2017年08月17日

山梨県甲斐市「小作 双葉バイパス店」で山梨の郷土料理ほうとう三昧


IMG_9728.JPG



「オヤジぐるめ隊」、今回の山梨日帰りツアーのラストは・・・

七賢蔵元直営のカフェ「中屋珈琲店」」のあと、

サントリー白州蒸溜所でウィスキーの試飲、

シャトレーゼ 白州工場の見学とアイスの食べ放題など、

寄り道を楽しんだあと・・・

やっぱり、締めはこちらでしょう!

ということで、
郷土料理ほうとのお店「小作 双葉バイパス店」へ。


IMG_9732.JPG


こちらのお店のメインは「ほうとう」ですが、

ふとメニューをみると、
「冷やしほうとう」なるものを発見。

いつもは隊員それぞれのメニューを注文し、
少しずつシェアして味わわせてもらうので、

わたしは、これをお願いすることにしました。


IMG_9745.JPG


こちら、定番の「かぼちゃほうとう」1150円。

具は大きめカットのかぼちゃ、サトイモ、じゃがいも、にんじん、
ねぎ、さやえんどう、わらびetc。

さらに、ごぼうの千切りがトッピング。

驚いたのが、かぼちゃの大きさ。

ビッグサイズにカットされたものが、
2個ほど、ごろりと存在感を主張しています。

かなりのボリューム。

味噌とカボチャの甘味が特徴的で、

麺は独特の太さとコシがありますね。


IMG_9743.JPG


こちらが、「豚肉ほうとう」\1400。

大盛りトッピングの下に、
豚肉や大き目カットの野菜が潜んでいます。

同じく、かなりのボリューム。

ううむ、これでホントに一人前?


IMG_9744.JPG


こちらは、「豚肉辛口ほうとう」\1600。

基本は「豚肉ほうとう」ですが、
キムチ系の辛みスープになっています。

こちらも同じく、かぼちゃなどの野菜がごっそり。

熱々のお鍋で、
さらに身体も胃袋もヒートアップします。


IMG_9739.JPG


わたしが選んだのが、こちら。
冷やしほうとう「天ぷらおざら」1300円。

「おざら」というのは、
別名「おだら」とも呼ばれ、ほうとうと同じく郷土料理の一つ。

ほうとうと冷や麦の間ぐらいの太さの冷やした麺を、

温かいつゆにつけて食べるというスタイルです。


IMG_9740.JPG

IMG_9742.JPG

IMG_9741.JPG


麺は、ほうとうより細めで、かつ薄め。

つけ麺のように、つるりと食べられます。

かつて、お米が貴重だった時代に、

夏の暑い時のごちそうとして作られたそうです。

ふう、お腹は満杯。
すでにレッドゾーンに突入しています。


というわけで・・・

今回の山梨ツアーはフィナーレに。


幹事の美味B級さん、


企画&ドライバー役、ほうとう?に、ありがとうございました!


IMG_9730.JPG


小作 双葉バイパス店ほうとう / 塩崎駅竜王駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!





















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

北杜市「中屋珈琲店」で七賢の蔵元直営のカフェで甘酒ジェラート

IMG_9687.JPG


定例の「オヤジぐるめ隊」、今回は山梨日帰りツアー。

つづいては酒蔵「七賢」の見学の後に、
ちょっと一休み。

蔵元直営のカフェ「中屋珈琲店」に立ち寄りました。

こちらは、一階がカフェ、二階がレストラン。

蔵元で七賢銘柄の試飲をした後なので、
珈琲でリフレッシュと思ったのですが・・・


IMG_9692.JPG


なんと、店内はJAZZの流れるレトロ・モダンな空間。

どーんと、フォルクスワーゲン・ビートルが鎮座しています。

なぜビートルなのかは、聞き洩らしました。


IMG_9690.JPG


こちらが、カフェメニュー。

何にしようか迷った末、

選んだのは、こちら。


IMG_9693.JPG


甘酒ジェラート430円と、

吟醸アイスクリーム430円(左下)。

ほんのりと甘酒の香るジェラートで、
甘みひかえめ。

吟醸アイスクリームを味見させてもらいましたが、
日本酒の香りを仄かに感じる程度。

ドライバーや未成年向けかもしれませんが、
お酒好きには物足りなさがあるかも・・・。


IMG_9695.JPG


そして、もうひとつオーダーしたのは・・・
もちろん、七賢の純米酒、
「風凛美山」600円。

名水の里・白州で、甲斐駒ヶ岳の伏流水と
山梨県産のお米で醸したお酒です。

お酒の香りに囲まれながら、
ほんわり気分で時をすごしたあとは・・・


まだまだ、山梨グルメツアーは後半戦が残っています。

では、次なるお店に、いざ、


出発!



IMG_9689.JPG

中屋珈琲店コーヒー専門店 / 長坂駅

昼総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!



















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

甲斐大泉「仙人小屋」で熊鹿猪&夢わらびのマタギ料理を満喫!!

IMG_9627.JPG



少し前のことですが・・・
定例の「オヤジぐるめ隊」は、山梨に出撃。


かなり早起きして、
今回の幹事役・美味B級さんの車に同乗し、

熊鹿猪の肉、川魚、山菜、きのこ、マアギ料理の店、
甲斐大泉の「仙人小屋」を目指します。

走りに走って、
予約ノート の出る午前8時30分の
なんと7分前に到着。

いの1番に予約ノートに記名成功しました。


IMG_9633.JPG


森の熊さんがお出迎えです。

ただし、開店は11時。

それまで、近くにある森の湧き水と
泉温泉の朝風呂でゆったり。

胃袋の準備万端でお店に戻ります。

午前11時、お店の人に1番にコールされて、店内へ。

こちらでは、入店後、目の前にあるメニュー表を見て、
オーダーをしてから席に着くというシステム。


IMG_9645.JPG


ぐるめ隊員4人のオーダーは、

熊&鹿 焼肉定食、4500円!

新子(川魚)天プラ定食1800円。

夢わらび定食3000円

山菜天プラ定食2000円

猪の顔面 燻製800円

ハチの子のアボカド和え800円
以上、厳選した6品。


さてさて、いったいどんな料理が出てくるか?


IMG_9652.JPG


まずは、熊&鹿 焼肉定食の登場。

真中の熊肉は赤身と脂身が、
紅白にはっきりと分かれているもの。

鹿の方は肉に微妙にサシが入っている感じ。

とりあえず、焼いてみましょう!


IMG_9658.JPG


うむ、熊は歯ごたえがあるというか、
噛みちぎるのに苦労するほど。

野生の味というか、ワイルドな味ですね。

反対に鹿肉のほうは、クセもなく柔らかく、
食べやすい。

熊肉に関しては、猟を仕立ての新鮮なものは
柔らかく美味しいという人もいるので、

肉の保存と処理の違いで、差が出てくるのかも。

一度は体験してみたいというチャレンジャーには
おススメです!


IMG_9660.JPG


つづいては、新子の天ぷら定食。

本日は虹鱒の稚魚。

がぶりと頭から食べられるほど。

川魚特有の苦みと香りがあるけれど、

それが美味しい。


IMG_9656.JPG


そして、こちらは、
山菜の天プラ定食。

山盛りの山菜の種類はというと・・・

うど、いら草、くず、はんごん草、にわとこ、わらび、
たらのめ、よもぎ、あざみ、かんぞう花、ぜんまいetc。

お店の人が山菜のメモを渡してくれましたが、

実際のところ、衣がついているので、
どれがどれなのか、見分けがつきません!

かろうじて分かったのが、
たらのめ、ぜんまい、わらび、といったところ。

あとは、しっかり味わって違いを見つけようとしましたが・・

残念!

リポーター失格です!


IMG_9664.JPG


さて、つづいて登場したのが、
剣山に活けられた「夢わらび定食」!

わらびが、花のように踊っています。

じつは、このわらび、
生で食べられるとのこと。

これを、わさび、味噌、酢味噌、梅肉、マヨネーズ、など、
数種のディップをつけていただきます。


IMG_9665.JPG


カリポリッという独特の歯ごたえと、とろみ感、
ほんのわずかな苦み。

小鉢は、わらびのお浸し、煮物、胡麻和え、酢味噌和えなど、
わらび尽くしの数々。

鮮烈な山菜の存在感。

いずれも絶品でした。


IMG_9657.JPG


さて、定食以外のアラカルトから選んだのは、

猪の顔面 の燻製。

顔面・・・というネーミングが強烈ですが、
ベーコンに似た感じで、それほど違和感はありません。

ビールや酒の肴にもってこいですね。


IMG_9661.JPG


お次は、ハチの子のアボカド和え。

わたしは信州生まれなので、蜂の子はむしろ日常食。

こちらも違和感はないのですが、
アボカドであえてあるせいか、蜂の子の存在感が薄い!

初めての人には食べやすいかもしれないけれど、
蜂の子好きにとっては、ちょっと不満。

これも、つくだ煮風のものを日本酒の肴にすると
絶品なんです!


IMG_9666.JPG


ところで・・・

定食についてくるのが、
いろいろな種類の茸たっぷりの、きのこ汁。

これが、かなりの美味!

茸の風味が、お椀一杯にあふれる逸品。

おそらく秋のシーズンには、
さらにグレードアップしたきのこ汁が味わえるはずです。


甲斐大泉の山奥にひっそりとある「仙人小屋」。

でも、関東近県から訪れるお客さんで、
いつも満員。

超早起きして、一番で駆けつけた甲斐がありました!



IMG_9630.JPG


仙人小屋自然食 / 甲斐大泉駅甲斐小泉駅

昼総合点★★★★ 4.5




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 郷土料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

金沢で「すいかメロンパン」に遭遇!

IMG_0150.JPG



金沢で「すいかメロンパン」を発見!

見た目もなるほど、スイカに似ているし、

面白そうなので、即購入!


IMG_0153.JPG


ちなみに、7月27日はスイカの日なんだとか。
その由来はというと・・・

スイカが最も美味しくなる季節が7月から8月。

また、スイカの縦縞模様が「綱」に見えることから、
綱 (つな)=27の語呂合わせから、7月27日をスイカの日としたそうです。

むむ……ちょっと苦しいか?

ということは・・・ツナ=マグロの日でもいいのかな?

それはさておき、さっそくスイカ割り!


IMG_0219.JPG


中も赤くてスイカそっくり。

チョコチップの種も入ってます。

お味は・・・

ふむ、たしかにスイカ風味。

美味しいです。

行けるじゃないですか!

ところで・・・
素朴な疑問。

なぜに「すいかメロンパン」なのか?

外見も味もスイカなのだから、
「すいかパン」でいいじゃない?

なぜにメロンに気をつかう?
スイカに自尊心はないのか?

あ、メロンパンも好きですけどね。
(^.^)



ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

高田馬場「慶太郎酒場」で焼き餃子と水餃子のダブル餃子ランチ

IMG_0264.JPG



高田馬場で仕事があったので・・・、

その前に、駅近くでランチタイム。

栄通りに入ってすぐの
「慶太郎酒場」へ。

こちらは昼呑みOKで、
飲み放題あり。

餃子も焼き小籠包も「売り」らしいので、
期待を込めて入店。


IMG_0262.JPG


メニューを見ながら、
ちょっと迷いましたが・・・

夜メニューの単品注文も大丈夫というので、

黒酢スブタ+焼き餃子定食に、
「水餃子」を追加しました。


IMG_0275.JPG


こちらが、焼き餃子。

餃子は小振りの薄皮で手包みのようで、

ハーブ系の香りがほんのり。


IMG_0276.JPG

IMG_0277.JPG


群馬県にある自社農牧場の

黒毛和豚が使われているようです。


IMG_0273.JPG


つづいて、水餃子。

皮はもっちり。

ごま油の香りの餡で、
みじん切りの椎茸、海老がかくし味になっています。

ふむ、美味しいです。


IMG_0274.JPG


焼きと水、どちらも美味しいですが、

わたしは水餃子のほうが好みですね。


IMG_0272.JPG


黒酢スブタは黒酢の香りがグッド。

ランチタイムに関わらず、
しっかりした調理がされています。

黒酢スブタと焼き餃子のセットで
690円というのは、リーズナブル。

学生の街・高田馬場ならではです。

そして、餃子もランチタイムとしては、
スマッシュヒットという感じ。


ご馳走さまで餃子いました!



IMG_0267.JPG


慶太郎酒場居酒屋 / 高田馬場駅目白駅下落合駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!













posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

入谷「味道屋」で焼きワンタンと出会った美味しい初体験

IMG_8996.JPG



仕事で入谷に出かけて……

ランチはどのお店にしようかと迷った末、

ふと見かけた看板に惹かれて、
伺ったのは、「味道屋」さん。

「みとうや」と読むようです。


IMG_8977.JPG


さっそくメニューを拝見。

暑い日には、これしかないでしょ!
ということで、お願いしたのは、冷やし麺セット。

もちろん、冷やし麺のおともは・・・

焼き餃子と焼きワンタン。
(単品で注文するより50円割引)


IMG_8988.JPG

IMG_8989.JPG

IMG_8990.JPG


こちらの焼き餃子は、酢胡椒で。

ヒダが丁寧に包まれています。

自家製餃子のクオリティーが
これだけで分かるような気がします。

ふむ、美味しい。



IMG_8987.JPG

IMG_8991.JPG

IMG_8992.JPG


そして、焼きワンタンは、酢醤油&自家製ラー油で。

餡は同じようですが、
焼きワンタンは、皮の食感が素敵。

一瞬で、焼きワンタン派になりました!

これは美味しい、ぞ!


IMG_8993.JPG

IMG_8994.JPG


ちなみに、冷やし麺(胡麻味)も、なかなかの実力。

クラゲもトッピングされています。

しかも、麺は浅草・開化楼の特製麺。

もちもち、です。


IMG_8995.JPG


このあたり、店主のこだわりが伺えます。

ちょうどランチタイムとあって、
店内は満席。

次から次へ、お客さんがやってきます。

地元の繁盛店なのでしょう。

ちなみに・・・
こちらは、ワンタンが自慢のお店のようなので、


次回は「ゆでワンタン三種盛り」にトライしてみようと思います!


IMG_8997.JPG


味道屋ラーメン / 入谷駅鶯谷駅稲荷町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!














posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする