2011年07月25日

平安神宮の庭園めぐりと「中国菜 燕燕(えんえん)」の京風中華料理

平安・1


平安神宮への道すがら、ミンミン蝉をつかまえて・・・

うーん、昆虫採集なんて何年ぶりかなあ?

で、しばし観察してから逃がしてやって・・・
メスだったので、ジジッとしか鳴かなかったけど)

ようやく平安神宮・応天門に到着。


平安・2


こちら、応天門から入ってすぐの風景。

大極殿の遠景です。

で、参拝するだけではもったいないので、
庭園散歩に。

この季節、お花は咲いていません・・・
という係の女性の言葉に、二の足を踏みましたが、

お一人様600円を払って、

いざ、庭園巡りの小さな旅へ。


平安・3


この庭園は琵琶湖疏水から水を引き入れており、
国の名勝に指定されて珍しい鳥類や亀類などが生息しているとか。

万葉集や枕草子などに登場する草花も植えられ、
これで花の季節だったらさぞかし・・・と思える名園

ひらひらと舞うカラスアゲハ蝶の案内で、
ゆったりとした時間を過ごすことができました。

で、いよいよ食いしん坊の時間となりまして・・・


燕燕・1


娘が以前食べて美味しかったというおススメ中華のお店
出町柳にある「中国菜 燕燕(えんえん)」です。

まだ周囲は明るいのですが、
この時点で夜の7時

陽が長くなりました。

こぢんまりしたお店ですが、
すでに予約で満席状態

私たちの予約は、一週間前でセーフ


燕燕・2


冷菜三種盛合せ。(1200円)

コース料理も魅力的だったのですが、
お腹の様子を見ながらアラカルトで。

冷菜は、蒸し鶏のネギ油ソース。
千切り干し豆腐の和えもの。
大根と人参とクラゲの酢の物。

真ん中は、搾菜

全体的にさっぱり味の薄味
関西風というか京都風中華というか、

賛否両論あるかもしれませんが、
こってり、ぎとぎと中華より私好みの中華です。


燕燕・3


白身魚の豆豉蒸し。(950円)

こちらも上品な味つけ。

豆豉と白身魚が旨みをしっかり演出しています。

じつはこれ、隣りのテーブルで美味しそうだったので、
「あれと同じのを・・・」とオーダーした一品。

正解でした。


燕燕・4


キノコと青梗菜の旨煮。(800円)

野菜料理が食べたいといった私たちに
ホール担当の中国女性が薦めてくれたお皿。

こちらも見た目とは違って
上品な味つけですが旨みは十分。

つぎの料理にも期待が持てます。


燕燕・5


定番、マーボー豆腐。(800円)

こちらは辛味控えめですが、
中国の花椒の香りが活きていて、

ご飯が欲しくなる一品。


燕燕・6


豚唐揚げの山椒塩風味。(850円)

何気ない料理ですが、
こういう何気なさに料理人の腕がにじみ出るもの。

火の通し加減、山椒塩とネギの風味が
うまくまとめられていました。

素材の持ち味を活かした料理の数々ですね。


燕燕・7


イーフー(伊府)麺。(1000円)

伊さん家の麺」という意味で、
広州地方の伝統的な麺。

製麺する際にカンスイや水を使わず、卵と強力粉だけ。
いったん油で揚げて乾燥させ、調理する時に水で戻す。

なんでもチキンラーメンのもとになったとか。

手間がかかるので、
メニューに載せているお店は少ないようです。


燕燕・8


果物炒飯。(750円)

パイン、チャーシュー、卵。
こちらも塩味でさっぱり。

タイで食べたパイナップル炒飯をイメージしましたが、
こちらは中国風

パインは缶詰ではなく、生パインだったら、
もっと酸味が立って美味しかったかも・・・。

うーむ、惜しい!

とはいえ、十分満足してお腹も満腹

点心類の入る胃袋の余裕がなかったのと、
宿泊施設のチェックイン時間が迫っていたので、

デザートは、パス


我々は一路、嵐山へと向かいます!



燕燕・9.jpg


中国菜 燕燕 ( 出町柳 / 中華料理その他 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif








■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】









posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。