2009年06月30日

いも・たこ・なんきんでスイーツな気分

大学芋.jpg


俗に、いも・たこ・なんきんという。
女性が好きなものの代名詞だけれど、
いも・たこ・なんきん、が好きなのは
女性だけじゃない。

四谷に「蜜がけ大学芋」の専門店
四谷十三里屋」がオープンした。
これはもう、行くっきゃない。

御存じのように「十三里」というのは
栗(九里)より(四里)うまい」という洒落で
九里+四里=十三里となる。

このお店では、芋の甘さを活かすために
全国各地の直営・契約農園で収穫され、
貯蔵熟成されたさまざまな品種のさつま芋を使用。

素材そのものの甘さや美味しさを引き出すように
ほっこり揚げられ、とろ〜りと蜜がかかっている。

さっそく出かけて行って、

茨城県なめがた産「紅こがね」の拍子切り。
宮崎・鹿児島県産「霧島紅甘露」の輪切り。
鹿児島県揖宿産・紫芋「スイートアメジスト」拍子切り。
鹿児島県種子島産「安納芋」拍子切り。

4種類をゲット。
(ただし、お試しの小サイズ)

先着100名には「ミニ焼き芋」をプレゼント。
というので楽しみしていたら、なんと、
とろりと甘い「安納芋」の焼き芋だった!
(ラッキー!)

店頭では蜜がけの大学芋だけでなく
種子島産の「安納黄金」や
種子島産の「あけぼの紫」、
茨城県産の「紅こがね」の焼き芋も売っている。

いも・たこ・なんきん好きとしては
気になるお店が増えてしまった。

ジェイジェイ的には、
十三里より、十五里くらい行ってるかな?


十三里屋.jpg


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ステーキな気分で、もしや二度あることは…?

錦ステーキ.jpg


なぜか同じことがつづいてしまう。
どうしてか、分からないが、
あるんだよね、ときどき

で、ステーキです。
丸の内にある「肉どころ 錦」で
タイムサービス中の
ステーキセット

なんでもこの店は京都で初めての
牛肉専門店として明治2年に創業。
丹波・和知高原にある専業牧場で育てた
黒毛和種牛肉を使っているとか。

京の心、伝統と文化の味……
というのがキャッチフレーズ。

美味しいのは確かに美味しいのだけれど
こうばかりつづくと
こんどは美味しいお魚
というのが人情。

明日の朝は、海苔に小女子の佃煮、
キャベツの浅漬けに、鰺の干物でも
焼いてもらっちゃおうかな。


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ステーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

キヨシローと炭焼きステーキでロックな味に

steak.jpg


キヨシローつながりではないけれど、
なんだか気がついたら
つながっていた……という感じ。

千駄ヶ谷にあるステーキのお店
チャコあめみや」へ。
ここは炭焼きのステーキが美味しい。

炭焼き、という点にこだわっているのと
ステーキの皿が鉄板ではなく鋳物だということ。

牛肉は融点が高いので、
冷めやすい鉄板ではすぐに肉が固くなってしまう。
鋳物の皿は長い時間温かいので
柔らかい牛肉をゆっくり食べられるというわけ。

で、なんでキヨシローつながりかというと、
ここの常連さんだったのだ。
もちろん、メイクなしで。

このお店はキヨシローのほかにも
著名人のごひいきが多いお店として知られている。

ランチタイムもやっているので
本物の炭焼きステーキの味に飢えている方には
ぜひ、おすすめ!

もちろん、キヨシロー・ファンにも。


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | ステーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

マイケルの訃報の夜にコットンクラブにて

コットンクラブ.jpg


マイケル・ジャクソン訃報
全世界を駆けめぐった日の夜、
なぜかキヨシローのことを思い出した。

このところ、「え?」と驚くような訃報
相次いでいるような気がする。
やはり、季節の変わり目、だから?

この日、前から予約を入れていたので
東京駅近くにある「COTTON CLUB(コットンクラブ)」へ。

「COTTON CLUB」は、ニューヨークの
ハーレムにあるナイトクラブ。
デューク・エリントンをはじめ、
音楽史にその名を刻む大スターたちを誕生させた
伝説のクラブとして知られる。

その東京店が、丸の内にあるお店、
ライブレストラン「COTTON CLUB」。

今夜のライブは、
ピアニストのテイラー・アイグスティと、
ギタリストのジュリアン・レイジによるデュオ。

ちょっと気どって、ブランデー
オー・ド・ヴィ・ド・フランボワーズを注文。
つまみがわりに、イタリア産サラミの盛り合わせ。

熱のこもった演奏で、
お客さんの反応も上々。
久しぶりのライブでブランデーも美味しい。
(フランボワーズの香りが素敵だった)

マイケルもキヨシローも

天国という名のライブレストランで

いまも歌っているだろうか?

美味しいお酒を飲んでいるだろうか?


コットン・クラブ.jpg


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

なぜか気になる地方限定のスナック&ラーメン

じゃがりこ・1.jpg


なぜか口さみしいとき
ついつい手が出てしまうのが
スナック菓子、おせんべ、クッキー
といった種類の誘惑の魔手

で、いちど手が出てしまうと
次から次へと手が伸びて
なかなか止まらない、やめられない

それも、この時間に食べると
体に悪いし、太るよな……
というときに限って食べたくなる。
まさに「悪魔の誘い」。

昨夜も、出張土産でいただいたという
「じゃがりこ・ねぎ焼き味」
というスナック菓子
娘が持って帰ってきた。

見ると、商品名の右肩に
「関西限定」
とプリントしてある。

限定ってのに弱いんだよな。
しばらくパッケージと睨めっこしてたけど
「ええい、今夜は特別」と勝手な理屈をつけて、パッケージ、オープン!

ふむ、なるほど。
まさに、ねぎ焼き味のじゃがりこ。

限定といえば、
ポッキーにも、信州限定のリンゴ味があったような?
ラーメンにも地方限定の商品があったと思う。

それぞれ地方独自の郷土色を活かした
商品開発をしているんだろうけど、
東京限定ってのは、見かけないね。

でも、東京限定を珍しがるのは
東京以外の人なんだろうな、やっぱり。


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

旬のフルーツお取り寄せ佐藤錦さくらんぼ

さくらんぼ・1.jpg


来ました、来ました!
待ちに待った山形のさくらんぼ
お取り寄せした「佐藤錦」です!

この季節、ジェイジェイの愉しみは
誰が何といおうと、笑おうと、
さくらんぼを独り占めして
心ゆくまで味わうこと。

その気になれば、
いっぺんに2パックくらい食べちゃうので
心を引き締めて、お腹も引き締めて、
半パックくらいを、お大事食べ。

たとえば、露天風呂に入りながら
片手にさくらんぼ
片手に種入れ

といった態勢で、鼻歌なんか歌いながら
好きなだけ食べられたら

もう最高!

お取り寄せするだけじゃなく、
近所の八百屋さん
ケースごと買ってしまうこともある。

ふだん、それほど知的でも論理的でもないけれど
さくらんぼに関しては
理性のハンドル操作が利かなくなって
脱線、暴走ぎみ。

誰かとめてくれー!


さくらんぼ・2.jpg


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif













posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | お取り寄せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

新宿西口の「スンガリー」でロシア料理ランチ

090624_130600.jpg


久しぶりに新宿へ出たので、
これも久しぶりに、西口にある
ロシア料理の店「スンガリー」へ。

ここは歌手の加藤登紀子さんのご両親の
お店としても知られ、
店名はそのご両親が戦前に住んでいた
満洲ハルビンを流れる河、
スンガリー(松花江)に由来している。

ランチのAセットを注文。

1・ミニサラダ、サリョンナヤ・カプスタ
(ロシア式細切りキャベツ漬けディル風味)
2・自家製ライ麦パンフェンネルシード入り
(ジェイジェイは、これ大好き!)
3・ボルシチ
(肉野菜の赤かぶ風味スープ)
4・グリビー・ヴ・スミターニェ
(マッシュルームとホワイトアスパラガスのつぼ焼きクリーム煮)

これで、¥900 (税込み)

いったい何年ぶりだろうか?
たぶん十年以上前に来たのが最後だと思うけど
スタッフは変わっていても、
店内はまったくといっていいほど変わっていない。

そして、味も昔のまま。

そういえば、ご両親は他界されてしまったけれど、
テレビで見るお登紀さんも

変わらないなぁ!


090624_132439.jpg


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村













posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ロシア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ミシュランも顔負けの愛妻弁当?の日々

お弁当.jpg


叱られてしまった。
美味いもんばかり食べて、けしからん……
というのですね。

贅沢は国家の敵!
という声も聞こえてきたような……。

でもね、言い訳をするわけじゃないけど
毎日美食しているわけじゃないし、
高いものばかり食べているわけでもない。
(やっぱり、言い訳かなあ?)

で、きょうはその証拠に、
ふだん食べているお弁当を紹介。
女房がつくってくれる
愛妻弁当ってこと?
(いつも、ありがとうございます!)<(_ _)>

コーンのバター炒め
鶏の照り焼き
空心菜炒め
ミニトマト


これに、自分で用意した
インスタントのコーンスープ
(コーンがダブってしまった!)

ね、意外と質素でしょ。
量だって、たぶんふつうの半分くらいかな?

自分で夕飯をつくるときは
野菜中心炭水化物ひかえめ。
ときどき、みじめな失敗作

どうか叱らないでくださいな!


人気Webランキングも応援よろしく!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif













posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

父の日とマカロンと水戸黄門

父の日カード.jpg


世の中的には、きょう21日は「父の日」。

金田一探偵コロンボ警部に追求されても
何の証明もできないけれど、
いちおう、父という資格はあるらしい。

で、からアニバーサリーカードをもらった。
水戸のご老公と助さん格さんの前で
村の娘が「ははーっ」とひれ伏しているイラスト。

「お父さんには頭があがりません。
 いつも本当にありがとう」


というコピーが印刷されている。

印刷されている……というところがミソ。
ここは手書きではないのだ。

ご老公の顔の部分はミラーになっていて
カードを開くと、ここに自分の顔が映る仕組みになっている。
「ははーっ」と、
思わず自分で自分にかしこまりそうになった。

ところで、今夜のディナーは?
と思ったら、娘はデートにおでかけ。
なんじゃい、印籠の威力はそんなもんかい!

で、ひとりさびしく父の日
ダロワイヨの紅白マカロンでお祝い。
(父の日って祝うもんだったか?)

えーい、頭が高い!
ひかえおろう!


小さな声で呟いてみたのでした……。


090618_100850.jpg

ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

初めての味「きりんさい」って何?

きりんさい.jpg


「きりんさい」だそうだ。
麒麟」と「」ではない。
きり」と「んさい」でもない。

麹町にある宮崎郷土料理の店「椎葉」で見つけた。
上記写真もじっと見つめても、わからない。
ひとくち食べる。

ん?

寒天やグミ、わらび餅のような食感。
味があるような、ないような……?

じつは、「きりんさい」は、テングサの一種の
ムカデノリ」という海藻を煮詰めて固め、
それを味噌漬けにしたものとか。
宮崎の郷土料理だそうだ。

で、次に気になったのが「ガネ」
ガネって、知らないがね
(っていってる場合じゃない!)


ガネ.jpg


ガネ」というのは、
宮崎・都城地方の代表的な郷土料理

ようするに、サツマイモや玉ねぎ、
ごぼう、にんじんなどが入った「かき揚げ」のこと。
サツマイモをつかうところが、「ガネ」なんだがね
(しつこい!)

なぜ「ガネ」かというと・・・
かに」に形が似ていることから、
かに」がなまって「がね」になったとか。

蟹のような甲羅の感じや、
のギザギザ感を活かして揚がれば大成功というわけ。

うーん。
宮崎料理って、知らないものがいっぱい。

郷土料理は奥が深い、とあらためて実感。
美味探究の旅への情熱

いやが上にも高まった一夜でした。


ブログ順位はこちらをクリック!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村













posted by ジェイジェイ at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする