2017年02月22日

「藤井屋 船堀店」で食べ歩きの締めくくりをマッコリと餃子に溺れて


IMG_7240.JPG



さて、「岩珠旨」でふくのコースを満喫して・・・

我らOGT(オヤジぐるめ隊)が向かった先は、
東京の夜景が一望できるという船堀タワーの展望台。

思いがけない美しさに感動しつつ、
ふくの美味しさを語り合い、

さて、次なる企画の打ち合わせに・・・
と入ったのが、「ミスタードーナツ」。

ここで、コーヒーでも飲みながら、
と軽く考えていたにもかかわらず、

レジから帰ってきた自分の手元には、
アイスコーヒーに加えて、

エンゼルクリームとオールドファッション・シナモンという
2個のドーナツ!

ま、いいか。
デザートの追加コースということで。

で・・・無事に打ち合わせを終了し、
お店を出て、改札へと向かう途中で見つけてしまったのが、

なんと、餃子のお店「藤井屋 船堀店」。


IMG_7239.JPG


むむっ。

餃子愛好家としては、黙って見過ごせません!

ちょっとだけ覗いてみようか・・・
とメンバーを引き連れて、お店に。

で・・・気がついたら、店内に座っていたのです!


IMG_7243.JPG


で・・・次に気がついたら、

マッコリがグラスに注がれていました。

これはもう、行くっきゃないでしょ!

というわけで、注文したのは、


IMG_7248.JPG


人気ナンバーワンだという「元祖餃子」。


IMG_7251.JPG

IMG_7252.JPG


カリッと色めよく焼かれています。

餡は野菜多めのジューシータイプ。


IMG_7250.JPG


餃子専用のタレは、八角や数種の香辛料がブレッドされて

これが、さらに食欲を刺激してくれます。

「元祖餃子」につづいてやってきたのが、

こちら。


IMG_7249.JPG


「バリバリ餃子」です。


IMG_7253.JPG

IMG_7254.JPG


細身に包まれた棒餃子で、

皮のパリパリ感、カリカリ感が絶妙です。

行けるじゃありませんか!

そして、もう一種。


IMG_7247.JPG


「エビニラ餃子」です。


IMG_7255.JPG

IMG_7256.JPG


ニラとエビの風味が広がります。

これに、特製の餃子のタレがからむと、

さらに味わいが高角度で急上昇しますね。

さらに、つづいてやってきたのが・・・


IMG_7245.JPG


「チーズ餃子」です。

羽根を広げて滑空するムササビのような姿!


IMG_7257.JPG

IMG_7267.JPG


この羽根の部分がカリリと焼かれたチーズで、

もちろん餡の中にもチーズが隠れんぼしています。

ふむ、美味しい!

わたし的にはこのチーズ餃子がいちばん気に入りました。

チーズの風味を味わうために、タレなしでも大丈夫。

というわけで・・・

ふくを食べて、ドーナツとコーヒーで締めるつもりが、

いつの間にか餃子屋さんに迷い込んでいたという、
意外や意外の展開に!

食いしん坊が集まった我がOGT(オヤジぐるめ隊)は、


永遠に不滅です!



IMG_7241.JPG

藤井屋 船堀店ラーメン / 船堀駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!
















posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

船堀「岩珠旨」でトラフグのフルコースをたらふく


IMG_7201.JPG


恒例となったOGT(オヤジぐるめ隊)の定例会で・・・

季節ものを堪能しようということで、
やってきたのは江戸川区船堀にあるフグの名店。

完全予約制の「岩珠旨(いわずし)」さんです。

このお店の名前通り、以前はお鮨屋さんだったのですが、
現在はフグとすっぽんと薬膳メニューのお店。

外観は一見、フランス料理店かと思わせる佇まいですが・・・


IMG_7202-a7899.JPG


店頭の看板を見て、
目指すお店と確認してから、

いざ入店。

本日は、ふぐのフルコースを予約してあります。

ちなみに、下関では「ふぐ」とは言わずに、
「ふく」と呼ぶようなので、

福を招くようにと縁起をかついで、
以下「ふく」と書くことにしましょう。


IMG_7206-29b82.JPG


二階へ案内されましたが・・・

ここでもフレンチのお店かな、という雰囲気。

予約席は私たち4人のみの貸し切り状態だったので
ゆったりと落ち着くことができました。

さて、なにはともあれ飲み物をオーダー。


IMG_7212.JPG


ふくなら、やっぱり「ひれ酒」でしょう!

ということで・・・

マッチの火で適度にアルコール分を飛ばしてから、

乾杯!


IMG_7213.JPG


お通しは、牡蠣のコンフィ。

牡蠣の旨みが舌の上で広がると同時に、
ピンクペッパーが、いいアクセントになっています。

胃袋はすでに準備万端です。


IMG_7214.JPG


来ました!

まずは、ふく刺し。

薄造りされた刺身のこりっとした食感と、
湯引きされた皮の食感がいい感じに食欲をそそります。

紅葉おろしもピリリと聞いています。


IMG_7215-17ec9.JPG


つづいて、ふくの皮せんべい。

こちらも、パリッ、カリッという食感がいいですね。


IMG_7216.JPG


こちらは、ふくの唐揚げ。

骨についた身がほろりと崩れ、

旨みだけを残して消えていきます。

刺身のさっぱり感と、唐揚げのしっとり感。

どちらも、ふくの美味しさを際立たせています。


IMG_7218.JPG


そして、ついにやってきました、ふくちり鍋のお時間。

骨回りでしっかり出汁をとり、

さらにぶつ切りや皮、くちばし、うぐいすなど。

ちなみに、くちばしの部分を「うぐいす」とも呼びますが、
しりびれ基部の血合い筋を「うぐいす」と呼ぶのが正しいそうです。

もちろん、白菜、椎茸、春菊など、野菜もたっぷり。

ふくはしゃぶしゃぶ程度でいただきます。

うーん、まさに至福の時。

そして、極め付きは、こちら。


IMG_7223.JPG


ふく雑炊!

ある意味では、この雑炊を食べるために
ちり鍋があったと思わせるくらい。

「口福」の極みは、ふく雑炊といっても
けっして過言ではありません。

熱々を、お代わりしちゃいました。


IMG_7225.JPG


そして、デザートは・・・

冷製白きくらげのトマト煮。

鍋と雑炊で火照った舌と体を、
まあまあ・・・と静めてくれる美味しさです。

これでお腹も満杯、気持ちも満たされて、
一同、ふくの美味しさにナットク!

女将さんに見送られてお店を後にしました。


と・・・ここで終わらないのが、
我がOGTのメンメン。

なんと、意外な展開がこのあとに待っていたのです!



IMG_7205-a5203.JPG

岩珠旨ふぐ / 船堀駅

夜総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!










posted by ジェイジェイ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

渋谷「ハノイのホイさん」で牛肉のフォーのセットランチ

        IMG_7185.JPG


またまた渋谷にお出かけ。

ということで、昨日は以前から気になっていた、
ヴェトナム料理のお店「ハノイのホイさん」へ。

桜丘の坂の途中にあるお店です。

ランチメニューは、こちら。


IMG_7186.JPG


しばし迷って、
王道の牛肉のフォーのセットランチを選びました。

毎週木曜日は、トッピング一品が無料ということで、
わたしはパクチーを追加してもらいました。

13時過ぎでしたが、
店内は満席に近く、人気の店なのでしょう。

ふむ、期待出来そうです。


IMG_7188.JPG


あまり待たずに、
牛肉のフォーのセットランチ登場。

サイドメニューに、
エビの生春巻き。

プチデザートとして、蓮茶ゼリーが添えられています。


IMG_7193.JPG

IMG_7192.JPG


まずは、スープを一口。

牛骨からとった出汁が効いています。

化学調味料不使用とのことなので、
あと味もすっきり。

牛肉も、噛みしめると、
味わいが広がります。

トッピング追加のパクチーがいい感じです!


IMG_7190.JPG

IMG_7194.JPG


サイドメニューの生春巻きは、
お店の自家製調味料「ヌクチャム」で。

この調味料も、辛味が効いて、
食欲をそそりますね。

以前、わたしが訪れたのは、ハノイではなく、
南のホーチミン市でしたが……

ヴェトナムの想い出が蘇ってくるような、

そんなランチタイムでした!

(^.^)


IMG_7191.JPG

ハノイのホイさんベトナム料理 / 渋谷駅神泉駅代官山駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 16:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベトナム料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

渋谷「肉バル 将泰庵」の飲めるハンバーグをスプーンで食す

        IMG_7168.JPG


渋谷の街に出かける用事があったので……

ランチをどうしようかと迷った末、
何となく「肉気分」に誘われて、

やって来たのが、こちら。

桜丘の坂の上にあるお店、
「肉バル 将泰庵」です。


IMG_7171.JPG


ランチメニューにある、
「飲めるハンバーグ」の文字が、

ガッツリ胃袋を掴んで離しません!

というわけで、
ハンバーグに、決まり!です。


IMG_7172.JPG


まずは、セットになったサラダと前菜が登場。

前菜は、左から金平ごぼう、ポテトサラダ、切干し大根と、和風のラインナップ。

バルというだけあって、
居酒屋風なアプローチですね。

うん、ちょっとお酒が欲しくなりますが、
ガマン、ガマン。


IMG_7174.JPG

IMG_7175.JPG


そして、本日のメインのハンバーグ!

チーズデミグラスソースで、
ハンバーグは、200グラムをチョイス。

使用しているお肉はA5ランクの黒毛和牛で、
しかも、雌牛というこだわり。

飲めるハンバーグというキャッチフレーズどおり、
スプーンが添えられています。

さっそくスプーンを入れて見ると……


IMG_7177.JPG


中は、とろけそうなレア。

肉汁がジュワーと滲み出てきます。

たしかに、フォークとナイフではなく、
スプーンですくって食べる飲めるハンバーグです。

わたしが選んだのは、チーズデミグラスソースでしたが、

このほか、チーズなしのデミグラスソースや、
おろしポン酢のソースが選べ、

お肉の量も、200グラム、300グラム、400グラムから選ぶことが出来ます。

しかもライス大盛り無料という太っ腹!

軟弱なわたしは、ライス小にしていただきましたが、

残ったソースをライスにかけて食べると……


飲めるライスに変身するのでした!



IMG_7169.JPG


肉バル 将泰庵バル・バール / 渋谷駅神泉駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.0




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ステーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

市ヶ谷「ドゥエ イタリアン」でチーズラーメンとチーズ餃子

        IMG_7089.JPG


ミシュランで話題になっているラーメンを食べたい…

という奥さんに袖を引かれて、

市ヶ谷のお店「ドゥエ イタリアン」に出かけてきました。

お店の外観もインテリアも、
ラーメン屋さんというより、イタリアン。

女子好みのオシャレ感満載です。

話によれば、ミシュランガイド東京に、
3年連続で登場している話題のお店とか。

メニューはと見ると……


IMG_7108.JPG


券売機から選んでチケットを買うシステムですが、
初めてなので、何を選んだらいいのか…

で、店員さんにオススメを伺って、
選んだのは…

「らぁ麺生ハムフロマージュ」と、
「具だくさん塩らぁ麺」。

さて、どんなラーメンが登場するのか?


IMG_7098.JPG


IMG_7097-56ac9.JPG


来ました!

こちらが、
話題の「らぁ麺生ハムフロマージュ」。

特製のゴルゴンゾーラ入りクリームチーズが
どどーんと、トッピングされています。

これをかき混ぜずに、麺に絡めて食べるのが、
オススメのお作法。

うーん、ラーメンというより、
まさにスープパスタ!

カルボナーラ風の味わいも感じますね。

で、麺を食べ終わった後は…



IMG_7102.JPG

店員さんに「美人玄米ご飯」をお願いして、

残ったスープに投入。

即席リゾットの出来上がりです。

ふむ、けっこういけますね。

で、もうひとつのラーメンは、こちら。


IMG_7100.JPG

IMG_7099.JPG

「具だくさん塩らぁ麺」が来ました。

あっさり塩味で、イタリアンというよりも、
魚介系の出汁を感じます。

真ん中のトッピングは、すりおろしニンニク。

煮豚は、とろりと美味。
スープも飲み干せるくらいの上品な完成度です。

ここで、忘れちゃいけないのが、
やっぱり、アレ!

餃子男子としては、見逃すわけにはいきません。


IMG_7104.JPG


イエス!

「モッツアレラチーズとバジルの茹で餃子」。

糸唐辛子と葱がトッピングされ、
軽い塩味がついています。


IMG_7105.JPG

IMG_7106.JPG


中の餡にはモッツアレラチーズや豚肉が使われているようですが、
バジルではなく、大葉の風味?

もしかしたら、バジルは皮の緑の色付けに使用されているのかも。

でも、これはこれで美味しい餃子に仕上がっています。

イタリアン風茹で餃子ですよね。

というわけで……

ミシュランの噂に誘われて
イタリアンラーメンとイタリアン餃子。


チーズの香りに悩殺されたディナーでした!



IMG_7109.JPG


黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアンラーメン / 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7




ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!











posted by ジェイジェイ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

自由が丘「ビストロ レスカリエ」のランチで天使の微笑みに出会いました!

                   IMG_7029.JPG


友人の展覧会を観に自由が丘へ。

ちょうどランチタイムだったので、
会場のすぐ近くのフレンチのお店「ビストロ レスカリエ」へ。

ランチメニューは、こちら。

IMG_7030.JPG

コース仕立てですが、

何を選ぼうかと迷った末、

優柔不断な私がオーダーしたのは……


IMG_7032.JPG


鶏白レバーのムース 自家製ピクルス・サラダ添え。

トリ年だからというわけではありませんが、
白レバーのムースに惹かれました。

白レバーの薫りと風味が広がる一品ですが、
ちょっと塩味が効きすぎているような……

サラダと絡めると、いい感じです。


IMG_7033.JPG


つづいては、
追加でお願いした本日のスープ。

ジャガイモとゴボウのポタージュ。

ふんわり泡立つクリームと、
さっと一振りされた黒胡椒の風味がアクセントです。


IMG_7034.JPG


本日のメインとして選んだのは……

「築地のお魚 本日の料理法で」。

本日は鰆と鯛のソテーの野菜添え。

火の通り加減が絶妙で、
こちらの塩味はしっかりとまとまっていました。


IMG_7036.JPG


こちらも、コースに追加のデザート。

数種類からのチョイスですが、
わたしが選んだのは、

「クレーム ダンジュ」。

「天使のクリーム」とも呼ばれる、フランスのアンジュ地方の郷土菓子です。

フランス特産のチーズ、フロマージュブランに、
生クリームやイタリアンメレンゲなどを合わせ、
ガーゼで水を切ったもの。

ふわふわ、とろりの食感がたまりません!


天使の微笑みに包まれたようなランチタイムでした!


IMG_7037.JPG


ビストロ レスカリエフレンチ / 自由が丘駅奥沢駅都立大学駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7





ブログ順位は、こちらをポチッとしていただけると、うれしいです!
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

人気Webランキングもポチッと応援お願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気webランキング.gif

ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
「ブロぐるめ!」ランキング参加中!









posted by ジェイジェイ at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする