2011年07月19日

祇園祭・宵山のプロローグを「丸太町 十二段家」の元祖お茶漬けで

十二段家・1


夏休みということで家族旅行を企画し・・・

ちょうど祇園祭の季節なので、
京都へという話になり、

運よく宿が取れたので宵山
山鉾巡行を見ようということになりました。

で、観光企画のハイライトは山鉾巡行ですが、
食いしん坊企画のほうも候補は目白押し。

まずは、宵山の日のお昼に伺ったのは、

元祖お茶漬けの店「丸太町 十二段家」です。


十二段家・2


ちょうどお昼時とあってか、
暖簾をくぐると、すでに先客が十人ほど。

待ちましょう、ええ、待ちますとも

待つ間に、「十二段家」のいわれをひもとくと・・・
大正初期、四条の祇園町に丹後家という甘味処があったとか。

菓子職の経験を持つ先代主人が、
歌舞伎忠臣蔵に因み甘党十二段の工夫をしたところ、

屋号もいつの間にか甘党十二段が「十二段家」へ。

場所も廓に近く、朝帰りの酔客にあわせの浅漬けを出したところ、
これが評判になり、現在のようなお茶漬けのお店になったというわけ。

一時間ほど待って、ようやく二階のお座敷席へ。

お品書きは、お茶漬けのほかに、
しゃぶしゃぶやステーキ、一品料理もありますが・・・

ともあれ、定番の「すずしろ」1050円を注文。


十二段家・3


入店時に注文は済ませてあるので、
席につくと、すぐにきました!

赤出し、漬物盛合せ、出汁巻き卵、ご飯。

一見シンプルに見えますが、
そこは奥深い伝統を秘めた京都

たかがお茶漬け、と侮ってはいけません


十二段家・4


茄子、ゴボウ、瓜、胡瓜、蕪、
大根、紫葉漬け、壬生菜、などなど。

まずは、このお漬物でご飯をいただく。

そのご飯のお供の味方になってくれるのが、

こちらの、出汁巻き


十二段家・5


漬物はもちろん、この出汁巻きが、

目からウロコの絶品なんですね。

上品な出汁をいっぱいに吸いこんで、
ふんわり、しっとり。

箸でつかめば、そのままほろりと崩れそうで・・・

口のなかで泡雪のように溶けていきます。

まるで茶碗蒸しが卵焼きに変身したよう・・・。

じつは、主役は漬物ではなく、

もしかしたら、この出汁巻きかもしれないと思うくらい。


十二段家・6


ちなみに、

すずしろ」定食に季節の一品をつけた
水菜」定食は、1890円。

この日の一品は、加茂茄子の揚げ出し

万願寺唐辛子と季節のが盛合されています。

こちらも、はんなりした味わいになっています。


十二段家・7


そして、最後はお茶漬け

ご飯はお櫃で供されるので、
お腹の加減を調整しながらお代わりを。

(お昼のみお代わり自由です)

うーむ、京都に来たんだな・・・
胃袋で納得できる味わい。

さてさて、京都の旅は始まったばかり。


何回かにわたって、今年の祇園祭を食べまくります。



十二段・8.jpg


丸太町 十二段家 ( 丸太町(京都市営) / 京料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif









■予約販売■ファイナルシークレット20粒付♪6本で7,900円(税込)■2本ずつ3回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)【ダイエットクリニック】







posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする