、さっくり、ホクホク


天七・9.jpg


こちらは、チーズ

中はとろ〜り。


天七・10.jpg


タマネギ

こちらも玉葱が甘くてさっくり

串カツには欠かせない絶妙の味わいですね。


天七・11.jpg


もっと食べたくなって、さらに追加


天七・12.jpg


ウズラ

中の黄身の部分がねっとり。

これも定番ですね。

そして、さらに・・・


天七・13.jpg


エビ

カラリと揚がっているので、

尻尾までOK。

個人的には、尻尾のほうが
海老の旨みが凝縮しているような気がします。

コリコリ。カリカリ・・・

もっと食べたい気分ですが、

でも、まだまだグルメ行脚のオフ会は始まったばかり。

マルルさんの隠し玉と食べ歩きマル秘作戦
不敵な笑顔の奥に隠されているようで・・・

食べ終わった串に心を残しつつ、次なるお店へ

さて、いかなるサプライズが我々を待っているのか?


乞う、ご期待!



天七・14.jpg

天七 分店 ( 北千住 / 串揚げ・串かつ )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

噂のジャンボ餃子つき日替わりランチを「泰興楼 自由ヶ丘店」で

泰興楼・1.jpg



餃子フリークの餃子探検シリーズということで・・・

かねてから狙っていたジャンボ餃子の名店、

噂のアノ店「泰興楼 自由ヶ丘店」へ出かけました。

イタリア国旗がたなびいていれば、

イタリアンレストランかと思わせる外観ですね。


泰興楼・2.jpg


本日の日替わりランチは、こちら。

ふむ、焼き餃子が2ケ・・・

でも、なんてったてジャンボですから、

2ケでもOKでしょう。


泰興楼・3.jpg


まずは、ジャガイモの冷菜・冷やしアワビ添え

ジャガイモの千切りに、なんとアワビが・・・!

前菜としては、けっこう豪華版です。

アワビの量もたぷり。

美味しいです!


泰興楼・4.jpg


メインの「インゲン豆と牛肉沙茶醤炒め」。

こちらも量はたっぷり。

今回は一人ランチでしたが、何人かで出かけて
シェアできる量ですね。

味も沙茶醤の旨みが活かされていて、
インゲンもしゃっきり歯ごたえが残されています。

牛肉の量も味も十分ナットク


泰興楼・5.jpg


これに、玉子スープと搾菜、ライスがつきます。

スープも上品に仕上がっていて
玉子もとろとろです。

仕事の丁寧さが伝わるスープですね。


泰興楼・6.jpg


で、わたしにとっては、こちらがメインの餃子

たしかに、ジャンボです。

ふつうの餃子の4個分かな?

量的には、2個でも十分なくらいですね。

お店のHPには12センチとありますが・・・

15センチはある感じです。

美しいバナナ型です。


泰興楼・7.jpg


さすがにお店のスペシャリテの餃子でして、

もちもちした皮と粗挽きの豚肩ロース肉
キャベツ・ニラ・長ねぎの自然な甘みと絶妙なバランス。

タレをつかわなくても、そのままで十分美味しい

肉汁もたっぷり。

さすがに噂のジャンボ餃子です。


泰興楼・8.jpg


デザートの杏仁豆腐

こちらはアイスコーヒーか杏仁豆腐が選べるのですが、
わたしは杏仁豆腐をチョイス。

とろり、ちゅるり。

杏仁の香りもふんわり。

日替わりランチの締めくくりに、大満足の味。


かなりリッチな気分のランチでした。


餃子フリークとしてお気に入りにランクインのお店です!



泰興楼・9.jpg

泰興楼 自由が丘店 ( 自由が丘(東京) / 北京料理 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

牛モツの煮込みとマンゴープリンのランチを参宮橋「ミトラタカセ」で

ミトラ・1.jpg



ダイエット作戦の一環としてウォーキングしながら・・・


ちょっと遠出して参宮橋まで歩き、

遅めのランチはこちらのお店「ミトラタカセ」で。


ミトラ・2.jpg


ランチメニューは、こちら。

限定10食の「日替わり定食」にも心動かされましたが、

それより気になったのが、

北海道産牛もつ使用・・・と書かれた牛煮込み定食

牛もつ、いいですね。

B級グルメで、「鳥もつ」がブームになりましたが、

牛もつだって忘れちゃいけません。


ミトラ・3.jpg


というわけで、牛煮込み定食です。

お話によると、北海道産牛もつの煮込みは、

お店のスペシャリテだそうで・・・

赤ワインと赤味噌で、

牛もつを6時間以上煮込んでいるとか。


ミトラ・4.jpg



しっかり煮込まれて味がしみ込んだ牛もつは、

とろけるくらいの軟らかさ。

北海道の大地をイメージして、
ジャガイモも一緒に煮込まれています。

味噌煮込みの味はちょっぴり濃い目ですが、
これをご飯にトッピングして食べると食が進みますね。

熱々のトロトロです。


ミトラ・5.jpg


前菜替わりの3品は、

モヤシと野菜のお浸し、ポテトサラダ、お新香。

箸休めに、うれしいですね。


ミトラ・6.jpg


小鉢は、温泉卵

柚子の皮がさりげなく添えられて、

ふんわりと爽やかな香りをまとっています。

こういう繊細な仕事が美味しさを倍増させます。


ミトラ・7.jpg


お味噌汁は、鰹だしの香りが活きている

上品な一椀。

胃袋がほっとしますね。


ミトラ・8.jpg


そして、デザートの濃厚マンゴープリン

インドのアルフォントマンゴーを使ったマンゴープリンで、
マンゴーの濃厚な味わいが、直球勝負を挑んできました。

美味しいです!

マンゴーの香りと濃厚な果実感が舌で踊ります。


ミトラ・9.jpg


お好みで、クリームをちょい足ししても、OK。

お店の方に勧められるまま、試してみましたが、

マンゴーの旨みにクリーミーな味わいがマッチ。

これ、二度美味しい食べ方かも。

ちなみに、ディナータイムのデザートに注文すると
500円というお値段のマンゴープリン


ふむ、ちょっと得した気分のランチでした。



ミトラ・10.jpg

ミトラタカセ (三虎高瀬) ( 参宮橋 / ダイニングバー )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

個性的なマスターが焼くアメリカンステーキを中野坂上「てっぺい」で

てっぺい・1.jpg



ガッツリ肉食系というわけではないのですが・・・


でも、ときどき急に食べたくなるのは、

やっぱり肉汁したたるようなステーキ

というわけで、やってきました。

中野坂上にあるステーキとハンバーグのお店、

てっぺい」です。


てっぺい・2.jpg


メニューは、こちら。

アメリカンでもヤングでもありませんが、

初訪問ということなので、

謙虚に? 選んだのは、こちら。


てっぺい・3.jpg


アメリカンステーキ 200g。

ステーキ用のタレはお好みで選べて、

ゴマダレ
おろし醤油
にんにく醤油
バター醤油

この4種類の中から、定番のにんにく醤油をチョイス。


てっぺい・4.jpg


肉は注文を受けてから鉄板で焼いてくれるのですが、

ちょっと大きめの一口大にカットされ、

スパイスもたっぷり。

部位によっては少々歯ごたえがありますが、
肉汁の旨みはしっかり伝わります。

つけあわせのキャベツには特製のドレッシング。

こちらはサウザン系のドレッシング

キャベツをばりばり行けちゃいます。


てっぺい・5.jpg


こちらはセットになったスープ

コンソメですが、香味のネギのほか、
タマネギの甘みも感じました。

ステーキのガッツリ重い味わいを

スープでそっと中和する・・・そんな役割。

ちなみに・・・

ご主人は寡黙に肉を焼きつづけ、
愛想笑いやサービスにあふれた客あしらいには無縁なタイプ

頑固一徹という印象も受けますが、

じつは・・・という側面もチラリ。

そんなご主人の個性が愛されているのでしょう。

店は人なり、料理も人なり」、

というのが私の持論ですが、

このお店は、まさにそんな雰囲気


ステーキ人生ひとすじの味わいを感じました。




てっぺい・6.jpg

てっぺい ( 中野坂上 / ステーキハウス )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ステーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

評判のつけ麺を味わおうと亀有「つけ麺 道」の行列に並んでみました

道・1.jpg



亀有に出かける機会も残りわずか・・・


ということで、いつも気になっていた行列のお店

グルメランキングでも上位にランキングされている

つけ麺 道」へ。

相変わらず20人近くの行列ができていましたが、

ここは待つ覚悟を決めて並びました。

混雑時は4人ずつの総入れ替え制

サービスされたお茶を飲みながら、ウェイティング。

40分ほどで、入店できました。


道・2.jpg


来ました、定番のつけ麺です。

極太麺なので、茹でる時間がかかりますが、

カウンターの中では手際よく作業が進み、

5分ほどで4人分が提供されました。

麺はふつう盛りですが、けっこうが多いですね。


道・3.jpg


大ぶりのチャーシュー

角煮。

穂先メンマ。

半熟茹で卵。

オールスターの勢揃いです。


道・4.jpg


こちらは、葱と日替わりの薬味

本日の薬味は、海苔梅

これは、最後まで飽きずにつけ麺を味わってほしいという
お店の「ちょっとしたこだわり」とか。

お好みで少しずつスープに溶かして食すシステムですね。


道・6.jpg


まずは、極太麺の麺だけを味わってみると・・・

噛みごたえはしっかり、もちもち。

小麦粉の香りも感じます。

この麺と、スープがどうマリアージュするのか?


道・5.jpg


スープは濃厚な魚介系

の舌触りも残っています。

この濃厚なスープに麺をからめて食べると、

旨みがガツンと胃袋を直撃します。

うーん、美味しい!

じつは・・・

ここで告白すると、

わたし、これが初つけ麺です!

これまで、なぜか「つけ麺」に食指が動かなくて、
食べる機会がなかったのですが・・・

初体験が、美味しいつけ麺でよかった!

でも、ここでちょっと変化球をと思い、

スープ割りをしてもらって・・・


道・7.jpg


一口分だけ残してあったを、

ふつうのラーメンのようにスープに入れ、
角煮や卵、メンマ、葱をトッピングしてみました。

さあ、どんなラーメンに変身するか?

興味津々ですすってみましたが、

うーむ。

これって、やはり邪道でした。

つけ麺は素直に、つけ麺として味わうべきですね。


行列しただけの満足感のある「つけ麺初体験」でした。


道・8.jpg

つけ麺 道 ( 亀有 / つけ麺 )
★★★★4.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!






posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

醤油半熟味玉らー麺と別腹の杏仁豆腐の絶妙コンビを亀有「たいせい」で

たいせい・1.jpg



義母が亀有の病院から転院することになり・・・

亀有行脚の出来る日も少なくなってきたので

ちょいと気になるお店を急いで訪問しておこうと、

出かけてきたのが、こちら

」と見事な筆文字で大書されたラーメン店、

たいせい」さんです!


たいせい・2.jpg


店頭には和紙に手書きのメニューが。

こちらは、「醤油らー麺」がおススメのようです。

店内に入ると、すぐ左手が券売機。

人気ナンバーワンと書かれた
醤油半熟味玉らー麺」をチョイス。

チケットを渡してから、
ふと、思いついて別腹の「あれ」のチケットも購入。

カウンター内はご夫婦二人で営業されているようです。


たいせい・3.jpg


しばし待って登場、醤油半熟味玉らー麺です。

一杯ずつ、スープを鍋で温めるという作業があり、

ていねいにつくられたラーメン

これって香りと旨みを重視して、

あえて、一杯ずつ注文のたびに温めているんでしょうね。

では、さっそく!


たいせい・4.jpg


ふむ、スープは魚介系の香りが立っていますが、

醤油ラーメンにしては、ちょいと甘いかな?

もちろん、舌に重く感じる甘みではありませんが、

この甘みがスープのコクや旨みに
余分な化粧を施しているような気がして・・・

繊細な心遣いで調理されたラーメンだとは分りますが、

私にはその甘さが食べ終わるまで気になりました。


たいせい・5.jpg


で・・・丸ごと入った半熟味玉を割ってみると・・・

中は半熟とろ〜り。

黄身の中まで味が染みとおって美味しい。

ですが、この味玉も、やっぱり甘い

スープを甘めで行くなら、
味玉は辛めにしたほうが、変化が楽しめるのでは?

そのバランスがほしいように思いました。


たいせい・6.jpg


食後には口直しにウーロン茶

絶妙のタイミングでサービスされました。
ルイボスティーの時もあるようです)

で、追加でお願いした別腹の「あれ」も登場。

そう、自家製の杏仁豆腐です。

私、じつは甘いのは嫌いじゃないんです。

食後には、なにか甘味がほしくなるタイプ。
だからこそ、ラーメンは甘さ控えめでいてほしい・・・。

この杏仁豆腐、出される直前に目の前で
レモンの皮をキュッとしぼって香りを添えてくれるサービス。

ラーメン屋さんで初めてお目にかかる心憎い演出ですね。

で、「お好みでどうぞ」とシロップが添えられました。


たいせい・7.jpg


シロップなしでも十分に美味しい杏仁豆腐

とろ〜りと、杏仁の香りの二重奏が広がります。

ほのかに香るレモンもいい感じです。

もう一品、餃子も試してみたかったのですが、
ランチタイムは提供されていないようで、残念

次回はディナータイムに訪問して
塩らー麺や餃子、塩しめのお茶漬けごはんを狙いたいな。

今回の訪問では、スープの甘さが気になりましたが、

ご主人は、あの「ちゃぶ屋」で修業されたとか。


洗練された凛としたラーメンがそれを物語っています。


たいせい・8.jpg

麺 たいせい ( 亀有 / 醤油ラーメン )
★★★☆☆3.0
supported by ロケタッチグルメ




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!




posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする